古代エジプト建築の軸線の明瞭さ【3/6】

こちらは西洋建築の古代エジプト建築を理解するために必要な、古代エジプト建築の軸線の明瞭さを解説している記事です。

古代エジプト建築って、ギリシャ建築との共通点があるあれ?

はい、そうです!(今からその話すんねん(; ・`д・´))

古代エジプト建築の軸線の明瞭さ

この章の特に重要な点を挙げると以下の2点になります↓

この記事のPOINT

➀古代文明では「王=神」

②軸線の明瞭さ・不明瞭さ

それぞれ解説します。

➀古代文明では「王=神」

古代は、社会体制が王を中心とする専制体制で、さらにエジプトで顕著なように、王はすなわち神であり、大規模建造物はその王を象徴する意味を持っていました↓

建築的構成の目的は、この権力を表象するため実体のもつ力を表現することにおかれてあり、マッス(絵画・彫刻・建築作品において、全体の中で一つのまとまりとして把握される部分)が建築表現の中心となり、建物とその外部空間の関係が構成上重要でした。

エジプトでは数学の発展や抽象化への関心から、ピラミッドのような単純で精緻な造形が生まれました。

この「数学の発展」というのも、ギリシャ建築との関係性を語るうえで非常に重要なポイントです。

また、装飾への志向もすでに表れ、さらには建物をより印象的にみせる造形的な工夫(いわゆるリファインメントと呼ばれる、視覚的な矯正法)への意図も認められます。

(※リファインメントについてはギリシャ建築編で詳しく見ていきたいと思います。)

古代文明では「ファラオ=神」である!

②軸線の明瞭さ・不明瞭さ

また、「軸線」という概念も後々とても重要になってきますので、せめて頭の片隅には置いておいてください。

古代エジプト建築は、古代メソポタミア建築と比べると軸線がかなり明瞭になっています。

逆に言えば、古代メソポタミア建築の傑作であるジッグラトは軸線という概念からみるとかなり不明瞭なのです。

「じ、く、せん?(゜-゜)」

「軸線が明瞭」とは簡単に言うと「直線的な構成が多い」ということです。

ピラミッドは直線的な単純な構造ですが、ジッグラトは「ごちゃごちゃしてる」って感じです↓

この軸線という概念は後にギリシャ建築でも用いられますが、ピラミッドの形をそっくりそのままギリシャ建築でも真似たわけではないんです。

※軸については後で解説するハトシェプスト女王葬祭殿やアモン大神殿の方がよりギリシャ建築に近いので、今は「あーそんなもんか」とだけ思っておいてください。


西洋建築 基礎

では次に、ピラミッドの歴史と形の移り変わりについてお話したいと思います。

関連記事

こちらは西洋建築の古代エジプト建築を理解するために必要な、ピラミッドの歴史と形の移り変わりを解説している記事です。ピラミッドって、あの三角錐のやつ?いいえ、違います!(四角錘と間違っとるコイツwww)ピラミッ[…]

古代エジプト建築 ピラミッド

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

西洋建築 ヨーロッパ建築
古代エジプト建築 ギリシャ建築
最新情報をチェックしよう!