西洋建築 基礎

【古代オリエント建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

RYOです

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回は古代オリエント建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築様式史」

↓こちらを前提に話を進めますので、まずはこちらを読んでください↓

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

では始めます。

古代オリエント建築

ヨーロッパ建築の起源は、たいてい古代ギリシアに求められますが、建築自体は決してそこから始まったものではありません。

「え、ヨーロッパ建築ってギリシャ建築が初めっしょ(´・ω・`)」

と思った方、いや違うで(↑ぼくですww

そこで本書では導入としてヨーロッパ建築に影響を及ぼした、古代ギリシアを遥かに遡る古代メソポタミア古代エジプト(別記事で解説します)の建築を取り上げています。

メソポタミアは、人類史上で初めて農耕が行われた地域として知られ、神殿建築や人々が定住し営む都市が初めて現れたことでも知られます。

※また、エジプトもメソポタミアと比肩しうる建築の歴史をもっており、古代ギリシアへの直接の影響をもたらしたという点では、メソポタミア以上にヨーロッパ建築にとっては重要と言えます。

メソポタミア地域

まずはメソポタミアの位置を確認しましょう。

メソポタミア地域とは、現在のイラク国内に属します↓

メソポタミアとは、ギリシャ語で「2つの川のあいだの土地」を意味し、ここで言う2つの川とはもちろん「ティグリス川」と「ユーフラテス川」を指します。

つまり、ティグリス川とユーフラテス川の間の地域をメソポタミアと呼びます。

メソポタミア地域と建築

まずは軽くこの時代の歴史的な流れを説明します。

メソポタミア地域は世界四大文明の発祥地の一つで、極めて平坦な地域です。

この地では古くから農耕が発達し、その生産力に基づき建築と呼ばれるに相応しいモニュメントと都市が、歴史上最も早く誕生しました。

紀元前7000年頃

この頃から人間の営みが始まる

紀元前6000年頃

最初期の住宅遺構は北部のハッスーナ↓に残されている

紀元前5000年頃

都市の形成や神殿の建設がみられるのは南部の都市エリドゥ↑で、紀元前5000頃まで遡る

紀元前3000年期

この頃には都市の重要な展開が見られる

メソポタミア地域ではこの頃はシュメール・アッカド時代と呼ばれ、ジッグラト(聖塔)が現れるのもこの時期

紀元前3000~紀元前500年

その後「古バビロニア時代」、「カッシート時代」と続き、壮大な都城や大宮殿を建造した古代初の帝国「アッシリア」の時代がおとずれ、壮麗なイシュタル門や空中庭園の建てられた「新バビロニア時代」に至り、「アケメネス朝ペルシア帝国」に滅ぼされた。

このように、メソポタミアは豊かで平らな土地という性格から、古くから様々な民族が入り乱れて覇権を競う地域でもありました。

ジッグラト

ジッグラトとは「高い所」を意味し、階段状の建物で「聖塔」とも呼ばれますが、機能的には不明な点が多くあります↓

代表的な遺構はウルのジッグラト↑で、ウル第三王朝期、紀元前2100年頃の建造と見られています。

世界史年表でも、ウル第三王朝がメソポタミア南部に存在していたことが確認できます↓

ウルのジッグラトの各部説明

本書にはこのウルのジッグラトの各部の説明が載っていますが、字面だとわかりづらいので下に図で示しました。

» テキストの説明↓

各基部がほぼ東西南北に向けられた矩形(くけい)の平面をもち、規模は第1層が底面62.5m×43m、高さ11m、第2層が底面38.2m×26.4m、高さ5.7mで、壁面は上方へいくにつれ後退し、全体では上面が底面よりも小さい側面が梯形の箱を重ねたようになっています。

» 折りたたむ

む、難しい・・・(笑)

まあ百聞は一見に如かずですので、とりあえず何となくの形だけ認識してもらったら十分です。

ウルのジッグラトを上から見たら↓のようになっています。

控え壁(バットレス)

また、ジッグラトには控え壁(ひかえかべ)使われています。

控え壁

控え壁(ひかえかべ)またはバットレス (Buttress) は、建築構造の一つであり、建物本体を構成する主壁に対して直角方向に突き出した補助的な壁を作ることで、適切な支柱を持たない屋根の重量によって主壁に生じる横荷重を受け止めて、主壁を支持・補強する役割を果たす。

(引用:Wikipedia

字面ではわかりにくいので、こちらも図で解説します。

まず、建物に控え壁が無いと天井の重さに柱が耐えきれずに崩れる可能性があります↓

これは日常生活でも様々な場面で見ることができます。例えばこれです↓

以前、どこかで強い地震が起こった際に控え壁が無い学校の壁沿いを通学路として歩いていた小学生たちが倒れてきた壁の下敷きになり死亡した、という事件が話題になりました。

控え壁は、主壁の強度補強としてとても重要な役割を果たしているのです。

では、先ほどのウルのジッグラトに付いている控え壁を見つけてみましょう↓

それが、この黄色矢印で示した壁面に付けられた凹凸の凸の部分です。何となくわかりますよね。

煉瓦をただ並べただけでは単調になりがちな外観に、バットレスは陰影のある表情を与えています。

また、底面の各辺や壁体の稜線は中央で膨らみがつけられ、全体は引き締まってみえます。

このように、(紀元前2100年には)すでに視覚的な補正効果をねらったとみられる表現も見出されていました。

煉瓦(レンガ)

メソポタミアでは建築に用いられる質の良い木材が少なく、最初期は単に泥を塗った練土(ねりつち)が用いられました↓

もちろんこれは超初期です。

次に採用されたのが、現在でもなお使われる日乾煉瓦(ひぼしれんが/にっかんれんが)で、住宅から大きな構築物まで利用され、さらに焼成煉瓦(しょうせいれんが)も使用されるようになりました。

練土↓:単にが乾いたもの

日乾煉瓦↓:少々粘り気がある土と砂とを混ぜ合わせたものに水を加えて練り、粘土状になった素材を2~3日ほど天日で乾燥させたもの

焼成煉瓦↓:日乾煉瓦をさらに焼いたもの

アーチやヴォールト(※)が紀元前3000年期という早くから用いられたのは、こうした材料ゆえであったと考えられています。

※「アーチ」や「ヴォールト」に関してはローマ建築編で詳しく出てきますが、シンプルに「半円とトンネル」と考えてください。

しかし、のちの古代ローマ建築とは異なり、メソポタミアでは型枠を使用せず煉瓦を少しずつせり出すように積んでいく「迫り出し式」のアーチやヴォールト構法が発展し、曲線も正円ではなく放物線を描きます。

ジッグラトのアーチ↓

まあ一応、ローマ建築のアーチを以下に示します↓

西洋建築まとめ

ジッグラトが紀元前2100年に造られたので、ローマ建築のアーチはそれから2500年以上も後に造られたものです。

ペルシア

メソポタミアの東に位置するイラン高原(↓図中黄色)も、メソポタミア同様古い建築伝統をもった地域です。

(イラクの東側の国ですね)

特に、紀元前6世紀後半にメソポタミアから小アジア、さらにエジプトまでを統一したペルシア帝国(アケメネス朝ペルシア 紀元前550-前330)は、優れた建築遺構を残しています。

それが、主に紀元前520年頃から前460年頃にかけて造営された帝都ペルセポリスの宮殿です。

宮殿全体は西側約428m、南側約300m、高さが最高で12mの基壇の上に建てられています。

北西側には大階段が設けられており、続いて「万国の門」、謁見の間である「アパダーナ」、「百柱の間」などが配置されています。

(大階段↓)

(万国の門↓)

(アパダーナ↓)

(百柱の間↓)

最も重要とみられる建物はアパダーナで、中央広間(方形で一辺約59m)の三方に列柱廊が付き、広間に立つ円柱は高さが18メートルを超え、頂部には牡牛を背中合わせにした3mほどもある柱頭が載せられていました↓

柱頭(キャピタル)

柱頭とは、柱の頂部に載せられる装飾のこと。

以下、ギリシャ建築編より↓

ギリシャ建築 オーダー

この宮殿は王の住居というより、帝国の象徴で儀式の場であり、帝国各地域の技術と美術を建築的に統合したモニュメントととることができます。

おわりに

ということで、古代オリエント建築が終わりました。

基本的にはテキストに忠実に進めていますが、わかりにくい箇所は自分で調べて書き足している部分もあります。

古代オリエント建築は、「軸線」にあまり重きを置いていないのに対し、エジプト建築は「軸線」に重きを置いており、その「軸」という概念が次のギリシャ建築やローマなどでも重視されています。

次は古代エジプト建築です、頑張りましょう!

超わかりやすい!【古代エジプト建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

西洋建築 基礎
最新情報をチェックしよう!