⑭預貯金等について 【FP三級合格への道】

はじめまして、RYOです。

ブログ アイコン
筆者
最近FPと簿記の勉強を始めた28歳会社員です

社会人になってはや6年、今まで漠然と、

給与明細の手取り給料だけをチラッと確認→すぐにシュレッダーでバリバリ…

を繰り返してきました。

しかし、「ふるさと納税」や「投資」、「ブログの副収入」など徐々に給料以外にも税金の計算などをしなければならない事態になりました。

» 続きを読む

そんな中、iDeCoや積立NISAなども始めるうちに徐々にマネーリテラシーの重要さに気付き、ようやく

ブログ アイコン
筆者
お金の知識を向上させないと、これから生きていくうえで不便過ぎる…

と感じ、ずっと工学部の理系科目一本だったぼくが遂に、マネーリテラシーUPに向けて動き出したのです(笑)

所得税の計算や年金の問題など、勉強し出したらめちゃくちゃ面白くてドハマり中ですヾ(≧▽≦)ノ
と言うか、義務教育で教えとけや、日本の教育ごらぁ(; ・`д・´)という気持ちです。

まずはFP3級取得を目指してこれから頑張っていこうと思います。

女の子 イラスト
わたしテキスト持ってないんだけど…

という方も安心してください!

テキストが無くてもこちらのブログの内容だけでなるべく試験に受かるレベルまでご説明できるよう努力します。

素人だからこそ説明できるポイントなどがあると思うので、是非とも同じような境遇の方は一緒に頑張っていきましょう!!!

» 折りたたむ

と、長々と言ってきましたが、今回はFP3級の基礎【預貯金等】について紹介していきたいと思います。

今回の論点は以下の3点です↓

・主な預金

・単利と複利

では始めます(”◇”)ゞ

主な預金

預貯金は、民間の金融機関などが取り扱っている金融商品です。

・預金(銀行等が取り扱っている)

・貯金(農協や漁協等が取り扱っている)

を合わせて預貯金(よちょきん)といいます。

実は預貯金にはいくつか種類があり、主な預金の商品には次のようなものがあります↓

筆者 イラスト
筆者

こっからめっちゃ預金の種類が出てきます(笑)

心して読んで下さい

普通預金:いつでも出し入れ自由。最も一般的な預金商品

貯蓄預金:いつでも出し入れ自由。一定額以上の残高があれば、普通預金を上回る金利が適用

スーパー定期定期預金の代表的な商品。固定金利。300万円以上の預け入れがスーパー定期300

大口定期預金:預入金額1000万円以上の定期預金。固定金利。

期日指定定期預金据置(すえおき)期間(※)は1年で、据置期間経過後に満期日(引出日)を指定することにより、全額あるいは一部を引き出すことが可能。

変動金利定期預金6カ月ごとに適用金利が見直される変動金利型の定期預金。

※据置(すえおき)期間とは、「払い戻しなどをしない期間」のことです。

筆者 イラスト
筆者

定期預金ってあれですよね。

あらかじめ預入期間が決まってて、その期間が満了するまでは、原則として引き出せない預金ですよね~

なお、ゆうちょ銀行の主な商品には次のようなものがあります↓

定額貯金:預入後6カ月経過すれば、いつでも引き出しができ、半年複利で運用(最長10年間)

定期貯金:預入期間は1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年。預入期間3年未満は単利、3年以上は複利。

うひゃあぁぁぁぁ(;・∀・)

ちなみに、銀行とかがおススメしてくる外貨預金っていうのもかなり利率が高くてウハウハですが、実際はかなり危ない商品なので近づくべきではありません↓

単利と複利

今見てきた預貯金には、通常利息が付きますが、利息の付き方には単利複利があります。

単利とは、最初に預け入れた元本に対して利息が計算される方法です。

単利を式で書くとこうなりますが↓

満期時の元利合計=元本+(元本 × 年利率/100 × 預入期間)

こんなの覚えなくてもいいです。

年利15%(単利)で100万円借りた場合、10年後の総支払額は↓

=250万円(100万円+15万円 × 10年)

こうなります。

銀行の預金は超低金利でしかも単利です

しかし複利の場合、一定期間ごとに支払われる利息を元本に加えて、これを新しい元本として利息が計算されます↓

満期時の元利合計=元本 × (1+年利率/100)^年数
筆者 イラスト
筆者
この複利を敵に回すと、まじでヤバいんですよー

さっきの計算を複利でやってみましょう↓

年利15%(複利)で100万円借りた場合、10年後の総支払額は↓

=404万5558円(100万円 × (1.15)^10)

404万円です!!!

このように、

「味方にするなら複利」、

「敵にするなら単利」

というのを覚えておきましょう。

ちなみに年利15%というのは一般的なリボ払いの金利と同じなので、リボ払いでお金を借り出したら借金地獄にハマってしまうってことです!

こちらを参考に↓

こちらも↓

リボ払いは典型的な地獄直行ルートなので絶対にやめましょう。

地獄直行ルートはリボ払いだけじゃありませんがね。

ちなみに、「10日で1割複利」の闇金融「トイチ」で、10万円を3ヵ月借りた場合・・・

10万円がわずか3カ月で23万5795円になります。

この記事の総まとめ

では最後にこの記事の内容をザックリおさらいしておきたいと思います。

筆者 イラスト
筆者
自分の理解度アップのためにも復習しておきたいです(笑)

預貯金は、民間の金融機関などが取り扱っている金融商品で、

・預金(銀行等が取り扱っている)

・貯金(農協や漁協等が取り扱っている)

を合わせて預貯金と言います。

預金はめっちゃ種類があるんですが、簡単におさらいします↓

普通預金:普通の預金

貯蓄預金:一定額以上の残額があれば、普通預金より金利が高い

スーパー定期:固定金利の定期預金

大口定期預金:預入金額1000万円以上の定期預金(固定金利)

期日指定定期預金:据置期間が1年で、据置期間経過後に引出し可能

変動金利定期預金:6カ月ごとに金利が見直される変動金利型の定期預金

筆者 イラスト
筆者

据置期間とは、払い戻しをしない期間のことでしたよね~

この期間はお金を引き出せませーん

なお、「ゆうちょ銀行」の商品も2つ紹介しましたよね↓

定額貯金:預入後6カ月経過すれば、いつでも引き出せ、半年複利で運用(最長10年間)

定期貯金:預入期間が3年未満なら単利、3年以上は複利


利息の付き方には「単利」と「複利」があり、以下のようになります↓

単利:元本に対して利息がかかる

複利:利息にも利息がかかる

言いたいことはひとつ!

複利を敵に回すと死ぬ

ってことです(笑)

おわりに

さて、第14回目が終わりました(”◇”)ゞ

絶望 イラスト
リボ払い怖すぎいぃぃぃ

そうです。

リボ払いで定額返済する人間は、まさにマネーリテラシーの低い人間の代表格と言えますね。

それを積極的に販売する銀行も証券会社もまさに諸悪の根源ですね

筆者 イラスト
筆者

特に、ぼくを含め素人の皆さんに一つだけ言っておきたいこと、それは

窓口には行くな!

です。

彼らも商売ですから、あなたの人生よりも自分たちの利益を第一に考えて行動しています。

中田敦彦が言う「手数料ハンター」って言葉は、まさに真実を簡潔に言い表していますね↓

あっちゃんは保険屋のお父さんからガッツリ手数料取られてたみたいですよ(笑)

さて、次は「株式投資」に関する勉強をしていきたいと思います!

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございました~。

最新情報をチェックしよう!