バロック建築

超わかりやすい!【バロック建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

RYOです

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回はバロック建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築の歴史~美と空間の系譜~」

↓こちらを前提に話を進めますので、まずはこちらを読んでください↓

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

※「オーダー」や「エンタブラチュア」、「ペディメント」と聞いてサッパリわからない人は、以下の記事を先に読んで頂いた方が理解しやすいと思います↓

超わかりやすい!【ギリシャ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

超わかりやすい!【ローマ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

では始めます。

バロック建築

バロック建築

まずバロック建築の概要を説明します。

バロック建築は、反宗教改革を原動力として誕生し、民衆の心を掴むために絵画、彫刻、建築が混然一体となって典礼を劇的に盛り上げることに力を注いだ豪華さが売りの建築様式

です。

豪華にしなければならなかった背景

上で「豪華さが売り」と書きましたが、なぜ教会を豪華にしなければいけなかったのか。

説明します。

この頃、贖宥状(しょくゆうじょう)という天国に行けるチケットを販売して金儲けを始めたローマ・カトリック教会を痛烈に批判したルターによって宗教改革が始められました。

宗教改革は16世紀のヨーロッパで強力に展開され「このままのキリスト教会でいいのか」と、民衆に教会の腐敗に批判の眼を向けさせました

※この頃のキリスト教会は本当に腐っていた

ルターは「人間が正しい道を歩んでいるかどうかを判断するにあたって重要なのは典礼ではなく聖書だ」と主張しました。

典礼(てんれい)とは

典礼(=ミサ)とは教会で行われる儀式のことで、ミサは信仰生活の中心であり、そこへの出席は信者の義務です。

例えば毎日曜日に教会で賛美歌を歌ったり、神父の説教を聞いたりとかです。

なので「え、あなたミサに出席してないの?あーあー、敬虔なキリスト教徒とは言えないわね(笑)残念!」という雰囲気がありました。

しかしルターは、教会で行われる儀式に律義に毎回出席することよりも聖書の教え通りに生きる事こそが大事だと考えました。(まあおれもそう思う)

この宗教改革によって、カトリック教会からプロテスタントという宗派が現れました。

「このままでは大勢のカトリックがプロテスタントに改宗してしまう・・・( ゚Д゚)」

ピラミッド構造の最上位に位置するカトリック教会の幹部たち、かなり焦りました(;´・ω・)

ここにおいてカトリック教会は、

民衆の心を掴み、感覚に訴え情感に直接働きかけるような演出によりミサを劇的に盛り上げる演出が必要だったのです。

信者を逃さないために・・・

バロック建築の特徴

そもそも「バロック(baroque)」という言葉は「ゆがんだ真珠」を意味するポルトガル語に由来し、とんでもなく豪華な装飾を皮肉られてこう名付けられました。

後期ルネサンスのマニエリスムにおいてはオーダーの扱いに知的工夫が凝らされ、新奇性や意外性が追及されましたが、オーダーは平面内にとどまっており、基本的には盛期ルネサンスと同様に静的な性格(後でわかります(笑))が保たれました。

しかしバロック建築では、オーダーのモチーフを変形することはあってもマニエリスムのように分解・融解することなく、むしろオーダーに敬意を払いながらその

大胆な適用によって力強い動的な表現

を創出しました。特に↓

凹凸の強調、うねる曲面、楕円、過剰な装飾、光と影のコントラスト、中心軸の強調、空間的抑揚

これらがバロック建築の特徴になります。

ここにはルネサンスが理想とした規則正しい繰り返しのリズムはなく、躍動の美学が存在します。

実際に実例を見ながら詳しく確認していきましょう。

サン・ピエトロの正面

カトリック教会の頂点に位置するローマのサン・ピエトロ大聖堂のファサード(建物正面)をモデルに見ていきましょう。

サン・ピエトロ大聖堂自体は何度も再建されており、その一部としてファサード(建物正面)が1624年にバロック様式として完成しました↓

↑こちらがサン・ピエトロ大聖堂のファサード(建物正面)です。

こちらの図を見ながらバロック建築のファサードの特徴を見ていきましょう。

コリント式大オーダー

まず、ファサードで最も目を引くのがコリント式大オーダーです↓

上の写真のように、2階分の高さをもつオーダーを大オーダーと呼びます。

壮大な印象を与える大オーダー自体はルネサンスの発明ですが、配列は全くもって異なります。

中心軸の強調

ミサの重視は、(本書曰く)祭壇に向かう中心軸の強調を必然的に招くことになり、それが建物外部にも溢れ出て正面の構成に影響を与えています。

(゜-゜)?

はい、難しいと思います。僕も何度も何度も本を読んでようやく理解できました。

前述した「中心軸の強調」とはどういうことか説明します。

例えば、こういう↑教会があるとします。恐らく手前に見えているのが教会の入り口で、教会の奥には祭壇とかがあると思います。

という事は、信者は入り口から入って真っ直ぐずーっと奥の祭壇↓まで歩いて礼拝することになりますよね。

ではこの教会で最も豪華にしなければならないのはどこでしょうか?

はい、答えは入り口から奥の祭壇までの直線的な部分を最も豪華にしなければいけないですよね?

これが「中心軸の強調」という意味なんです。

礼拝者はみんな入り口から奥の祭壇まで直線的に歩くので、この中心軸(直線)を強調するのが最も大事なんです。

※「信者の眼に触れる部分が最も重要」という意味です(笑)

神殿正面と神殿側面を合体

サン・ピエトロ大聖堂のファサード(建物正面)は大きく2つの構成に分けられます。

それが「神殿正面」と「神殿側面」です。

わかりにくい表現ですが、一緒に確認しましょう。

神殿正面

これは紛れもなく神殿正面ですね。上に三角形のペディメントも載っていますし、「The 神殿」って感じです。

ローマのパンテオン↓と比べても大体同じでしょ?

しかしサン・ピエトロ大聖堂の場合、その玄関の左右を見てみると・・・

神殿側面

大聖堂のファサードには、神殿正面に神殿の側面部分まで貼り付けられています!!

下の図は、ギリシャ建築の最高峰パルテノン神殿を例に用いて「神殿正面」と「神殿正面」を説明しています↓

普通、神殿の正面は上の三角形のペディメントの幅で決まります。

しかしサン・ピエトロ大聖堂の場合、ペディメントの幅以上にもファサードが伸びています。

つまりこのファサードは古代の神殿側面に、ペディメントのある神殿正面を重ね合わせた構図であることがわかります。

これもバロック特有の表現なんです。

もう一度言いますよ?

過去の神殿建築はペディメント(三角形の底辺)の幅で建物がおさまっているのに↓

ローマ建築

バロック建築ではペディメントの幅以上にファサードが延長されています。

段差で中心軸を強調

そしてバロック建築では、中央を強調するために柱列を含む層を前後に重層させる方法を用いています。

前述しましたが、信者が入り口から奥の祭壇まで歩く直線(中心軸)が最も大事なんです。

サンピエトロ大聖堂では、正面中央のペディメントの幅を強調するために段差をつけて↓層自体を前にせり出させています。

しかも正面の端から

ピラスター
→半円柱
→3/4円柱
→完全円柱

というように、どんどん中央に近づくにつれて円柱もせり出させています。

このように、バロック建築はとにかく中心軸の強調に重きを置いたファサードをもちます。

サンピエトロの内部

それではバロック建築の内部を見ていきましょう。

(ローマ、ルネサンス、バロックのような)古典系の教会堂では、内部立面を小割りにするのを好みません。

例えば↓ゴシック建築を例にとってみると、

ゴシック建築

ゴシック建築は聖堂内部を細かく区切っていますよね。例えばトリフォリウムとかクリヤストリー、盲窓といったやつです。

内部立面を小割りにする、というのはそういう事です。

バロック建築
最新情報をチェックしよう!