➀そもそもFPとは? 【FP三級合格への道】

はじめまして、RYOです。

ブログ アイコン
筆者
最近FPと簿記の勉強を始めた28歳会社員です

社会人になってはや6年、今まで漠然と、

給与明細の手取り給料だけをチラッと確認→すぐにシュレッダーでバリバリ…

を繰り返してきました。

しかし、「ふるさと納税」や「投資」、「ブログの副収入」など徐々に給料以外にも税金の計算などをしなければならない事態になりました。

» 続きを読む

そんな中、iDeCoや積立NISAなども始めるうちに徐々にマネーリテラシーの重要さに気付き、ようやく

ブログ アイコン
筆者
お金の知識を向上させないと、これから生きていくうえで不便過ぎる…

と感じ、ずっと工学部の理系科目一本だったぼくが遂に、マネーリテラシーUPに向けて動き出したのです(笑)

所得税の計算や年金の問題など、勉強し出したらめちゃくちゃ面白くてドハマり中ですヾ(≧▽≦)ノ
と言うか、義務教育で教えとけや、日本の教育ごらぁ(; ・`д・´)という気持ちです。

まずはFP3級取得を目指してこれから頑張っていこうと思います。

女の子 イラスト
わたしテキスト持ってないんだけど…

という方も安心してください!

テキストが無くてもこちらのブログの内容だけでなるべく試験に受かるレベルまでご説明できるよう努力します。

素人だからこそ説明できるポイントなどがあると思うので、是非とも同じような境遇の方は一緒に頑張っていきましょう!!!

» 折りたたむ

と、長々と言ってきましたが、今回はFP3級の基礎の基礎【そもそもFPとは?】を紹介していきたいと思います。

今回の論点は以下の3点です↓

・ファイナンシャル・プランニングと倫理

・ファイナンシャル・プランニングと関連法規

・ライフプランニングの考え方・手法

では始めます(”◇”)ゞ

そもそもFPとは?

そもそもFP(エフピー)は、inancial lannerの略でカタカナで、

ファイナンシャル・プランナー

と呼ばれます。

漢字でバシッと表すのが難しいので、文章で説明させてください↓

各自のライフプランを実現するために、様々な面からプランニングをする専門家

という感じです。もっと簡単に言うと、

ブログ アイコン
筆者
あなたの人生の、お金に関する部分は全て任せてチョーだい

って事ですね(笑)

砂漠 知識

私ね、30歳までには子供が3人欲しいし、

そのための教育資金も今から貯めたいし、

最近人気の株式投資も始めたいし、

将来は絶対にマイホーム派だし、

老後までに3,000万円は貯めたいし、

上場企業代表取締役社長のパパの遺産の相続税も考えないといけないのよ~

↑こういう方に適切なアドバイスをして、予想通りの人生を送ってもらえるよう手助けをするのがFPの仕事です。

※手数料の高いボッタくり保険商品や投資商品をおススメして金銭的な見返りをもらうトンデモナイFPもめちゃくちゃいるので注意しましょう!
悪い人間
悪徳FP

なるほどなるほど~

ではこちらの保険契約などいかがでしょうか?

ファイナンシャル・プランニングと倫理

まず初めに、FPの職業的原則について解説します。

FPは、顧客との信頼関係の上に成り立つ仕事なので(=なぜなら個人情報をばんばん頂くからです)、高い職業倫理が求められます。

そこでFPが守るべきモラルとして↓

➀顧客利益の優先

②守秘義務の遵守

などが挙げられます。

ブログ アイコン
筆者
まあ言葉は難しいですが、至って当たり前のことです。

➀顧客利益の優先

まず顧客利益の優先とは、

顧客の利益を最優先にし、自分の利益を優先させてはならない

ってことです。

ブログ アイコン
筆者
(めっちゃ当たり前のことやった…)

要するに前述したような、保険商品や投資商品を勧めてバックをもらうようなことをしてはならないってことですよね。

※しかしほとんどのFPがおススメするのはボッタくり商品です。

②守秘義務の遵守

そして守秘義務の遵守とは、

知り得た顧客の情報を外部に漏らしてはいけない

って事です。

ブログ アイコン
筆者
(またまた、めっちゃ当たり前のことやった…)

FPは顧客の個人情報を知りうる立場にあるので、その情報の管理は徹底しなければなりません。

ファイナンシャル・プランニングと関連法規

続いて関連法規についてです。

ファイナンシャル・プランニングは非常に幅広いので税理士、弁護士、保険、金融、不動産などの専門家の協力を得ながら行います。

ブログ アイコン
筆者
1個人が各方面の専門家になるのは不可能ですもんね

そして、プランニングを行う際には税理士法、保険業法、金融商品取引法、弁護士法などの関連業法を順守しなければなりません。

主な関連業法を下に示します↓

㋐税理士法

㋑保険業法

㋒金融商品取引法

㋽弁護士法

一つずつ簡単に説明します。

以下の関連業法は、FPに限らず一般人も当然やってはいけませんよ~↓

㋐税理士法

⇒税理士ではないFPは、税務代理、税務相談、その他税理士法に規定されている行為を有償・無償問わず行ってはなりません。

ブログ アイコン
筆者
例えその行為が無料でも、やってはいけないってのがポイントですね

仮の事例に基づいた計算や、一般的な税法の解説は問題ありません。

女の子 イラスト
え、もし来年の給料が600万だった場合は社会保険料とか税金でいくら持ってかれるの?

↑こういった仮の質問なら計算して答えてあげても大丈夫なようです。

テストでは「税理士ではないFPでも、無償なら専門的な税務相談を行ってもよい」とかいう、アホみたいな〇✖問題が出題されますのであまり怖がらないようにしましょう(笑)

㋑保険業法

⇒保険募集人ではないFPが、保険の募集や勧誘を行うことはできません。

悪い人間
悪徳FP

この貯蓄型保険、最強っすよ!

絶対入った方がいいって!!

↑これは禁止です。

㋒金融商品取引法

⇒金融商品取引業者でないFPが、顧客と投資顧問契約を結んで有価証券の価値等に関する助言を行ったりしてはいけません。

悪い人間
悪徳FP

あーあそこに投資してるのかぁぁ

まあ本人が満足してれば別にいいんだけど、絶対暴落するよ?

投資の助言してあげるから、俺っちと契約しない?

100万円を3日で1,000万円にする方法があるんだ~

↑これは完全に禁止ですね(笑)

㋽弁護士法

⇒法律問題に関しては、法律の専門家である弁護士以外の者が、業として行ってはいけません。

悪い人間
悪徳FP

え、彼氏からDV受けてんの?

そんなの即訴訟だろ!

おれが色々教えてやっからよ

↑はい、禁止です。

ライフプランニングの考え方・手法

そして次にライフプランニングについてです。

FP ファイナンシャルプランナー
最新情報をチェックしよう!