フィンランド式サウナ

フィンランドの北極圏にある町「ロヴァニエミ」に行ってきた ~フィンランド式サウナ編~

RYOです。

今回はふと思い出したロヴァニエミについての思い出記事を書こうと思います。

今年(2018年)の1月5日にフィンランドにある北極圏の町「ロヴァニエミ」に行き、トナカイの肉やフィンランド式サウナ、サンタクロース村を堪能しとてもいい経験になったので、これらの良さを少しでも伝えられればと思っています。

※一部ロヴァニエミの基本情報等は別に紹介している記事と共通しています。

ロヴァニエミ

まず皆さんは「ロヴァニエミ」という町を知っているんですかね?

別名「サンタクロースの故郷」と呼ばれる町で、オーロラも良く観察される美しくこじんまりとした町です。

北極圏にある町

北極圏は、北極線と呼ばれる"北緯66度33分45秒9"の線より北にある地域の総称で、定義を超簡単に言いますと

夏には太陽が沈まない日(白夜)が、冬には太陽が昇らない日(極夜)が一日以上ある地域

となっています。

世界的な位置

ロヴァニエミの町はフィンランド国内では以下↓のような位置に存在します。

そして、日本の札幌と比較してもさすが北極圏なだけあって遥か北に位置します↓

世界地図

赤道から札幌までの緯度の差と札幌からロヴァニエミまでの緯度の差はほぼ同じです(゚Д゚;)

同緯度にある北シベリアやアラスカより遥かに暖かい理由

これも有名な話ですが、ロヴァニエミは北極圏にあるとはいえその寒さはシベリアやアラスカとは比較にならないほど暖かいのです。

小中学校の社会科でやりましたよね。

(↓以下画像参照)

ノルウェー(北欧)の西側には暖流である北大西洋海流が流れており、また偏西風が暖流の表面の温かい空気をヨーロッパ大陸に送り込んでいるからです。

ですのでアイスランドも同様にそこまで凍えるような寒さではありません。

北欧は暖かい

またもう一つ言うとするならば

海は熱しにくく冷めにくい性質があるので、夏は冬に冷やされた冷たい空気が偏西風によってヨーロッパに届き、逆に冬は夏に暖められた海の暖かい空気がヨーロッパに届く。

つまり

冬は暖かく、夏は涼しい!!!

「冬は暖かく夏は涼しい」と言いましたが、あくまで同緯度の他の地域と比べてです。

「へー(´・ω・`)」と思って半袖短パンだけ持って北極圏うろちょろしないように!

ほんと盆地であるが故に夏は蒸し暑く冬は底冷えする滋賀県や京都府に住んでいるぼくにとっては夢のような気候です。

もう少し掘り下げた説明は以下にありますので、興味があれば是非↓

北欧の北極圏が同緯度のシベリアやアラスカより遥かに暖かい理由

時差

ロヴァニエミと日本との時差は「冬7時間、夏6時間」で、夏とは「3月の最終日曜日の深夜3時から10月の最終日曜日の深夜4時」の間です。

通貨

フィンランドの通貨はユーロ(€)ですが、隣国のロシア・スウェーデン・ノルウェー・エストニアは違う通貨を採用しているので注意!

いざフィンランド式サウナを体験

フィンランドとサウナは深い関係があるので、是非ともご一読ください↓面白いですよ(^ω^)

フィンランドはサウナの聖地?その驚くべき普及率や歴史を解説!

さて、前置きがだいぶ長くなりましたが自分が実際に体験したフィンランド式サウナの話をしたいと思います。

フィンランド式サウナ
最新情報をチェックしよう!