【おもしろい豆知識】ほとんどの日本人が知らない"Gay"(ゲイ)の本来の意味

本来の"Gay"の意味は「楽しい」!!

皆さんはGolden Gay Timeという言葉を聞いたことがありますか?

そのまま日本語訳すると黄金のゲイの時間

なんとも怪しい名称ですが、オーストラリアでは至って一般的な言葉なんです。

ブログ アイコン
筆者
ぼくはオーストラリアのメルボルンに住むD先生のご自宅で過ごしていた時に出会いました↓

そうです、アイスなんです。

パッケージの下には、

4 delicious chances to have a gay time !

(ゲイタイムを楽しめる4回の美味しいチャンス!)

It’s hard to have a Gay time on you own

(自分だけでゲイタイムを過ごすことは難しい!)

と書かれていました(笑)

Gayの本来の意味

昨今では「ゲイ=男性同性愛者」というようなイメージしか無いと思います。

しかし、もともとGayという言葉には、

・幸せな(happy)

・明るい(bright)

・楽しい(joyful)

という意味があるようです。

これは原義で、同性愛を表す言葉として使われ始めたのは意外にも19世紀後半で、20世紀半ばに徐々に「同性愛者」として定着し始め現在に至ります。

つまりGolden Gay Timeは「輝くような幸せな時間」という意味になります。

意外に使える形容詞「Gay」

ゲイ 意味

Gayという形容詞は意外に汎用性が高く、様々な日常生活の場面で使えることがわかりました。

例えば↓

・gay voices:賑やかな人の声

・a gay dance:陽気なダンス

・in a gay mood:ウキウキして

・a gay dress:派手なドレス

・the gay quarters:色町、花街

・lead a gay life:自由な生活を送る

・gay color:派手な色

などなど。

ではGay Barの場合は?オシャレなバー?ゲイが集まるバー?

キューバ 歴史
筆者
どちらも正解です。

この場合、前後関係でどちらかご自身で判断してください(笑)

Gay 意味
最新情報をチェックしよう!