ロマネスク建築

超わかりやすい!【ゴシック建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

RYOです

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回はゴシック建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築の歴史~美と空間の系譜~」

↓こちらを前提に話を進めますので、まずはこちらを読んでください↓

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

では始めます。

ゴシック建築

ゴシック建築

まずゴシック建築の概要を説明します。

ゴシック建築は、12世紀中頃にフランスで生まれ16世紀初頭まで続いた、ロマネスク建築の潜在的な可能性を極限まで追究して創造された建築様式

です。

ゴシック建築は、ロマネスク建築での課題だった

高くできない

大きな窓を開けれない

の問題を見事にクリアしました。

ゴシック建築の革新

ゴシック建築の特徴で、ロマネスク建築に見られなかった外見的特徴として

交差リブヴォールト↓

ゴシック建築

尖頭アーチ↓

ゴシック建築

フライング・バットレス↓

ゴシック建築

の三つをただ挙げるブログや本が多いですが、(間違いではないにしろ)本書の著者曰くそれは

教科書的ではあるが、いささか時代遅れ

とのことです。

本質を見ていないとの事なんです。

見分け方を知って「あーこれはロマネスク建築だな」とか「お、尖塔アーチがあるからゴシック建築か」などと、建築様式だけを見分けられても「だから何?」って感じですよね。

重要なのは

ロマネスク建築からゴシック建築へはどういう技術革新があり

どういう表現に主眼を置き

どういう過程でそうなったか

を知ることです。

上記の三つの特徴はあくまで結果であり、発明に至る過程を知ることが大事です。

その中で、著者が挙げている革新の本質は

線状要素と重量感の排除

で、ロマネスク建築が部分と部分の組み合わせで構成されているのに対し、ゴシック建築は全体的に統一されているのが特徴です。

ロマネスク建築の課題

ではここで(ロマネスク建築編でも書きましたが)ロマネスク建築の課題について先にみていきましょう。

ロマネスク建築の一番の問題はヴォールト天井でした。

ヴォールト天井、覚えてますか?
トンネル型の天井↓のことですよね。

ゴシック建築

こんな感じ↑です。

ヴォールト天井を採用したことによって起きた問題は推力をどう支えるかでした。

ゴシック建築

【復習】この場合、上に載るアーチは黒い柱を横に倒そうとする力(推力)が働きますよね?

柱が細いと

ゴシック建築

こうなるか

ゴシック建築

こうなります。

横に広がろうとする力(推力)をどう支えるのか?

ローマ建築とロマネスク建築の場合、壁を厚くする↓ことによってこの問題を解決しました。

ゴシック建築

なのでどうしても分厚い壁で造られたイカツイ見た目↓になってしまいます。

ゴシック建築

(↑ロマネスク建築↑)

当然この場合、強度的に壁に大きな窓を開けることはできませんし、高ければ高いほど不安定なので壁を高くすることもできません。

なのでロマネスク建築完成後、次のステップとして出てきた問題は

いかにして壁に大きな穴(窓)を開けるか

いかにして高い塔を作るか

いかにして重量感のない建物にするか

でした。そこで編み出したのが

交差リブヴォールト尖頭アーチ

フライング・バットレス(飛び梁)

でした。

まだ「は?(・_・;)」状態だと思いますが、次から丁寧に解説していきます(∩´∀`)∩

『壁で支える方式』から『骨組みで支える方式』へ

以上のように、ロマネスク建築の課題点を克服して完成されたのがゴシック建築です。

では

交差リブヴォールト

尖頭アーチ

フライング・バットレス

のそれぞれの機能を見ていきましょう。

壁で支える方式を捨てて、骨組みで支える方式を得たことがゴシック建築完成の大きなポイントになります。

交差リブヴォールト

交差リブヴォールトは、交差ヴォールトの稜線上にリブを取り付けて補強したもので、ゴシック建築時代に発明されました。

ゴシック建築

交差ヴォールトの発明で、天井の重さを柱で支えられるようになりました。

この写真の場合↓↓

ゴシック建築

リブが付いて無いので天井の重さはそのまま両側の壁と分厚い柱で支えることになります。

しかし交差ヴォールトだけでは強度不足なんです。

この天井↑の✖になっている部分に重さが集中するので、ここを補強する必要があります。

ゴシック建築

この写真の天井を見てください↑

リブ↑を取り付けると、リブが繋がっている柱で重さをもたせることができるので、そのぶん壁を薄くすることができます。

柱さえ頑丈なら壁は薄くてもいいのです。

わかりますか?

壁で天井の重さを受けるのではなく、リブが繋がっている柱で重さを受けるようにしたのです。

壁で支える方式から骨組みで支える方式へ

尖頭アーチ

交差リブヴォールトによって天井の強度を上げることができました。

しかしその柱にアーチを付けようと思うと、重さがアーチの柱にかかって(推力によって)再び倒壊する可能性があります。

この問題を解決したのが尖頭アーチです↓

※頭が尖っているアーチ

ゴシック建築

さあイメージしてください!

ゴシック建築

普通のアーチだと上から力がかかると推力が増すので倒壊の危険性があります。

しかし尖頭アーチにすると、推力が弱くなり上からの力がそのまま黒い柱の足元にかかります。

なので、柱さえ頑丈なら天井を高くしても壁に大きな窓を開けても大丈夫!

壁で支える方式から骨組みで支える方式へ

フライング・バットレス(飛び梁)

そしてゴシック建築の最も重要な革新がこのフライング・バットレスです。

通常、塔が高くなればなるほど推力は増し、建築物として不安定になっていきます。(ですよね?)

ゴシック建築

しかし塔を高くしても柱を横から支えるものがあれば安定します。

それがフライング・バットレス(別名「飛び梁」)です。

ゴシック建築

フライング・バットレスは、ヴォールトの横圧を受け止めそれを控え壁へと流します。

ゴシック建築

このフライング・バットレスの発明により、身廊壁は荷重支持機能から解放され、薄くて高い、しかも大きな開口部のある身廊壁が可能となりました。

ゴシック建築

教会堂の外周部には、ピナクルと呼ばれる小尖塔をいただいた控え壁が、フライング・バットレスを受けるために林立しています。

ゴシック建築

あたかも針葉樹の森のような外観ですが、これは内部空間を実現するために、構造の仕組みを全て建物の外部に露出させた結果なんです。

ロマネスク建築編でも書きましたが、基本的に教会の装飾で大事なのは信者がお祈りをする内部です。

内部の不安定さを全て外部のフライング・バットレスで受けているので、外から見たらあまり軽やかには見えませんよね。

でもそれでいいんです。内部はあんなにも軽やかに見えるんですから。

壁で支える方式から骨組みで支える方式へ

ゴシック建築の無重量性

本当に大事なことなので何度も言いますね↓

ゴシック建築は、ロマネスク建築の欠点である「低い、重い、暗い」をなんとか克服しようとしました。

先述しましたが、ゴシック建築の革新の本質は

線状要素と重量感の排除

で、線状要素とは

シャフトや小円柱などの丸くて細長い棒状の要素

のことです。これを多くすればするほど、内部はスリムに見えるからです。

ゴシック建築

ゴシック建築はロマネスク建築と違って線状要素で溢れています↓

ゴシック建築

線状要素が多用された理由は重量感の排除です。

ゴシック建築で用いられた、重量感を排除するための方法の一つに「エッジの排除」があります。

エッジの排除

ゴシック建築では、ロマネスク建築のように壁をくり抜き、窪ませ、盛り上げたときにできる直角のエッジがみれません。

※直角のエッジとは「角ばった所」という意味

ロマネスク建築の直角のエッジ↓

ゴシック建築

エッジは、その背後に連なる壁体の体積を、したがって重量を暗示させるがゆえにゴシック建築では徹底的に排除されました。

エッジは重量感を暗示させる!!

ゴシック建築↓

ゴシック建築

ゴシック建築ではエッジは線状要素によって隠されているか排除されています。

ゴシック建築

線状要素の太さ=壁の厚さ?

ゴシック建築で用いられた線状要素は重量感の排除にとても役立っています。

なぜなら、ロマネスク建築ではくり抜かれた開口部に、壁の厚さが素直に現れますが、ゴシック建築では壁の厚さもまた、線状要素によってたくみに隠されているからです。

まあ簡単なので実例を挙げながら説明していきます

ゴシック建築

こちらの写真で説明します。

多くの線状要素がありますが、今回はピア、シャフト、小円柱、トレーサリーの四つを抽出しました。

ゴシック建築

➀ピア:アーチを支えている支柱↓

ゴシック建築

②シャフト:上部まで伸びる柱↓

ゴシック建築

③小円柱:トリフォリウムに上下に走る円柱↓

ゴシック建築

④トレーサリー:窓面(クリヤストリー)を細分割する装飾的な部材↓

ゴシック建築

我々の眼は、開口部を縁取り、分割する線状要素の太さを壁の厚さとして捉える傾向にあります。

つまり、存在感のあるピアやシャフト、小円柱にトレーサリーを『壁の厚さを代表するもの』として受け止めます。

このようにゴシック建築の身廊壁は線状要素によって編まれた格子状の壁と化しているのです。

これらの線状要素は、重量を支えるには細すぎる外見しかもたないので線状要素の細さに見合った軽さ(重量のなさ)を感じさせます。

ゴシック建築

また、実際には荷重をほとんど支持しませんが、(目を欺くために)力の流れの正しい道筋とみえる位置にだけ付けられています。

ではここからはゴシック建築の各国での展開を見ていきましょう↓

ロマネスク建築
最新情報をチェックしよう!