⑧生命保険商品について 【FP三級合格への道】

はじめまして、RYOです。

ブログ アイコン
筆者
最近FPと簿記の勉強を始めた28歳会社員です

社会人になってはや6年、今まで漠然と、

給与明細の手取り給料だけをチラッと確認→すぐにシュレッダーでバリバリ…

を繰り返してきました。

しかし、「ふるさと納税」や「投資」、「ブログの副収入」など徐々に給料以外にも税金の計算などをしなければならない事態になりました。

» 続きを読む

そんな中、iDeCoや積立NISAなども始めるうちに徐々にマネーリテラシーの重要さに気付き、ようやく

ブログ アイコン
筆者
お金の知識を向上させないと、これから生きていくうえで不便過ぎる…

と感じ、ずっと工学部の理系科目一本だったぼくが遂に、マネーリテラシーUPに向けて動き出したのです(笑)

所得税の計算や年金の問題など、勉強し出したらめちゃくちゃ面白くてドハマり中ですヾ(≧▽≦)ノ
と言うか、義務教育で教えとけや、日本の教育ごらぁ(; ・`д・´)という気持ちです。

まずはFP3級取得を目指してこれから頑張っていこうと思います。

女の子 イラスト
わたしテキスト持ってないんだけど…

という方も安心してください!

テキストが無くてもこちらのブログの内容だけでなるべく試験に受かるレベルまでご説明できるよう努力します。

素人だからこそ説明できるポイントなどがあると思うので、是非とも同じような境遇の方は一緒に頑張っていきましょう!!!

» 折りたたむ

と、長々と言ってきましたが、今回はFP3級の基礎【生命保険商品】について紹介していきたいと思います。

今回の論点は以下の2点です↓

・生命保険商品とは

・個人年金保険

では始めます(”◇”)ゞ

保障に重点を置く保険

では、主な生命保険商品の仕組みや保障内容について学習していきましょう!

死亡保障に重点を置く保険として、

㋐定期保険

㋑終身保険

㋒定期保険特約付終身保険

などがあります。

それぞれ説明します↓

定期保険とは

定期保険は、

契約時に定めた保険期間内に死亡または高度障害になったときに保険金が支払われる保険

です。

満期保険金はありません!

定期保険のイメージはこんな感じです↓

定期保険には、保険期間が満了するまで保険金額が同額の(平準)定期保険のほか、

㋽期間の経過とともに保険金額が一定割合で増加する逓増(ていぞう)定期保険

㋔逆に一定割合で減少する逓減(ていげん)定期保険

があります。

女の子 イラスト

ていぞうていきほけん?

ていげん・・・?

まあわかります、ぼくも皆さんと同じ気持ちです(笑)

死亡・高度障害の場合に、保険金が一時金ではなく、年金の形で一定期間にわたって支払われる保障(収入保障保険)もあります。

終身保険とは

終身保険は、

定期保険と同様に死亡・高度障害になったときに保険金が支払われ、保険期間は一生涯(死ぬまで)

のが終身保険です。

終身保険のイメージはこんな感じです↓

筆者 イラスト
筆者
まあ、死ぬまで一生涯保障が続くってことですね!

終身保険には、満期保険金はありませんが、加入して短期間の解約を除いて解約返戻金があります。

定期保険特約付終身保険とは

定期保険特約付終身保険とは、

主契約の終身保険に定期保険を特約としてつけた保険

です。

名前だけ見たら震えあがりますが、内容は至って簡単です。

定期保険特約付終身保険のイメージはこんな感じです↓

男の子 イラスト
読者
例えば子供が生まれたてで「この子が20歳になるまではもらえる保険金額を上げときたい」ってな場合に使えますね

なお、定期保険特約には、㋕全期型と㋖更新型の2種類があります。

» 全期型と更新型の説明↓

全期型:契約から終身保険の保険料払い込み満了までが特約の保険期間で、その間特約の更新がないもの

更新型:契約から10年・15年などを当初の特約保険機関として、特約保険期間が満了するごとに、終身保険の払込期間満了までを限度として更新していくもの

» 折りたたむ

まあ正直( ゚д゚)ポカーンだと思います(笑)

こちらの方の説明がわかりやすかったので、一応載せておきます↓

貯蓄性のある保険

貯蓄性のある保険として、㋗養老保険や㋘こども保険などがあります。

養老保険

養老保険は、

保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に生存していたときには満期保険金が支払われる保険

です。

死亡保険金と満期保険金は同額です。

養老保険のイメージはこんな感じです↓

筆者 イラスト
筆者
養老保険は貯蓄性の高い保険なので、貯蓄目的で加入する方も多いですが、両学長曰く貯蓄型保険はぼったくりの投資信託らしいですよ↓

両学長、いつもお世話になっております(`・ω・´)ゞ

こども保険(学資保険)

こども保険は、

子供の入学や進学に合わせて祝金や満期保険金が支払われる保険

です。

契約者である親が死亡した場合、以降の保険料の払込みが免除されますが、給付金は契約通り支払われます。

イメージはこんな感じです↓

ちなみに学資保険も必要ないというのが両学長の意見です↓

筆者 イラスト
筆者

ほんっと、保険のセールスマンって全く信用できひんわ~

中田敦彦も言ってたけど、保険屋は1にも2にもとにかく手数料が欲しいだけやからね

その他の保険

その他の保険として、㋙利率変動型積立終身保険や㋚変額保険などがあります。

女の子 イラスト
読者
まだあったーーーー(泣)

それぞれ説明します↓

利率変動型積立終身保険

利率変動型積立終身保険とは、

保険料払込期間中は積立金を蓄積し、保険料払込期間満了後はその時の積立金をもとにして、終身保険や年金を購入する仕組みをもつ保険

です。

利率変動型積立終身保険は、死亡保障や医療保障などの保障機能に重点を置いた保険を自由に組み合わせて契約する形が一般的です。

組み合わせ型の場合、払い込む保険料のうち積立に回す分と保障に回す分を一定の範囲内で自由に設定・変更できます

また、積立金は一時金を投入することによって積み増したり、必要に応じて引き出すこともできます。

イメージはこんな感じです↓

生命保険文化センターの⇒利率変動型積立終身保険の説明が比較的わかりやすいと思うのでご確認ください。

変額保険

筆者 イラスト
筆者
一瞬「変態保険」に見えたのは僕だけでしょうか・・・

さて、変額保険のお時間です。

変額保険は、

運用の実績によって保険金や解約返戻金の額が増減する保険

です。

男の子 イラスト
読者
え、保険金の額が増えたり減ったりするの・・・?

そうなんです。

イメージはこんな感じです↓

水色線:基本保険金額

赤い路線:死亡・高度障害時の支給金額

つまり、変額保険はリスク性のある保険商品と言えますが、被保険者が死亡または高度障害のときには、基本保険金額は最低保証されています!

なお、解約時に受け取る解約返戻金には、最低保証はありません!
また変額保険には、一定期間の保障がある「有期型」と一生涯の保障がある「終身型」があります。

個人年金

続いて個人年金保険商品についてです!
個人年金保険は、老後の生活資金を準備するためのものです。
先に図を示します↓
年金の支払い期間が決まっている㋛有期年金&㋜確定年金と、支払い期間が決まっていない㋝終身年金とがあります。
そして、支払いの保証期間があるかどうかによって、有期年金確定年金とに分けることができます。
では、各個人年金保険商品について説明していきます!

有期年金

有期年金は、

支払期間を定め、被保険者の生存を条件として、年金が支払われるもの

です。

被保険者が死亡した場合は、その後の年金の支払いは終了します。

確定年金

確定年金は、

支払い期間中は被保険者の生死にかかわらず、年金が支払われるもの

です。

支払い期間中に被保険者が死亡した場合、遺族に対して年金等が支払われます。

男の子 イラスト
読者

なるほど!

有期年金は生きてる間だけ、確定年金は生死にかかわらず、なのか!!

終身年金

終身年金は、

被保険者が生存する限り、一生涯年金が支払われるもの

です。

一定期間の年金の支払いを保証する保証期間付き終身保険が主流です!

夫婦年金

夫婦年金は、

夫婦のいずれかが生存している限り、年金が支払われる個人年金保険

です。

変額個人年金保険

変額個人年金保険は、
運用実績によって、将来受け取れる年金額等が変動する個人年金保険
です。

この記事の総まとめ

では最後にこの記事の内容をザックリおさらいしておきたいと思います。

筆者 イラスト
筆者
自分の理解度アップのためにも復習しておきたいです(笑)

まず、生命保険商品の中でも死亡保障に重点を置く保険として、3種類紹介しました↓

・定期保険(保険期間内に死亡または高度障害になったとき)

・終身保険(定期保険の終身バージョン)

・定期保険特約付き終身保険(一定期間は定期保険を特約で付けて保険金額を上乗せし、その後保険金額の少ない終身保険に変更)

また、(全くおススメしませんが)貯蓄性のある保険として、

・養老保険(満期まで生きても、それまでに死んでも保険金がもらえる)

・こども保険=学資保険(子供の入学や進学に合わせて祝金や満期保険金がもらえる)

があります。

老後資金を貯める個人年金保険としては、

・有期年金(被保険者が生きている場合は年金が支払われる)

・確定年金(支払い期間中は被保険者の生存にかかわらず、年金が支払われる)

・終身年金(被保険者が生存する限り、死ぬまで年金が支払われる)

・夫婦年金(夫婦のいずれかが生存している限り、年金が支払われる)

・変額個人年金(運用実績によって、将来の年金額が変わる)

があります。

おわりに

さて、第8回目が終わりました(”◇”)ゞ

絶望 イラスト
どれが本当に必要な生命保険なんだあぁぁ

と思いますよね~

ま、基本的に独身なら生命保険は不要、妻子持ちなら掛け捨ての生命保険くらいじゃないですか!?

筆者 イラスト
筆者

保険の支出ってマジでデカいんで、本当に固定費削減のためにもう一度必要な保険かどうかを考えましょう!

彼らも商売ですから、あなたの人生よりも自分たちの利益を第一に考えて行動しています。

さて、次は「損害保険の基礎」に関する勉強をしていきたいと思います!

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございました~。

最新情報をチェックしよう!