平泉 世界遺産

【平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群】~浄土思想の宇宙観をあらわす建築と庭園~

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」についてです。

平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(2011年登録)

中尊寺、毛越寺(もうつうじ)、観自在王院跡、無量光院跡(むりょうこういんあと)、金鶏山(きんけいさん)の五資産からなる『平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群』は、この地の豪族であった奥州藤原氏ゆかりの遺産

奥州藤原氏

東北に極楽浄土を創り上げようとした藤原清衡(ふじわらのきよひら)の思いが代々受け継がれ、11世紀後半から12世紀後半の約100年間にわたり平泉は文化の隆盛を誇りました。

藤原清衡は堀河天皇の勅命を受けて中尊寺を再興し、金色堂を建立しました。

2代基衡(もとひら)は毛越寺を再興観自在王院は基衡の妻が建立し、無量光院は3代秀衡(ひでひら)が造営しました。

藤原氏は政治の主体が貴族政治から武家政治へ転換していく時代の中、奥州で産出されるの力を背景に、軍事に頼らない平和的な政治をこの地に実現させました。

この遺産は、平泉が東北地方の行政の中心であり、さらには京都と肩を並べるほどの都市であったことを今に伝えています。

浄土思想

構成資産は、8~12世紀に日本に広まった仏教の浄土思想の宇宙観に基いており、6世紀に日本へと伝来した仏教は、日本古来の自然崇拝と結びついて、独特の展開を見せました。

浄土思想

仏陀の住む清浄な国土のことで、煩悩に汚染されている穢土(えど)の反意語。

日本で「浄土」といえば極楽浄土を指す。

11世紀末には末法思想が広がり、浄土思想が興隆したことで人々は現世の心の平和はもちろん、死後に仏国土(浄土)に行き成仏することを切望するようになりました。
※末法思想とは、仏教の考え方で「悟りと正しい行いが無くなった状態」が釈迦の死後1000年経った1052年から始まるという考え方

浄土思想は日本人の死生観の醸成に重要な役割を果たし、当時の建築や庭園にもその思想が表れています。

金色堂は、阿弥陀如来の仏国土(浄土)を表現した仏堂建築であり、自然崇拝と仏教の融合は、庭園設計と造園によって仏国土(浄土)を現世に創り上げるという、日本独自の方法を編み出しました。

独自の浄土庭園

建築・庭園群の理念や意匠などには、仏国土(浄土)が三次元的に表現され、浄土思想を直接的に反映しており、宗教儀式や民族芸能等の無形の諸要素も受け継がれています。

仏教とともに伽藍造営(がらんぞうえい)や作庭の技術も伝来しましたが、これが日本の水辺の祭祀場における水景の理念と結びついて、独自の浄土庭園を完成させました。

このような浄土庭園は、東アジアにおける建築・作庭技術の価値観の交流を示しています。

『平泉ー仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群』の構成資産

中尊寺

阿弥陀如来の極楽浄土を金箔で表現した金色堂には、藤原氏3代の遺体(ミイラ)と4代泰衡の首級が納められている。

毛越寺(もうつうじ)

850年に慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)が開基し、2代秀衡が再興。
※開基とは「基礎を築くこと」「物事の基を開くこと」

国内最大の浄土庭園には、平安時代の遺構としては日本唯一、最大規模の「鑓水」が残る。
※鑓水とは「庭園などに水を導き入れて流れるようにしたもの」で枯山水の庭園が流行するにつれて衰退

観自在王院跡

東西約120m、南北約240mの寺域に大小の阿弥陀堂と浄土庭園があったが、1573年の火災で伽藍が焼失。
※伽藍とは「寺院の建築物の総称」

現在は浄土庭園が公園として残る。

無量光院跡

藤原3代で最も繁栄した時代を築いた秀衡が、平等院鳳凰堂(宇治市)を模した阿弥陀堂を建築し、浄土庭園を造営した。西側には金鶏山を望んだ。

金鶏山

浄土庭園において仏国土を空間的に表現する際の中心的役割を果たす山。

住居・政務の場となる居館を造営する際も、金鶏山との位置関係が重視された。

平泉 世界遺産
最新情報をチェックしよう!