イスラエル トランプ エルサレム

アメリカのトランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムと承認した意味

はじめに

RYOです

ちょっと乗り遅れてる感は満載ですが、以前アメリカのトランプ大統領が「イスラエルの首都をエルサレムと認める」と言って世界が大騒ぎした事がありました。ほんとに今更ながら、色々と理解できるようになったのでなぜこれが大問題なのかを軽く説明をしようと思います。

また、このお話の前提である「パレスチナ問題」についても解説したいと思います。

ユダヤ教の歴史を先に読んで頂いた方がより深く理解できると思います。

『ユダヤ教』についてできる限り簡単にまとめました

パレスチナ問題って聞いたことありますか?

知ってるようで知らないのが、この「パレスチナ問題」だと思います。ぼくも完全に理解しているとは口が裂けても言いません。

でも大まかな流れはお話できるので、今回は本当に簡単に詳しいことを一切排除して書いてみました。しかし、詳しいことを省くとどうしても誤解や偏見を与えてしまう可能性があるので、そこは予めご理解ください。

エルサレムってなに?

エルサレムはユダヤ教&キリスト教&イスラム教の3宗教の共通の聖地がある場所です。

なのでユダヤ教が武力でエルサレムを占領して「エルサレムはユダヤ人のものだ!やったー」と言ったらキリスト教徒とイスラム教徒が怒ります。

ユダヤ教&キリスト教&イスラム教の歴史はエルサレム抜きでは話せないのです。

パレスチナとエルサレムはどう違うの?

パレスチナとエルサレムの関係を一言で言うと「県と県庁所在地」みたいな感じです。

パレスチナという広い地域にある一都市がエルサレムです。

パレスチナは一体だれのもの?

これが難しいんです!

パレスチナはおよそ3,700年前に、ユダヤ人が神から与えられた土地となっています。

これはユダヤ人の聖書「タナハ」にも書いてあり、キリスト教徒もイスラム教徒もみんなが知っている話です。

詳しいことは省きますが、この3宗教は非常に似ています。例えるなら

ユダヤ教:父

キリスト教:長男

イスラム教:(年の離れた)次男

くらいの感じです。

しかし今は21世紀、3,700年前の聖書をもち出して「パレスチナはユダヤ人のものだー」と言っても、既にパレスチナに住んでいた人たちが納得するわけがありませんよね。この「既に住んでいる人たち」と言うのがイスラム教のアラブ人達なのです。

なのでユダヤ人は「聖書」を根拠に、アラブ人は「既成事実」を根拠に領有権を主張しています。

イスラエルはどんな国?

イスラエルという国は、ユダヤ人国家です。

第二次世界大戦が終わって、今まで1,000年以上世界各地でずっと迫害されてきたユダヤ人は「我々ユダヤ人のための国があればこんな目には遭わない」と考え、神から与えられた土地パレスチナへぞろぞろと舞い戻ってきました。

しかし既にパレスチナに住んでいたアラブ人たちを押しのけていきなり「イスラエル」という名前の自分たちの国家を建設したものですから、もちろんアラブ人は怒ります。当然です。

イスラエル建国に反対したアラブ人達が結束し、イスラエルに侵攻したのが中東戦争です↓

『中東戦争』を簡単にまとめました【ユダヤ人VSアラブ人】

イギリスの責任?

パレスチナはユダヤ人のものか、アラブ人のものか。

この争いの元はイギリスです。

第一時世界大戦中、オスマン帝国打倒を夢見ていたイギリスはパレスチナをエサにユダヤ人とアラブ人の両方にある約束をします。

ユダヤ人には

歴史的に、迫害されながらも裕福だったユダヤ人に対してイギリスは

「我々に金銭的な支援をしてくれるなら、終戦後パレスチナにユダヤ人国家を建設してもいいですよ」

と約束します。

アラブ人には

当時、オスマン帝国に支配されていたアラブ人に対してイギリスは

「内部から反乱を起こしてくれるなら、終戦後パレスチナにアラブ人国家を建設してもいいですよ」

と約束します。


これがいわゆるパレスチナ問題の主な原因の一つです。

ユダヤ人とアラブ人の両方がイギリスと「パレスチナに国家を建設してもいい」という約束をしたのですから(って事はイギリスのせいかい!!

イスラエルの首都はエルサレム?テルアビブ?

パレスチナ問題は何となく上に述べたような感じです。

ではここで問題になってくるのが、イスラエルの首都はどこ?という事です。イスラエルの建国は1948年5月14日で、建国と同時に首都というのも定められるはずです。

この地図↑を元に少し話をしていきます。

イスラエルはエルサレムを首都と主張している

当然イスラエル的には「聖地エルサレムを自分の国の首都にしたい」と思っています。なので建国当時からイスラエルは「エルサレムこそイスラエルの首都である!!」と主張しています。

※実際は、エルサレムは国連の管理都市で首都にはしないように提案されており、1967年の第三次中東戦争後にエルサレムを占領し一方的にエルサレムを首都だと宣言しました。

そして首相官邸も大統領官邸も国会も様々な行政機関も全てエルサレムに引っ越ししました。

イスラエル「当然、首都なんだから!」

世界各国はテルアビブをイスラエルの首都と考えている

世界各国は簡単に「イスラエルの首都はエルサレム?はい、承認しましょう」とは言えませんよね。当然、宗教的な対立や各国の利権が絡み合っています。なので世界的にはイスラエルの首都はテルアビブとされています。

大使館というのは国家の首都に置かれるものなので、世界各国の大使館はイスラエルのテルアビブに置かれています(←これが世界各国がエルサレムが首都だと認めていない証拠

アメリカのトランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムと承認した

そこでこのニュースのお出ましです。

2017年12月6日、アメリカのトランプ大統領が言いました。

うーん、イスラエルの首都はエルサレムだから、そろそろ大使館をエルサレムに移そうかなー

と国家を代表してイスラエルの主張を承認しました。驚くべき発言ですが、この裏には様々な理由があることがわかりました。

アメリカは建国当時からイスラエルを応援していた!

先ほども言った通り、イスラエルはユダヤ人の国家です。イスラエル建国当時からアメリカ合衆国はイスラエルを国家として承認し、事実上同盟国として武器を供与したりかなり応援していました。それはなぜか。

一説には「アメリカには大勢のユダヤ人がいるから」と言われています。アメリカにはナチスのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)から逃れてアメリカに渡ったユダヤ人が大勢います。ナチス党だけでなく、アメリカ建国当時から自国で命の危機を感じたユダヤ人が続々と自由の国アメリカに渡っていたのです。

つまりアメリカにはユダヤ人が大勢います。そして大統領選挙で勝つためには、その大勢のユダヤ人たちを喜ばせるプレゼントが無くてはなりません。それが「イスラエル承認」なのです。

歴代アメリカ大統領はイスラエルの首都をエルサレムだとやんわり承認してきた

1995年以来、歴代大統領はイスラエルの首都はエルサレムだとやんわり承認していました。アメリカ歴代大統領は、大統領選挙になると

「イスラエルの首都はエルサレム!!やと私は思うけど。うーん、大統領になったらそういう方向で協議しよう!かなー?うーん、どやろ・・・

とふんわり肯定し、大勢のユダヤ人の票をゲッチュ!してきました。しかし、ひとたび大統領になれば現在の中東情勢を勘案して「ようし、約束通りイスラエルの首都はエルサレムと正式に認定しまーーーす!」とは言ってきませんでした。

トランプ大統領の血縁関係にユダヤ人がいる!

※明言しますが、ぼくはユダヤ人に対する差別や批判的感情は一切ありません。どちらかと言うと歴史的に迫害されてきたユダヤ人尊重派です。

2018年5月、遂にトランプ大統領はテルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移転しました。トランプ大統領にはイヴァンカという娘がいます。

そして何を隠そう、イヴァンカの結婚相手の男性(クシュナー)はユダヤ人なのです!!!!!!

ユダヤ教の教えとして「異教徒と結婚してはいけない」という掟があります。

という事は・・・?

はい、トランプ大統領の娘のイヴァンカもユダヤ人なのです。

それだけではありません。クシュナーはめちゃくちゃ賢いんです、超優秀なんです。

って事で、大統領上級顧問という職に就いています。大統領上級顧問とは、ホワイトハウスにおいてアメリカ合衆国大統領に法的・政治的に助言する役職のことです。

例えば

・歴代大統領が誰もやらなかった「エルサレム承認」を声を大にして宣言すればあなたの存在感はますます高まるでしょう。

・エルサレム承認を宣言したのにアメリカ大使館をこのままテルアビブに置いているのは問題では?

といったような事も大統領にアドバイスする役職なのです。

おわりに

という事で、トランプ大統領の「エルサレム承認」は史上最も難しい問題の一つと呼ばれる「ユダヤ人 VS アラブ人」の聖地を巡る争いに火に油を注ぐ結果になるのでしょうか?

3宗教の聖地エルサレムは誰のものなのか、イスラエルが不当に占拠して突然首都と宣言したことを世界中が納得できないままアメリカ大統領がエルサレムを承認するというのはどうなんでしょうかね。また、この「エルサレム承認」は今後の中東情勢にどう影響してくるのでしょうか?

イスラエルに平和な時代が訪れるのか、それとも周辺国からの激しい抵抗が繰り広げられるのか。アメリカ大統領ともなれば利権や金銭的な授受があって当然とも思われますので、今後も目が離せないテーマですね。

歴史的には、西暦132年のディアスポラ以降ユダヤ人は世界中で迫害されてきました。そんなお話です↓

ユダヤ人迫害の歴史をわかりやすくまとめてみました

イスラエル トランプ エルサレム
最新情報をチェックしよう!