厳島神社 世界遺産

【厳島神社】~自然景観と建造物群が一体となった神社建築~

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「厳島神社」についてです。

厳島神社(1996年登録)

瀬戸内海に浮かぶ厳島(宮島)は、弥山(みせん)を擁する島全体が古来から神の宿る島として信仰を集めてきた聖域です。

平清盛

厳島に初めて社殿が創建されたのは593年とされ、現在のように海上に本殿や拝殿などの建物が立ち並ぶようになったのは、平安時代後期の1168年頃と考えられています。

厳島神社を平家一門の守護神として位置づけ、あつい信仰を寄せる平清盛によって社殿が整えられ、色鮮やかな朱色の建造物が海にせり出した姿が完成しました。

寝殿造り

建造物には、平安時代の貴族の住宅建築様式である寝殿造り(しんでんづくり)が取り入れられています↓

寝殿造りはそれまでの神社建築には見られなかったもので、特徴としては独立した各部屋を渡り廊下でつなぐことです。厳島神社でも本社自体の建物配置に渡り廊下が使われているほか、本社と能舞台は西回廊でつながっており、本社と客(まろうど)神社は東回廊でつながっています。

流造り(ながれづくり)

また、本社本殿と客神社本殿には、両流造り(りょうながれづくり)という建築様式が用いられています↓

両流造りとは、普通の平らな屋根じゃなく曲線を描いた屋根のことです。

向拝(こうはい)

(また難しい言葉が出てきますが)切妻(きりつま)屋根の平側(ひらがわ)入口屋根を延ばした「向拝(こうはい)」を背面にも設けています。

ここで、切妻とか平側とかの説明をしたいと思いますので、まずは下の画像を見てください。

白川郷 世界遺産 合掌造り

屋根の平らな部分が見える側を「平側」と呼び、三角形部分の方を「妻側」と呼びます。

この「平側」の庇(ひさし)をもっと伸ばしたものが「向拝(こうはい)」です↓

厳島神社は一時荒廃したり、度重なる風水害に遭いながらも、戦国時代の武将毛利元就など時の権力者の援助によって再建され、明治維新以降は政府によって保護・改修がなされています。

両部鳥居

宮島のシンボルである海上の大鳥居は、4本の控え柱で支える両部鳥居です。

これは風水害によってしばしば倒壊していた大鳥居を、1537年の再建で控え柱をもつ構造に改めたもので、現在の大鳥居は1850年に台風で倒壊した後、1875年に再建されたものです。

※海底に延びる柱の根元は固定されておらず、自重で立っています。

江戸時代に建てられた能舞台は、日本で唯一海に浮かぶ能舞台であり、他にも1407年に五重塔、1523年に多宝塔、1587年に末社豊国神社本殿(千畳閣)などが建設されています。

古色塗り

厳島神社は台風や高波による被害を幾度となく被っており、近年では古くからの姿を維持する工夫がなされています。

台風上陸の際には神職を中心とする関係者が海に入り、ロープで建物の補強を行うほか、修復に備えて流出した古部材を回収します。

その後の修復作業においては、新たに補う部材と古材が違和感なく組み合わされるよう「古色塗り」という技法が用いられます。

消えずの霊火

これらの建造物群と、背後にそびえる標高535mの弥山の緑が調和して、見事な景観を作り上げています。

弥山は古来よりご神体として崇められており、貴重な植生を残す原始林を有します。

また空海が宮島で修業したときに焚かれた護摩の火が1200年燃え続けているという「消えずの霊火」が山内に残っています。

厳島神社のおもな建造物など

厳島神社の主な建造物を簡単に説明します。

本社本殿

祭神として市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たきつひめのみこと)の宗像(むなかた)三女神を祀る

能舞台

海上にせり出し、足拍子がよく響くように床が一枚板のようになっている

大鳥居

境内の沖合200mの海上に建つクスノキの自然木を用いた鳥居

客(まろうど)神社

本殿、幣殿、拝殿、祓殿の形式や配置は本社と同様だが、西側を向いている

弥山(みせん)

原始林は1929年に天然記念物に指定され、1957年には特別保護区となった

厳島神社 世界遺産
最新情報をチェックしよう!