ル・コルビュジエ 世界遺産

ル・コルビュジェの建築作品ー近代建築への顕著な貢献ー

目次

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「ル・コルビュジェの建築作品ー近代建築への顕著な貢献ー」についてです。

これは自己満記事なので、国立西洋美術館が掲載しているPDFの方がはるかにに超絶わかりやすいこちらを読んでください↓↓

世界遺産パンフレット

ル・コルビュジェの建築作品ー近代建築への顕著な貢献ー(2016年登録)

ル・コルビュジェの建築作品とは、20世紀を代表するフランスの建築家ル・コルビュジエが設計した革新的で近代建築の基礎を築いた建築作品群

東京・上野公園の国立西洋美術館など計7ヵ国17作品が世界遺産に登録され、ヨーロッパ・アジア・南米と3つの大陸にまたがって登録されたのは初めて。

ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ(本名シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ)は、時計製造で有名なスイスのラ・ショー=ド=フォンで生まれました。

当地の装飾美術学校を出た後、ウィーン、ベルリン、パリで建築や工芸、芸術の新しい運動に触れ、建築ではオーギュスト・ペレペーター・ベーレンスに短期間師事した以外はほぼ独学です。

建築を設計する際には、研究を重ねたうえでプロトタイプ(基本型)を作成し、実際に建設される敷地や環境に応じて何度も考え直すという手法を用いました。

フランスを中心に活躍したル・コルビュジエは、合理的かつ機能的で明快なデザイン原理を追求し、20世紀の建築や都市計画に大きな影響を与えました。

ル・コルビュジエはメゾン・ドミノ近代建築の5つの要点近代建築の五原則)という考え方を後世に残しました。

メゾン・ドミノ

メゾン・ドミノとは、鉄筋コンクリート製の柱と床板で建物の荷重を支え、階段で上下階をつなぐという単純な構造で建物を作る考え方です。

石やレンガを積み上げて壁を建てることで建物を支える旧来の建築とは違い、柱で床を支えることで外壁や間仕切り(内壁)は取り外しや移動が可能となり、自由な間取りをデザインすることができます。

工場であらかじめ制作した部材を現場で組み立てるプレハブ化や寸法の規格化、量産化の考えを示しました。

近代建築の5つの要点

ル・コルビュジエは建築材料や建設方法などの技術的な側面と、生活を豊かにする仕組みの両方を実現することを考え、近代建築を成り立たせる要点を5つにまとめました。

ピロティ

柱で建物を持ち上げてできた空間のことで、人も風も自由に行き来できる気持ちの良い空間です。

屋上庭園

雪や雨を落とすために勾配屋根で覆われていた旧来の建物とは違い、鉄筋コンクリートによる水平の屋根に植物を植えることで、豊かな屋上空間を生み出しました。

自由な間取り(平面)

柱で床を支えることで間仕切壁(内壁)は取り外しや移動が可能となり、自由な間取りをデザインすることができます。

横長の窓(水平に連続する窓)

壁面の横幅いっぱいにあけられた窓からは部屋の隅々にまで均一な光を取り込むことができます。

自由な立面(ファサード)

建物の荷重が柱で支えられたことで、外壁はパネルやガラスで自由にデザインすることができます。

国立西洋美術館

国立西洋美術館は、第二次世界大戦後フランス政府に差し押さえられていた松方コレクション(株式会社川崎造船所の社長であった松方幸次郎がヨーロッパで収集した西洋美術作品)の寄贈返還を受けるために設立されました。

1955年、寄贈返還における条件のひとつとなっていた新しい美術館のために、日本政府はル・コルビュジエに設計を依頼し、建設にあたっては彼のアトリエで学んだ3人の弟子「坂倉準三」「前川國男」「吉阪隆正」が協力しました。

国立西洋美術館は上記の5つの要素に加えて、展示室の中心にスロープで上っていく渦巻き形の動線に特徴があります。

多くの日本人建築家がル・コルビュジエの作品に影響を受け、ル・コルビュジエの建築思想は日本における近代建築運動に大きく貢献しました。

モデュロール

ル・コルビュジエは人間の身体に沿った建築を目指して世界中で使うことができる尺度である「モデュロール」を考案しました。

男性の身長183cmと、へそまでの高さ113cmの比が黄金比1.618:1になることと、113cmの2倍でこの男性が手を伸ばした高さである226cmを基準として、赤と青の2種類の尺度を作り出しました。

このモデュロールの寸法を足したり、隣り合わせて使うことで建築に統一感やリズムが生まれます。

7ヵ国にまたがる世界遺産17作品

※写真が無いのでとても分かりづらい内容になっています。

2016年7月17日、第40回世界遺産委員会において、国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献ー」が世界遺産一覧表に記載されました。

7ヵ国17資産で構成される資産が3大陸にまたがって一括登録されるのは初めてのことです。

これらの資産は19世紀以前の建築様式を批判し、新しい社会の求め方に応じた建築を作ろうとする「近代建築運動」の歴史とその世界的影響を証明するものであり、また20世紀という新しい時代における社会的・人間的ニーズに対する革新的な解決策であると認められました。

1923年『レマン湖畔の小さな家』スイス

必要最小限の要素で居住者のニーズに的確に応える「最小限住宅」という新しい建築的表現の形を示しました。

また、規格化された住宅の一例でもあります

1923年『ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸』フランス

邸内の斜路やバルコニーを歩くと、景色や色彩が移り変わる流動的な空間を体験できるのが特徴です。

当時は未だ発表されていなかった「近代建築の5つの要点」が初めて適用された作品です。

1924年『ペサックの集合住宅』フランス

「最小限住宅」を集合住宅に適用した例で、5㎡のユニットを様々な形に組み合わせたプレハブ化・規格化の点でも重要な作品です。

1926年『ギエット邸』ベルギー

自由な形と色彩という新しい建築的言語(要素や手法)を革新的に表現した最初の作品のひとつで、ベルギー内外にこの考え方が広まるきっかけとなりました。

1927年『ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅』ドイツ

コンクリート梁の使用により空間の新たな可能性を示し、内部の間取りを変更することができる住宅のモデルとなりました。

1928年『サヴォア邸と庭師小屋』フランス

「近代建築の5つの要点」のすべてを体現した作品です。

ル・コルビュジエの建築の中でも最も有名な作品のひとつに数えられます。

1930年『イムーブル・クラルテ』スイス

プレハブ化・規格化された計画・構造の考え方を示し、コンクリートに代わり窓や壁パネルなどにスチールフレームを用いた初めての作品です。

1931年『ポルト・モリトーの集合住宅』フランス

「近代建築の5つの要点」を集合住宅に適用した例で、ガラスの使用によって外部空間との一体感がある作品です。

建設後はル・コルビュジエ本人が生涯にわたって居住しました。

1945年『マルセイユのユニテ・ダビタシオン』フランス

個人と集団のバランスに基づく新しい住まいのあり方の代表的なプロトタイプです。

荒々しい表面のコンクリート打ち放し仕上げを用いた作品です。

1946年『サン・ディエの工場』フランス

工場が現代人の社会的・人間的ニーズに対応すると同時に、そこで働く人々が自然との調和を体感できるような建物の考え方を示した作品です。

1949年『クルチェット邸』アルゼンチン

提唱から何十年も経て「近代建築の5つの要点」が再び適用された作品です。

南米の建築に根本的な影響をもたらしました。

1950年『ロンシャンの礼拝堂』フランス

ル・コルビュジエ建築作品

彫刻的建築の新たな形を確立し、世界の教会建築に影響を与えました。

1951年『カップ・マルタンの休暇小屋』フランス

モデュロールに基づき規格化された最小限住宅の最も顕著な作品です。

 

1952年『チャンディガールのキャピトル・コンプレックス』インド

ル・コルビュジエが提唱した都市の考え方(『輝く都市』『アテネ憲章』)に基づくもので、インド半島全体に多大な影響を与えた作品群です。

1953年『ラ・トゥーレットの修道院』フランス

「近代建築の5つの要点」の考え方をさらに深めて設計されたものです。

1955年『フィルミニの文化の家』フランス

都市生活の改善を目的とした都市計画の一部として構想され、実現した作品です。

1955年『国立西洋美術館』日本

「近代建築の5つの要点」に加えて、展示室の中心にスロープで上っていく渦巻き形の動線に特徴があります。

ル・コルビュジエ 世界遺産
最新情報をチェックしよう!