富士山 世界遺産

【富士山ー信仰の対象と芸術の源泉】~人々の信仰を集め、芸術のモチーフとなった霊山~

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」についてです。

富士山ー信仰の対象と芸術の源泉(2013年登録)

文化遺産として世界遺産に登録された富士山は、古くから噴火を繰り返す火山として恐れられ、また富士山に住まうとされていた神仏への信仰から多くの人々に敬われてきました。

人々は噴火をおさめるために浅間神社(せんげんじんじゃ)を建立するなど、神々に祈りをささげる一方で、湧き水をはじめ富士山がもたらす自然の恵みを享受し、長年にわたってこの火山と共生してきました。

平安時代後期になると富士山の噴火活動は沈静化し、山岳信仰や密教などとあわさった修験道の霊場として、多くの修験者を集めるようになりました。

富士山に対する信仰

富士山に対する信仰は、遠くから拝む「遥拝(ようはい)」だけでなく、御神体である富士山そのものに登ることが祈りとなる「登拝(とうはい)」が古くから行われてきた点も特徴的で、江戸時代には富士山を巡礼して登拝する「富士講」が民間信仰として広まりました。

芸術への影響

また、国内外を問わず様々な芸術作品に多大な影響を与えたことでも評価されており、19世紀には葛飾北斎の「冨嶽三十六景」歌川広重の「不二三十六景」など富士山をモチーフとした浮世絵が多く描かれました。
※浮世絵とは「無情な現世を題材にし、主要な表現手段として大量生産のできる版画形式を用いた絵画」

また、浮世絵はゴッホやモネなど印象派の画家にも影響を与え、日本の文化の象徴的存在としても広く認知されています。

『富士山ー信仰の対象と芸術の源泉』の主な構成資産

富士山域

山頂の信仰遺跡群をはじめ、大宮・村山口登山道などの登山道、北口本宮富士浅間神社、西湖や本栖湖(もとすこ)といった湖など9つの資産で構成される

富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)

富士山を浅間大神(あさまのおおかみ)として祀る浅間神社の総本宮。

徳川家康の保護を受け、現在の社殿がつくられた。

かつて道者(どうしゃ)水ごりを行った湧玉池(わくたまいけ)がある。
※道者とは「修行者」のことで、水ごりとは「冷水を浴びて身を清め、神仏の前に清浄な身となること」

御師住宅(おしじゅうたく)

宿坊を兼ねた住宅で、富士山に祈りを捧げるために登山をする人の世話をした。

御師(おし)富士山信仰の布教を行う人のことを指す。

人穴富士講遺跡(ひとあなふじこういせき)

長谷川角行(かくぎょう)が荒行を行った風穴で、入滅した場ともされる。

周辺には富士講信者が残した多くの顕彰碑や登拝回数などの記念碑が残る。

三保松原(みほのまつばら)

『万葉集』にも詠まれた、富士山を望む景勝地。

その構図は歌川広重の絵画などで海外にも広く知られている。

ICOMOS(世界遺産登録に関しての専門チーム)から除外を勧告されたが登録された。

富士山 世界遺産
最新情報をチェックしよう!