ノルウェーの首都オスロ旅行記【2/15】

はじめに

RYOです

2017年12月20日から1月10日まで、なんとカタール航空のモニター募集に合格してヨーロッパへタダで行ってきました。

» 詳しいことはこちらを↓

ヨーロッパのモニター募集にかける思いを綴る書類審査からカタール航空のお偉いさんとの面接まで全てをクリアして、あらゆる制約も了承してヨーロッパへ。

【タダで海外に行ける!?】モニター募集を勝ち抜く方法

最もつらかったことは何か、正直「1日2回、SNSに指定されたハッシュタグを付けて近況報告をアップする」ことでした。

しかしそのおかげで、全ての滞在地に僕の正直な感想が詰まっています。

今回はその感想をもとにブログを書いていきたいと思います。

» 折りたたむ

ノルウェーの首都オスロ

カタールのハマド国際空港からノルウェーのオスロ空港に着きました。

乗り換えで寄ったカタールの首都ドーハはほぼ真夏のような暑さでしたが、一転ここは北欧ノルウェー・・・

黄色のマットがくっついた異質な預け荷物が流れてきました↓(笑)

俺のバックパック、可愛い

クリスマスムード一色

空港内の本屋からしてクリスマスムードです。

まあそれもそのはず、この日は12月20日ですから。

心なしかオスロ空港内もクリスマスムードです。

なんか照明の色が前来た時と違う気がする・・・よりクリスマスっぽい雰囲気にしてる?

Lufthavn(ルフトハウン)は空港という意味って事は覚えておきましょう。

電車乗る時も結構出てくる単語です。

極夜ではないがほぼ極夜

朝8時、輝かしい太陽がそっと顔を出し、大地に日差しを与え・・・

そう、ヨーロッパの冬は朝8時でも明るくなく、夕方4時にはもう暗いです。

それが北欧なら猶更です。(ちなみに後で訪れたフィンランドのロヴァニエミでは、日照時間が3時間でした笑)

朝8時40分。

時計が無かったら信じられないレベルの暗さですね。

ノルウェー語はなんとなくわかる

でも駅構内は明るいですし、何よりクリスマスムード一色なので至る所でクリスマスソングが聞こえてきます。

Lufthavnが空港とはわかりませんでしたが、上のSentralstasjonは何かわかりますよね?

そう、"central station"です。

意外にわかる!

高品質スーパー"MENY"

MENY(メニー)はノルウェーとデンマークに計300以上の店舗を構えるスーパーマーケットである。

ノルウェーでは1992年に初めて一店舗目が開業したが、デンマークの一店舗目は2015年とめっちゃ最近。

でもデンマークでは既に119店舗もあるらしい。

一番の売りは

安さを売りにする他店とは真逆で、圧倒的に新鮮で高品質な商品を提供している。

つまり?高い!

まずは朝ごはんを買います↓(ラザニアとソーセージ一本)

スーパーマーケットなのですが、さすがノルウェー。

高い!

高過ぎひんか?

世界一物価の高い国の一つとも言われるノルウェーですもんね。

PRISも"PRICE"ですね、似てる。

当時のノルウェー・クローネ(kr)は1kr=13.6円くらいなので

この↑ソーセージ一本と小っちゃいラザニアで(19.27+44.52)×13.6≓868円です。

868円!!!!

田舎の町なら「おーちょっと食べていき」とタダでもらえて当然な量です(笑)

ノルウェーでは贅沢できません。

オスロの町は美しい

ぶらぶら~

ぶらぶら~

カタールのドーハと違い町中も空気がとても綺麗です。

クリスマスマーケットの屋台が並んでいます。

メリークリスマス

CLOSED

ヨーロッパでは絶対に寄るアウトドア用品店へ。

おれのかばんより大きなカバン↑、滅多に見たことないけどおった↑

正面から見るとわかりにくいですが、明らかに格が違うって感じです。

これ買おうかめっちゃ迷いました。

お、アメリカのコロラド州デンバーでも見たことのあるライフルの展示。

ノルウェーも銃社会なのでしょうか?

やはり北欧は美男美女が多い

↓当時のメモ

「北欧美人」なんて言葉がありますが、今回はめっちゃ実感しました!

【女性の一番の魅力は結局やっぱり髪】説を唱える僕からすれば、金髪ロング、which is ツヤがありサラサラで背中の半分くらいまでの長さで中には銀髪の混じった薄い金髪の人や、完全にナチュラルな銀髪の女の子、赤い髪の人までいたのでそーゆー意味ではまさに天国❤️
※イケメンもビビるほどいます

とFBでつぶやく気持ちもわかります。

町中が美男美女で埋め尽くされています。

自炊でホットドッグはあり!

実は今晩はテント泊なのでオスロを出てよー知らん町まで行って人気のない場所で寝ます。

電車も清潔。

なんとモニター募集を勝ち抜いたおまけとして「ユーレイルグローバルパス一等」という、ヨーロッパの電車乗り放題チケットを頂いたんです(笑)

んで、人に見つからない場所でテントを出して設営します。

テントの中ではホットドッグが着々とできつつあります。

美味しくなさそうですが、空腹は最高の調味料ですからね。

美味しいです(笑)

スウェーデンの首都ストックホルムへ

ブルーアワーと呼ばれる、写真家にとっては貴重な時間です。

ちなみにこれ↑、何時やと思いますか?

朝の5時?6時?

いえ、、、

朝の8時半です。

これからスウェーデンのストックホルムへ向かいます。

ぼくはこの道中で超可愛い女の子に出会い、何回か連絡するまでこぎつけました(笑)

そんなお話です↓

スウェーデンの首都ストックホルム【3/15】

ノルウェー オスロ
最新情報をチェックしよう!