NO IMAGE

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」についてです。

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(2017年登録)

九州本土から約60km離れた玄界灘の絶海に浮かぶ孤島沖ノ島と、大島および九州本土(福岡県宗像市と辺津市)に位置するその関連遺産群は、古代から現在まで発展し継承されてきた、神聖な島を崇拝する文化的伝統の顕著な物証です。

沖ノ島には、日本列島、朝鮮半島および中国大陸の諸国間の活発な交流に伴い、4世紀後半から9世紀末まで続いた、航海安全に関わる古代祭祀遺跡が残されています。

古代豪族の宗像(むなかた)氏は、沖ノ島に宿る神への信仰から、宗像三女神信仰を育みました。

宗像三女神

記紀神話(古事記と日本書紀)には、アマテラスがスサノオの剣を三つに折り、「天真名井(アマノマナイ)」ですすぎ、かみ砕いて口から吹き出すと、その息吹の霧の中から宗像三女神が生まれた、とある。

沖ノ島は三女神をまつる宗像大社の一部として、島にまつわる禁忌や遥拝の伝統とともに、今日まで神聖な存在として継承されてきました

沖ノ島

沖ノ島の周囲はおよそ4kmで、切り立った断崖に囲まれ、島内には太古の自然が残されています。

見るものを圧倒する巨大な古来人々はこの岩に神が宿ると考え祈りを捧げてきました。

古来の人々はこの島を道標として海を行き来し、やがて島そのものを信仰するようになりました。

日本が大陸から文化や制度を取り入れながら国や社会を築いていった時代に、航海の安全や対外交流の成就を祈り、沖ノ島で神をまつる大規模な祭祀が始まりました。

4種類の祭祀

祭祀は四段階に移り変わっていったことが確認されています。

(写真はイメージです)

天を見渡す巨大な岩、このような巨大な岩から沖ノ島の祭祀は始まりました。

岩の上で行われる祭祀形態を、岩上祭祀(21号遺跡)と呼びます。

やがて岩の上から岩の下で行われる、岩陰祭祀(7号・8号遺跡)へと移り変わります。

その後祭祀は岩の陰だけでなく、岩陰の外にまで広がって行われるようになり、半岩陰・半露天祭祀(5号遺跡)と呼ばれています。

そして最終的に祭祀の場所は、岩場を離れ平坦な場所での露天祭祀(1号遺跡)が行われるようになりました。

このように沖ノ島には古代祭祀の移り変わりを見ることができます。

これらの遺跡からはおよそ80,000点もの宝物が出土し、それらは全て国宝に指定されています。

宝物の中には朝鮮半島や中国大陸、果てはシルクロードから伝えられたものも少なくなく、これから沖ノ島は「海の正倉院」とも呼ばれています。

沖ノ島の禁忌

沖ノ島は、島の全域が神域のため神職以外は立ち入ることができず、一木一草一石たりとも持ち出してはいけません。

その結果、祭祀遺跡が1,000年以上もの間守られてきました。

巨大な岩の間に建てられた社殿(沖津宮社殿)では、今も絶えることなく祈りを捧げる儀式、祭祀が続けられています。

沖ノ島の禁忌として

  • 上陸前には全裸で禊をしなければならない
  • 一木一草一石たりとも持ち出してはならない
  • 女人禁制
  • 見聞きしたことを口外してはならない
  • 4本足の動物を食べてはいけない

などがあります。

大島

飛鳥時代も7世紀後半になると、沖ノ島を望む大島の山頂で沖ノ島と同様の祭祀が行われるようになりました。

それが御嶽山祭祀遺跡です。やがて御嶽山の麓には、中津宮社殿も建てられました。

また、禁忌により上陸が禁じられている沖ノ島を遥か遠くから拝むために、大島の北側には沖津宮遥拝所が建てられました。

九州本土

やがて7世紀後半では九州本土でも入り江に面した場所で、沖ノ島と同様の祭祀が行われるようになりました。

それが下高宮祭祀遺跡で、その麓には辺津宮の境内が広がっています。

宗像三女神

日本最古の歴史書、日本書紀にも「沖津宮」「中津宮」「辺津宮」という3つの宮で、宗像三女神を祀ると記されています。

沖津宮 田心姫命(たごりひめのかみ)

中津宮 湍津姫神(たにつひめのかみ)

辺津宮 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

宗像三女伸は天照大御神の御子神であり、古事記や日本書紀にも登場します。

宗像大社と宗像氏

3つの宮と遥拝所で構成される宗像大社は、古代から現代に至るまで1,000年以上の間信仰の場として受け継がれています。

このような沖ノ島への信仰の伝統を築いたのは、航海術に長け大陸との交流に活躍した古代の豪族宗像(むなかた)氏です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!