⑪第三分野の保険について 【FP三級合格への道】

はじめまして、RYOです。

ブログ アイコン
筆者
最近FPと簿記の勉強を始めた28歳会社員です

社会人になってはや6年、今まで漠然と、

給与明細の手取り給料だけをチラッと確認→すぐにシュレッダーでバリバリ…

を繰り返してきました。

しかし、「ふるさと納税」や「投資」、「ブログの副収入」など徐々に給料以外にも税金の計算などをしなければならない事態になりました。

» 続きを読む

そんな中、iDeCoや積立NISAなども始めるうちに徐々にマネーリテラシーの重要さに気付き、ようやく

ブログ アイコン
筆者
お金の知識を向上させないと、これから生きていくうえで不便過ぎる…

と感じ、ずっと工学部の理系科目一本だったぼくが遂に、マネーリテラシーUPに向けて動き出したのです(笑)

所得税の計算や年金の問題など、勉強し出したらめちゃくちゃ面白くてドハマり中ですヾ(≧▽≦)ノ
と言うか、義務教育で教えとけや、日本の教育ごらぁ(; ・`д・´)という気持ちです。

まずはFP3級取得を目指してこれから頑張っていこうと思います。

女の子 イラスト
わたしテキスト持ってないんだけど…

という方も安心してください!

テキストが無くてもこちらのブログの内容だけでなるべく試験に受かるレベルまでご説明できるよう努力します。

素人だからこそ説明できるポイントなどがあると思うので、是非とも同じような境遇の方は一緒に頑張っていきましょう!!!

» 折りたたむ

と、長々と言ってきましたが、今回はFP3級の基礎【第三分野の保険】について紹介していきたいと思います。

今回の論点は以下の3点です↓

・第三分野の保険とは

・医療保険と医療特約

・生前給付保険

では始めます(”◇”)ゞ

第三分野の保険とは

さて、前回まで生命保険と損害保険についてやってきましたが、今回は第三分野の保険です。

保険は大きく生命保険と損害保険に分けられますが、人の病気やケガなどに対して保険金が支払われる保険は、生命保険&損害保険のどちらか一方に分類しにくい分野なんです。

そこで、

生命保険:第一分野

損害保険:第二分野

生命保険と損害保険の間に位置する保険:第三分野

と総称されるのです。

第三分野の保険には、医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険など様々な種類があります。

医療保険と医療特約

病気やケガに備える医療保険を準備する方法には、医療保険と医療特約とがあります。

筆者 イラスト
筆者
主契約と特約の関係性、もうさすがに覚えてますよね?

そう、医療保険は単独で契約できるもの(保険)ですが、医療特約は主契約である他の生命保険に付加するものなんです。

はい、この項は終わりです(笑)

生前給付保険

生前に保険金を受け取れるものを生前給付保険と呼び、次のようなものがあります↓

㋐リビング・ニーズ特約

㋑特定疾病保障保険

ではそれぞれ説明します↓

リビング・ニーズ特約

リビング・ニーズ特約とは、

病気やケガの種類にかかわらず、被保険者の余命が6カ月以内と診断された場合に、死亡保険金を生前に前払いする特約

です。

付加するための保険料は不要です!

特定疾病保障保険

特定疾病保障保険とは、

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態になったときに、生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われる保険

です。

特定疾病保険金を受け取った時点で、契約は消滅しますが、特定疾病保険金を受け取ることなく死亡した時は死亡保険金が受け取れます。

おわりに

さて、第11回目が終わりました(”◇”)ゞ

第三分野の保険の説明は一瞬でしたね(笑)

筆者 イラスト
筆者

ほんとに何度も言って恐縮ですが、

保険屋のセールストークを真に受けて高い無意味な保険を契約する前に、本当にその保険が必要かどうかを考えましょうね。

ウソは言ってないけど、客を不安にさせるためのとても偏った意見を出してくる、ってのは超あるあるです。

彼らも商売ですから、あなたの人生よりも自分たちの利益を第一に考えて行動しています。

さて、次は「保険と税金」に関する勉強をしていきたいと思います!

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございました~。

最新情報をチェックしよう!