ロマネスク建築

超わかりやすい!【ルネサンス建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

はじめに

RYOです

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回はルネサンス建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築の歴史~美と空間の系譜~」

↓こちらを前提に話を進めますので、まずはこちらを読んでください↓

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

記事中の線の色について↓

 超重要なワードは赤線

重要なワードは緑線

・一般的な強調は
文の場合:黄色線
単語の場合:太字

で表しています。

※「オーダー」や「エンタブラチュア」、「ペディメント」と聞いてサッパリわからない人は、以下の記事を先に読んで頂いた方が理解しやすいと思います。

超わかりやすい!【ギリシャ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

超わかりやすい!【ローマ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

では始めます。

ルネサンス建築

まずルネサンス建築の概要を説明します。

ルネサンス建築は、15~16世紀に古代ローマ建築を模範としてイタリアで発祥しヨーロッパ全土に普及した均衡や形態美を追求した建築様式

です。

ルネサンス建築では、約1,000年前に滅亡した古代ローマ時代のローマ建築の造形法を再発見しようとし、建築の本質は哲学と数学にあるとみなされて「比例」の概念をローマ時代よりいっそう精緻に理論化しました。

ギリシア建築編、ローマ建築編を読んでいない方は「オーダー」とか「イオニア式」とか「エンタブラチュア」というワードでパニックになると思うので先にそちらをご覧ください。

ある程度これらを読んで頂いている前提で話を進める部分もありますので悪しからず。

ルネサンスの意味と背景

ルネサンスとは「再生」を意味するフランス語で、もともとは古代文芸の復興を指しましたが、その本来の目的は「人間の価値の再発見」でした。

中世の人々は教会の権威に護られた狭い宗教的世界のなかに安心を見出していました。つまり「信じる者は救われる」というキリスト教の教えですよね。

中世ヨーロッパの概念

とりあえず教皇様の言うことに従って、とりあえず教会でのミサにも真面目に出席していれば、多少面倒で理不尽なルールはあるけど、とりあえずは一生安泰一生安心。

しかし中世末期になると、そういうキリスト教会のピラミッド構造を「束縛」と考え始める人々が現れ始めました。

彼らは人間が教会の庇護下に入る以前の、つまり「人間が自由に感情や思想を表現できていた古代」への回帰を強く望みました(そんな時代があったかは不明ですが)

キリスト教徒「キリスト教って結構ピラミッド社会だよねー。毎日曜日、教会に行かないと「信徒失格」とか言われるし。こっちも毎日色々と忙しいからキリスト教会が決めたルールを100%守るってのも難しいよな・・・」

このような一群の人々が初めて現れたのは、古代ローマの伝統が(1,000年経っても)完全に途絶えることなく存続していたイタリアの、なかでも商人が力をもち自由闊達な雰囲気が溢れていた都市フィレンツェにおいてでした。

ルネサンス建築の課題

この時代、古典建築を模範とするなかで最も重要視されたのがオーダーでした。

いわゆる「柱」と「梁」の建築ですよね。

オーダーは美の根源として神聖視されていました。

ルネサンス建築の課題は、ローマ建築の造形法を再発見し、それを都市の新しい実力者たちの邸宅であるパラッツォ(邸館)や郊外のヴィラ(別荘)、または新たに意味づけし直された教会堂などに適用することでした。

「なぜルネサンス期の人々はギリシャ建築の造形法を再発見しようとしなかったのか?ローマ建築よりもギリシャ建築の方が古いのに!」と思った方、鋭いですね!
実はこの時代、ローマ建築以前のギリシャ建築なんて誰も知らなかったんです。古典建築=ローマ建築と考えられていた時代なんです。

先ほど紹介した古典建築の記事(ギリシア建築とローマ建築)の内容を理解している人にとっては、ルネサンス建築はそんなに難しくありませんよ。

ルネサンス建築の時期による分類

ルネサンス建築と一口に言っても、実際には(本書では)大きく以下の4つに分けられています。

・初期ルネサンス建築

・中期ルネサンス建築

・盛期ルネサンス建築

・後期ルネサンス建築(マニエリスム)

それぞれの概要を説明しますと、

・初期ルネサンス建築

→基本中の基本、オーダーの大原則を外した完全なオリジナル

・中期ルネサンス建築

→古典建築に敬意を払いながらも、自分たち独自の新たな建築様式を模索している途中

・盛期ルネサンス建築

→オーダーの大原則である円柱を用いずに、古典系建築風を非常に醸し出した傑作

・後期ルネサンス建築(マニエリスム)

→オーダーを分解・融解する過激な傾向が現れる

では一つずつ見ていきましょう。

初期ルネサンス

まず、最初のルネサンス建築はブルネレスキによるフィレンツェの「捨子養育院(spedale degli innocenti)」 (1421~1445)とされています。

捨子養育院(spedale degli innocenti)

ルネサンス最初期の特徴↓として、円柱が支える半円アーチとその上に載るエンタブラチュアの組み合わせが挙げられます。

例えば柱の一本を例にとってみましょう↓

まず柱礎(ベース)、円柱、コリント式柱頭、アーチ、エンタブラチュア・・・と、今まで見たことのないヤバい組み合わせになっていますね。

オーダーの大原則、覚えてますか?

柱の上に梁、です。なのにこれは柱の上にアーチです。無茶苦茶です。

この建物は広場に面した下階をアーケードとし、上階を平滑な壁面とするファサード(建物正面)構成が特徴です。

ちなみに

Q. このオーダーの種類はどれでしょうか?

A. 柱頭の下部にアカンサスの模様と上部に渦巻きがあるのでコンポジット式です。

※厳密に言えば柱の表面に浮き彫りが無いので「コンポジット式」から溝彫りを無くしたローマ人のオリジナルバージョンです。

円柱と半円アーチによるアーケードは、古代末(ローマ建築以降)から中世初期(ロマネスク建築頃)にかけてよく用いられた形式ですが、特にフィレンツェを中心としたトスカナ地方ではこの伝統が強く残り、ロマネスク建築の全期間を通じて用いられ続けました。

ロマネスク建築では円柱ではなくピアを↓

ゴシック建築では半円アーチではなく尖頭アーチを↓

用いていました。

つまり捨子養育院のアーケードは、この地方のロマネスク建築の伝統を受け継いでいると言われます。

ロマネスクにもゴシックにもない革新

しかし捨子養育院のファサード(建物正面)にはロマネスクにもゴシックにも無い革新があります。

それが「コリント式の円柱、下階と上階を分けるエンタブラチュア、四角い枠付きの窓、その上に載るペディメント」です。

» エンタブラチュアとかペディメント、わからない人にちょっと説明します

簡単に説明します。くどいですけど、単純接触効果で徐々に覚えてきます。

エンタブラチュアとは円柱の上に載っている梁(はり)のことで、上階と下階を分けるものです。

ギリシア建築の場合↓、この円柱の上に載っている横に長い石の柱です。

ローマ建築にもエンタブラチュアは存在します↓

(パンテオン内部)

凱旋門にもエンタブラチュアがあります(この↓緑色はエンタブラチュアの一部だけを示しています)

ギリシャ建築でもローマ建築でもオーダーと言えば、円柱とエンタブラチュアが必ずセットで使われていました。

そしてペディメントとは、屋根の近くにあったり、入口や窓などの開口部の上にあったりする三角形の壁面です。

パンテオンの神殿正面にあるドデカイ三角形、こいつがペディメントです。

窓の上にあるコイツも小規模なペディメントです。

» 折りたたむ

捨子養育院のファサード(建物正面)に戻ります↓

確かに下階には円柱の上にエンタブラチュアが走り、その上の壁面に窓がありペディメントが載っています。

しかし円柱と円柱が支えるエンタブラチュアの一連のセットがオーダーなので、円柱の上にアーチを架けてその上にエンタブラチュアを載せるのはオーダーとは呼べません。

つまり初期ルネサンスは古典建築の基本中の基本「オーダー」の原則から外れているのです。

これが最初のルネサンス建築です。

オリジナリティを出そうとし過ぎて、大原則を破ってしまった哀れな建築様式です。。。

中期ルネサンス

初期ルネサンスが完成した頃に、新たなルネサンス建築が作られ始めました。

それがアルベルティによるパラッツォ・メディチ(1444~1459)とパラッツォ・ルチェルラーイ(1446~1451)です。

パラッツォ・メディチ(1444~1459)

パラッツォ・メディチではルスティカ(粗石積み)が全面的に採用されていますが、オーダーそのものはまだ使用されていません。

え、円柱は(。´・ω・)?

そもそもオーダーの大原則、円柱が無いから古典系建築とは言えませんね。

窓とかは結構統一的に配置されてるし、何となく調和を大事にしている感はあるけどまだまだです。

パラッツォ・ルチェルラーイ(1446~1451)

三階建てのパラッツォ・ルチェルラーイ↑になると、円柱の代わりにピラスターもあってエンタブラチュアもあって、窓の配置などはオーダーの原理に従って決められているのがわかります。

このパラッツォ・ルチェルラーイ、実はコロッセオの立面を適用しているのです。

どういうことかと言うと、一階のピラスターはドリス式、二階のピラスターはイオニア式、三階のピラスターはコリント式なんです。

なのでパラッツォ・ルチェルラーイはローマ建築のより深い理解を示しています。

ローマ建築に敬意を払っている感は伝わりますが、まだ古典系建築と呼べるほどではありませんね

まあ今は「古典建築に敬意を払いながらも、自分たちで考え出した新たな建築様式を模索している中」ですから仕方ないのかもしれません。

盛期ルネサンス

ルネサンス建築の完成と目される作品に記念礼拝堂テンピエット(1502~1510)があります。

テンピエット(1502~1510)

このテンピエットは盛期ルネサンスの厳格な古典主義的性格をよく表している(そうです)。

古代ローマのドリス式円形神殿をモチーフとしていますが、

ドームを架けたケラ(神室)をエンタブラチュアの上方に大きく突出させる発想は独創的で、(ロンドンのセントポール大聖堂やパリのパンテオンなど)後の古典主義建築に大きな影響を与えました。

つまり「ドームを上に高くしたのが独創的だ」という事なんです。

確かに明らかに違いますね。

表面の溝彫りは確認できませんが、ドリス式ですね。

またもう一つ、盛期ルネサンスの代表作として有名なのがパラッツォ・ファルネーゼ(1530~1546)です。

パラッツォ・ファルネーゼ

ここでは、平滑な壁面に並ぶエディキュラ形の窓の彫塑的な扱いが、三層構成のファサード(建物正面)に強い古典的性格を与えています。

規則正しい配列=古典的なのです。

エディキュラとは「小祠」と訳され、いわゆる「祠(ほこら)」のことです(ローマ建築編で記述済み)

(この部分↑をエディキュラと呼びます)

↑パラッツォ・ファルネーゼ正面の、エディキュラ形の窓の規則的な配置が古典的性格を強めています。

また二階部分のペディメントは三角形と弓形を交互に載せています。

特に主要階(ピアノ・ノビレ)をなす第二層は、エディキュラの円柱をペデスタルに載せ、このペデスタルと窓台のつくる水平帯の構成をコロッセオに忠実に倣うなど、古典的格式の高さを示しています。

では盛期ルネサンス建築のおさらいをします。

・もはやオーダーの大原則、円柱が無い。

※エディキュラの小円柱は別

・しかし何となく古典的な要素で溢れている。

これがTHE ルネサンス建築なのです。

マニエリスムと後期ルネサンス

こうしてローマ建築の復興と古典的調和が完璧に実現されてしまうと、ルネサンス建築は普遍的な目標を失いますよね?

ルネサンス期の建築家たち「ルネサンス建築が完成した今。おらたち、これからどうすればいいだべさ(´・ω・`)?」

建築家はそのような状況の中で自らの独自性を示す芸術の方向を探らなければなりませんでした。

こうして古典的正統から離れてオーダーの新しい適用を模索し始め、(オーダーのもつ本来的意味の了解を前提としたうえで)オーダー本来の意味や文法を分解・融解してしまう過激な傾向が現れました。

後期ルネサンスに現れたこのような傾向をマニエリスムと言います。

その一つに大オーダーの発明があります。

大オーダー

ローマのカンピドリオの丘に建てられたパラッツォ・デル・セナトーレ(1592~)は三階建ての建物ですが、一階をルスティカ(粗石積み)仕上げでその上に主要階(ピアノ・ノビレ)と最上階を載せています。

しかしピアノ・ノビレと最上階を分かつ水平の要素(エンタブラチュア)はなく、その代わりに二階分の高さをもつオーダー(大オーダー)が全体を統一しています。

大オーダーの並びがつくる威風堂々たる外観は、ファサード(建物正面)を小割りにするこれまでのオーダーの適用法からは生まれ得なかった、全く新しい建築表現ですよね。

何はともあれ、まずは過去のギリシャ建築とローマ建築のオーダーの適用法を見てみましょう↓

高さこそあれど、結局は一階分の高さのオーダーなんです。

それに比べて先ほどの大オーダーは、二階分の高さをカバーしたオーダーなんです。違いは明白です。

また、この広場の両側面に配置されるパラッツォ・ディ・コンセルヴァトーリ(1564~)もカピトリーノ美術館(1644~)も、正面の建物と同様にコリント式の大オーダーによってファサード全体の輪郭が決定されています。

※便宜上、大オーダーと比して「小オーダー」と書きましたが、まあ普通のオーダーです。

また大オーダーとイオニア式のオーダーの大小二種類のオーダーを一つの建物に組み合わせて用いる方法はミケランジェロの独創性から生まれたものです。

パラディアン・モチーフ

また、ちょっとわかりにくいですがアーチを受けるピアの部分を二対の小円柱に置き換える新たなモチーフを、建築家パラディオにちなんでパラディアン・モチーフと言います↓

※大オーダーは使われていません

オーダーの分解

それではマニエリスムの時代に行われた「オーダーの分解」について解説します。

ロレンツォ図書館

こちら↓はミケランジェロのロレンツォ図書館(1521~1534)前室ですが、内部は矛盾に満ちています。

・二本ずつ対になった円柱は壁の中に押し込められ、部分的に後退したエンタブラチュアを受けています。

→円柱を付ける意味がない

・円柱の下に付けられた持ち送り(壁から突出した柱や床を支えるもの)には厚みが無く、支えるべき円柱は壁の中にある。

→持ち送りを付ける意味がない

・円柱の間にあるエディキュラの内部は盲窓(めくらまど)となって虚ろ

→盲窓なので窓を付ける意味がない

なんでこんな部屋作ったの(。´・ω・)?

と言いたくなるような意味のないオーダーたちでした。

パラッツォ・デル・テ

ジュリオ・ロマーノのパラッツォ・デル・テ(1526~)も不思議な建物です。

まず、ドリス式オーダーとルスティカの壁面が完全に融合しています。壁に半分埋め込まれた半円柱とかはローマ建築にもあったけど、ルスティカ壁面に埋め込まれています。

パラッツォ・ルチェルラーイ↓ではルスティカの面とオーダーとの区分は明瞭でしたよね?

しかし、入り口↓のペディメントはルスティカに侵食されて風化しかかっています。

盲窓の上のペディメントにいたっては、コーニスが消失し水平アーチの放射状迫石の上に貼りついているだけです。

しかもそのペディメントは頂点で左右に分解されています。

しかもエンタブラチュアの石は、ペディメントの真上に落ちかかっていいます。

まるで土の中から現れた古代の廃墟、遠い過去の記憶の断片のような趣を漂わせた建築です。

(ロレンツォ図書館のような)ミケランジェロの作品は、深い精神性からくるきわめて高度な芸術表現もちますが、あまりに深刻で衝撃力が強すぎたためか、後にこれに倣う作品は現れませんでした。

一方ルスティカを多用するジュリオ・ロマーノの作品は機知に富んでいて受け入れられやすく、後の建築に大きな影響を与えました。

ドーム形の天井と屋根

ルネサンス期の大きな特徴の一つにドーム形の屋根が挙げられます。

え?(゜.゜)

と思った方、そうなんです。ルネサンス建築までは、ドームは天井として用いられてきました。

天井とは中からの視点。屋根とは外からの視点。

例えばローマ建築の粋を集めたパンテオン

これは屋根自体にはあまり力を注いでいません。

中からの表現が主でした。

しかしルネサンス期に入ると外からの視点に注目してデザインをしました。

屋根の表現が初めて現れたのが、1436年に完成したルネサンス建築のサンタ・マリア・デル・フィオーレでした。

このドームは紡錘形の輪郭をくっきりと浮かび上がらせる外観で、これ以降、ドームは「天井」の表現としてだけでなく、上空にそびえる「屋根」の表現としてヨーロッパ各地に建てられるようになりました。

ルネサンス教会堂のファサード

先程からずっと述べている通り、ルネサンス建築では内部の構造より外部のファサードを重視してきました。

つまりルネサンス建築およびこれ以降の古典系建築では、教会堂のファサード(建物正面)にいかにオーダーを適用するかが大きなテーマでした。

例えばこちらのサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂(1448~)では、S字曲線をもつ斜めの壁で凸形の上部と下部を結合しています。

この方法は、凸形のファサードの上段と下段にそれぞれオーダーを適用したとき、上下に分離しがちなファサードを一体化する非常に有効な方法でした。

そのため、ローマのイル・ジェズ聖堂を通じてヨーロッパ中に広まりました。

その他にもマントヴァのサンタンドレア聖堂(1472~)↓

ヴェネツィアのイル・レデントーレ聖堂(1577~)↓

マントヴァのサン・セバスティアーノ聖堂(1459~)↓

などがあります

おわりに

復活した古典系建築、ルネサンス様式でした。

結構色んなオリジナリティを発明しながら、過去のギリシア建築やローマ建築とは全く違う作品なのは間違いないと思います。

正直、思っていたよりも古典系感が無かったなと思いましたが、実際に現地に訪れて自分の眼で細部を見ながら楽しみたいです。

ロマネスク建築
最新情報をチェックしよう!