超わかりやすい!【ロマネスク建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

はじめに

RYOです

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回はロマネスク建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築の歴史~美と空間の系譜~」

↓こちらを前提に話を進めますので、まずはこちらを読んでください↓

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

記事中の線の色について↓

 超重要なワードは赤線

重要なワードは緑線

一般的な強調は
文の場合:黄色線
単語の場合:太字

で表しています。

では始めます。

ロマネスク建築

ロマネスク建築

まずはロマネスク建築の概要を説明します。

ロマネスク建築は、ローマ帝国滅亡後にヨーロッパに国家を乱立したゲルマン人が、キリスト教の普及と共におよそ600年の年月をかけて創造した建築様式

です。

ゲルマン人とキリスト教

ローマ建築衰退以降、ロマネスク建築成立までは長い時間(およそ600年)かかります。その間の歴史的な出来事を2点説明します。

それがゲルマン人大移動キリスト教の普及でした。

※ここからは世界の歴史まっぷさんの写真を借りて説明していきます。

ゲルマン人大移動

まず、紀元前2世紀の写真ですが↓ローマ帝国は現在のヨーロッパや北アフリカを支配していた超強大広大な帝国でした。

(写真左上の紫がローマ帝国)

ゲルマン人は長い間、ローマ帝国の外の領域(地図で言うとローマ帝国の東側)に住んでいた民族でローマ帝国とは直接関係はありませんでした。

ゲルマン人は(本書曰く)文字をもたず、都市を知らず、自然を崇拝し、厳しい自然環境のなかで素朴な生活を営んでいた民族らしいです。

しかし、4~6世紀にかけてロシアの方面からフン族という強敵がゲルマン人を襲い、

ゲルマン人達は押し出されるように、フン族から逃げてローマ帝国になだれ込みました、しかも200年間も!

これをゲルマン人大移動と呼びます。

これによってローマ帝国は大混乱し、帝国を維持しきれずに東西に分裂↓しました。

その後ゲルマン人達が多くなだれ込んだ西ローマ帝国は分裂からわずか80年後に滅びました。

(※ゲルマン人大移動の影響が少なかった東ローマ帝国は、分裂から1,000年以上繁栄しました。)

滅亡した西ローマ帝国跡地で、ヨーロッパで次第に力を得たゲルマン人たちが国家を乱立↓し始めます。

キリスト教の普及

ゲルマン人大移動の前の話ですが、ローマ帝国の時代にキリスト教はローマ帝国の国教となり、爆発的に帝国内外に広まりました。

その状態で「ゲルマン人大移動」→「ローマ帝国の東西分裂」→「西ローマ帝国滅亡」が起こり、その後ゲルマン人達が国家を乱立し始めました。(ここまでは既述)

元々ゲルマン人はキリスト教でも違う宗派(アリウス派)を信仰していたようで、アタナシウス派を信仰する国家領内の民たちとのわだかまりが大きく新たな国家が興亡を繰り返していました。

その中で唯一、領民と同じアタナシウス派に改宗したフランク王国が、その後西ヨーロッパを統一し、再びキリスト教が西ヨーロッパで落ち着きを取り戻しました。

フランク王国についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ↓↓

【図解でわかる】西ヨーロッパの原点「フランク王国建設と分裂」の話

ではここで質問です。

Q. キリスト教が爆発的に普及するのに伴って建てられる建築物は何でしょうか?

A. そう、教会堂です。

※教会=教会堂だと考えてください

4世紀にローマ帝国でキリスト教が公認されると、信者のための教会堂が各地に一斉に建てられ始めました。

ですので中世以降の建築物は全て教会堂としての機能に焦点を当てています。

ローマ帝国衰退期~ロマネスク建築完成までの期間は、木造天井と屋根をもったバシリカ式↓(これを初期キリスト教建築と呼ぶ)でしたが、ロマネスク建築では石造り天井をもった耐久性のある教会堂建設を目指しました。

ロマネスク建築

ロマネスク建築

中世建築はロマネスク建築から始まったのでしっかりめに説明しているので長いです。

古典建築の衰退と中世建築の開花

ロマネスク建築の前に完成されたギリシャ建築とローマ建築について↓

超わかりやすい!【ギリシャ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

超わかりやすい!【ローマ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

文明と触れてこなかったゲルマン人たちにとって、完成されたギリシア建築とローマ建築をそのまま受け継ぐことは不可能でした。

なので6世紀以降、建設技術はどんどん低下の一途をたどっていきました。

古典的教養のある建築家や技術に優れた職人はしだいに姿を消し、ローマ時代の石切場は生産を停止しました。

建設工事で最も労力を要する「石材の運搬」も、なるべく地元に産する比較的小さな石材を使う事で解決しました。つまり「小規模な建物しか造れない!!」という事です。

ギリシャ建築のような、大きな一本石から正確に切り出す必要のある古典的な円柱↓は望んでも得られない高嶺の花になってしまいました。

そんな中、西ヨーロッパの大部分を統一したフランク王国のカール大帝の時代に完成した建築様式がロマネスク建築です。

教会堂の二つの形式

以上のようにこの時代の人々は、キリスト教の普及とともに大聖堂や教会堂や修道院の建設に最も力を注ぎました。

※信者を統一してまとめるために教会堂などが必要だったから

キリスト教では「洗礼」や「結婚」などの儀式をミサと呼び、教会堂で行います。その教会堂の中心となる卓を「祭壇」と呼び、祭壇が教会堂の核となる最も重要な部分です。

そんな教会堂ですが、実はその形状から主に「円形/正方形/正多角形にドームが付いた集中式」と「長方形や十字形のバシリカ式」の二つに分けられます。

集中式

ロマネスク建築

(トルコの首都イスタンブールにあるハギア・ソフィア)

基本的に「集中式」は宇宙と人間の完全性を具現化したもので、礼拝堂などではよく用いられましたが、参列した大勢の信者と聖職者が祭壇を挟んで対面するミサの形態に適さなかったので教会堂の形式としては少数です。

集中式の特徴は、平面では円、正方形、正多角形が基本となり、中央部の屋根にはドームが採用されています。

こちら↓はエルサレムにある岩のドームで、イスラム教の聖地ですが、やはり集中式となっています。

ロマネスク建築

しかし主にヨーロッパのキリスト教世界では次に紹介するバシリカ式が主流でした。

バシリカ式

バシリカ式とは、ヨーロッパの教会堂に多く用いられる形式↑で東西に長い長方形の平面をもち、西側の端部に教会堂への入り口(扉口)をもつ教会堂です。

POINT

中世に建てられた教会は基本的に東西に長く、西側に玄関口があり、東側に祭壇があります。

バシリカ式の多くは上から見ると「十字架形」をしています

(シャルトル大聖堂)

キリスト教世界の中世ヨーロッパでは、祭壇に向かう長軸方向の動きを重視するミサの現実的要求に沿わない集中式の礼拝堂は流行りませんでした。

この西側の正面を特に西正面と言います。

※以降、こちら↓の図に沿って説明していきます(何度も何度も見てください)

(↑西側に玄関口があります)

【解説】身廊と側廊

バシリカ式教会堂の内部には、幅の広い中央の部分「身廊(しんろう)」とその両側にある幅の狭い部分「側廊(そくろう)」からなり、身廊と側廊は列柱で分けられています↓

身廊に面したアーケードを大アーケード↑と呼びます。

【解説】クリヤストリーとアプス

身廊は側廊よりも天井が高く、列柱の上方には壁(身廊壁)が立ち上がっています。この壁の上部にアーチ形の窓(クリヤストリー(高窓))をあけて、身廊への採光を確保しています。

(採光確保のための身廊壁上部のクリヤストリー)

身廊の東端部は通常、半円形の窪み(アプス↓)となって終わります。

初期はアプスに聖職者席を配置し、その前面に主祭壇を置きましたが、のちに聖職者席と主祭壇の位置が入れ替わりました。

アプスと主祭壇を含む東側の部分は聖職者の専用空間(内陣(ないじん))であり、一般信徒に解放される部分(外陣(げじん))と分けられています。

確かに主祭壇の奥に聖職者席があると「聖職者は神よりエライ」ともとれますもんね

(聖職者席の奥に主祭壇)

【解説】袖廊と周歩廊

内陣(ないじん)と外陣(げじん)の間に、身廊に直交して短い廊がとられることがり、この廊をトランセプト(袖廊(そでろう))と呼び外陣に含まれることが多いようです。

また、ロマネスク建築以降では巡礼者が聖堂内陣の周辺を一周できるような回廊(周歩廊(しゅうほろう))が設けられている聖堂もあります。

掲載できるフリー写真が見つからなかったので、気になる方は「周歩廊」で検索してください。


なお、(ローマ帝国での)キリスト教公認直後の教会堂では礼拝形式が定まっておらず、ローマの旧サン・ピエトロ大聖堂のように西側にアプスを、東側に入り口をとる教会堂も存在しましたが、6世紀には東側にアプスをとる配置が定式になりました。

この他にも、側廊をもたない単廊式教会堂や側廊と身廊の天井の高さがほぼ同じホール式教会堂なども存在します。

※ここでは言及していませんが、縦軸と横軸の長さが等しい+形の「ギリシア十字」はビザンツ建築(東ヨーロッパ)で用いられました。十字架形は「ラテン十字」と呼ばれます。

ギリシア十字形の教会↑、こんな感じです

古典建築との大きな違い

さて、どうしても中世建築の初っ端という事で、時代の流れなども交えて長々と話してきましたがようやくです。

古典建築と異なる中世建築の特徴について考えていきましょう。

内部空間が重要

教会堂は囲われた内部空間にこそ重要な機能と意味があるので、当然表現の主眼は内部にあります。

外部はあくまで内部の空間表現の結果として造形されるに過ぎませんでした。

この点も「外から見ていかに美しいかを究めたギリシア建築」とは大きく異なりますね。

ただし「聖なる場所」への進路を示す扉口(とびらくち=正面玄関)は中世建築でも重要視されたので、独立した外部表現として慎重に作られました。

内部空間で特に重要なのは、ミサの際に信徒が参列する身廊(しんろう)です。

特に身廊の空間限界である身廊壁(しんろうへき)がその空間の特質を決定するので、きわめて重要視された部分でした。

つまり中世建築では「外部は扉口」「内部は身廊壁」が重要視されました。

オーダーの崩壊

久しぶりに「オーダー」と聞いて

(。´・ω・)ん? オーダー?

と思いましたか?大丈夫ですか?

オーダーとはギリシアやローマなどの古典系建築の特徴の一つで、簡単に言うと「柱=梁構造」のことです。

オーダーの大原則からすると、円柱が支えなければならないのはエンタブラチュアであって、円柱がエンタブラチュアの代わりにアーチを支えるということは本来あり得ません↓↓

エンタブラチュアとは「柱の上に架した梁」のことで、「アーキトレーヴ/フリーズ/コーニス」の三層からなりますよね?覚えて…ます…か?

パンテオンを例に特別にもう一度説明します(笑)

※「オーダー」や「エンタブラチュア」、「ペディメント」と聞いてサッパリわからない人は、以下の記事を先に読んでください。

➀エンタブラチュアとは円柱の上に跨って架けられている梁のことです。

②円柱の上部には柱頭があり(この場合コリント式)、その柱頭の上にエンタブラチュアがあります。

③エンタブラチュアは「(下から)アーキトレーヴ、フリーズ、コーニス」の三層に分けられます。

④「円柱にはエンタブラチュアを載せる」これがギリシア人が究めた究極の美でした。

ローマ帝国滅亡後、このオーダーという概念が徐々に失われていきました。

それではこちらを見てください。

一瞬、コリント式オーダーが見えてローマ建築かと勘違いしますが、明らかに中世建築です。

なぜなら円柱の上にエンタブラチュアが無く、エンタブラチュアの代わりにアーチが立っているからです。

このように中世建築ではオーダーの大原則が崩れ、列柱はアーチを支えるのが一般的になっていきました。

エンタブラチュアからアーチに代わった理由

エンタブラチュアは、柱と柱の間に大きな一本石(モノリス)を架け渡して作られます。

(ギリシャ建築の最高峰、パルテノン神殿)

このような大きな石材を切り出し、運搬し、加工するには大きな労力と技術が必要でしたが当時のゲルマン人には不可能でした。

円柱もエンタブラチュアも作れない!

しかし円柱は加工されたものが帝国領内のあちこちにあり(まあギリシャ建築でもローマ建築でも使われていたので・・・)、都市の衰退によって打ちすてられた建物から取り外して(太さの多少の不ぞろいを無視すれば)複数の建物から運んできたものでも長さを切り整えるなりして高さをそろえるだけで容易に流用できました。

一方エンタブラチュアは身廊の全長に渡ってデザインが統一されていないと見栄えが悪いので、流用は円柱よりも難しかったと考えられています。

~エンタブラチュア生産終了のお知らせ~

こうしてエンタブラチュアは次第にアーチに取って代わられていきました。

壁を彫って芸術に

ローマ建築では、壁を作ってから外装としてオーダーを貼り付けました。

ローマ建築編でパンテオン↓の話はしましたが、

ローマ建築

ドームという基礎構造を作ってから、正面にギリシア建築のオーダーをそっくりそのまま貼り付けました。

しかし中世建築では壁そのものを彫刻対象として扱う方向↓に進みました。

※まあ逆に言えば、エンタブラチュアを作る技術がないので技術のいらないお手軽な芸術表現が彫刻だったとも言えます。

※このように↓壁を削り、くり抜き、盛り上げることを分節と呼びます。

壁面分節の開始とアーケード支柱の円柱からピア↓への転換は無関係では無いと考えられています。

なぜならば、この転換によって身廊壁は床から天井までが連続した一体の壁となるからです。

ロマネスク建築の特徴

という事で、ロマネスク建築の主な特徴を実物を見ながら見ていきましょう。

重厚な石積みの外観

ロマネスク建築の特徴の一つ目は「重厚な石積みの外観」↓です。

なぜ重厚な外観かと言うと、「めちゃくちゃ重い天井を支えるため」で、逆に言えば重厚な外観にならざるを得なかったとも言えます。

石って実はとんでもなく重いんですよ(笑)

ロマネスク建築家「どうやったら、あんな重い石で天井を作れるんだ!!?」

また、壁を厚くしなければならなかったので高く造れなかったとも言えます。

初期のキリスト教教会(ロマネスク建築完成以前)では木造の露出小屋組↓とするのが普通でしたが、

ロマネスク建築

(初期のキリスト教会。屋根は木造、壁は石造)

ロマネスク建築では石造天井を架ける試みが熱心に行われました。

この試みにより、教会をより「外界から隔離された建物」にしようとしたのです。

【解説】トリフォリウム(盲アーチか単純な開口)

ロマネスク建築の特徴の二つ目は「トリフォリウム」です。

トリフォリウムとは身廊に面した壁面にみられる小アーチ列のことです。

ゴシック建築ではこのトリフォリウムがアーケードとなって背後を壁内通路としますが、

ロマネスク建築では盲アーチか単純な開口のまま↓です。

(↑下から大アーケード、トリフォリウム、クリヤストリーの三層構成)

つまり「実用的には何の意味もない窪み」です。

これが光を取り入れるための窓なら「クリヤストリー」ですね(さっき出てきましたよね?笑

また後で出てきますが、側廊の二階部分をトリビューンと呼び信徒が二階から典礼を見たりできるようになっています。

例えばこれは↓

(下から大アーケード、トリビューン、クリヤストリーの三層構成)

当然、トリビューンの上にトリフォリウムがある場合は身廊立面は四層構成になりますが、ロマネスク建築ではそんな構成は滅多に見られません。

トリビューンとトリフォリウムの違い

ここまで見て頂いた方、きっとこう思うと思います。

「え、トリビューンとトリフォリウムの違いってなによ?ほぼ一緒やん!」

と。僕も、これ書いてて初めて「え?(゜.゜)」となりました。本書には以下のように説明があります。

トリフォリウム:片流れ屋根を架けた側廊の屋根裏

トリビューン:側廊を2階建てとしたときの階上廊

要するに「屋根裏とみるか2階とみるか」という違いです。

ではトリフォリウムとトリビューンの違いを「ピサ大聖堂」↓を用いて説明します。

ロマネスク建築

まず、このピサ大聖堂は4階建てとします↓(わかりやすいように2枚用意しました)

トリフォリウムの説明に出てきた「片流れ屋根」とは、片方に勾配が付いた屋根↓のことを指します。

トリフォリウムは「片流れ屋根を架けた側廊の屋根裏」なのですから、先ほど定義した3階の側廊にあたる部分になります。

という事は、通路にするには狭いですよね?屋根裏ですから。

反対にトリビューンは「側廊を2階建てとしたときの階上廊」なのですから、先ほど定義した2階の側廊にあたる部分になります。

こちらは2階ですので、当然通路にする空間がありますよね?2階ですから。

では最後にもう一度確認します。

トリフォリウムは、片流れ屋根を架けた側廊の屋根裏ですので、

これらの小アーチ列の背後には片流れ屋根が架かっており、通路にするスペースがありません。

しかしトリビューンの場合、側廊を2階建てとしたときの階上廊ですので、

トリビューンの背後には片流れ屋根がなく、恐らく上の写真の場合クリヤストリーとトリビューンの間くらいの位置に片流れ屋根が存在しているということですね。

少なくとも、トリビューンの背後には片流れ屋根はありません。

ヴォールト

ロマネスク建築の特徴の三つ目は「ヴォールト」です。

最も単純でよく行われた石造天井は半円筒形のトンネル・ヴォールトで、特にフランス中部/南部からスペインにかけて多くみられます。

(天井は単純なトンネル・ヴォールト)

そしてトンネルヴォールトに一定間隔でアーチが走っているもの(横断アーチ)もあります。

(天井はトンネル・ヴォールトに横断アーチ)

また、半円筒形を交差させてできる形状のヴォールト(交差ヴォールト)も用いられました。

下から見るとこんな感じです↓

(※実は交差ヴォールトまではローマ建築時代から存在していた)

そして12世紀初期(ゴシック建築時代)に、この交差ヴォールトの稜線にリブを付けた交差リブヴォールトが現れました。

このリブは見た目上の問題だけでなく、天井の重さを壁では無くリブが繋がる四隅の柱で支えることができるので、壁自身を高く薄くすることができ、そこにステンドグラスなどを飾りました(ゴシック建築の話)

※リブ(rib)とは英語で肋骨

ロマネスク建築

小さい窓、暗い堂内

ロマネスク建築の特徴の四つ目は「小さい窓と暗い堂内」です。

もう何度も言っていますが、基本的にロマネスク建築は石造天井を取り入れたことによってそれを支えるために壁を分厚くせざるを得ず、強度的な問題で大きな穴を開けることができませんでした。

つまり、窓が小さいので堂内にあまり光を取り入れることができません。

ロマネスク建築

先述した通り、高い塔を作ることもできませんでした。

高くすればするほど、使わなければならない石材も多く、全体的な重量がトンデモナイことになり崩壊する危険があるからです。

ロマネスク建築

ここまでのまとめ

という事で、だいぶ長くなってしまったロマネスク建築でした。

まあゴシックなど、その後の建築様式の基となった建築様式なので仕方ないと思います。

そこで最後に今回出てきた用語のおさらいをしておきたいと思います。

なるべくわかりやすい言葉に置き換えてあります

» 用語のおさらい

集中式建築上空から見て円形、正方形、正多角形の形の建物
バシリカ式建築上空から見て十字形の建物
扉口教会堂への入り口
西正面入口がある西側の正面
身廊堂内の幅の広い中央の通路
側廊堂内の幅の狭い両側の通路
大アーケード身廊に面しているアーケード
身廊壁身廊内部の立面
クリヤストリー身廊への採光を確保する窓
アプス身廊の東端部にある半円形の窪み
内陣聖職者の専用空間
外陣一般信徒に解放される空間
分節壁面を削ったり、くり抜いたり、盛り上げたりすること
ピア開口部と開口部の間に設けられる太い柱体
トリフォリウムクリヤストリーの下に位置する層
トリビューン聖堂建築内の階上廊、側廊の上にある空間
ヴォールトアーチを基本にした曲面天井の総称
トンネル・ヴォールトトンネル状のヴォールト
横断アーチヴォールトを補強するために天井を横断するアーチ
交差ヴォールト2つのトンネル・ヴォールトを直角に交差させたヴォールト
交差リブヴォールト交差ヴォールトを肋骨上の太いアーチで更に補強したもの

» 折りたたむ

おわりに

という事で、ギリシア建築→ローマ建築を経てロマネスク建築まできました。

ローマ建築からロマネスク建築へはおよそ600年の月日が経ちますが、その間にキリスト教の公認によってヨーロッパ各地に多くの教会や修道院が作られました。

なので一口にロマネスク建築と言っても、その特色はイタリアやフランスやドイツやスペインなどの各地でバラバラですし、当然ですが「画期的な様式、ロマネスク建築が完成しました!!」となったわけではありません。徐々に徐々にです。

しかし技術的な問題で「どうしても高く造れなかった」とか「大きな窓を開けることができなかった」などの要素は共通しているので、ヨーロッパに行く際は是非そういう面も楽しんで頂けたらと思います。

とりあえず次は「ゴシック建築」です("◇")ゞ

超わかりやすい!【ゴシック建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識