白神山地 世界遺産

【白神山地】~東アジアに残る最後の原生温帯林~

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「白神山地」についてです。

白神山地(1993年登録)

青森県南西部と秋田県北西部をまたぐ約1,300㎢の範囲に広がる広大な山岳地帯の総称が白神山地であり、原生林の中心地約170㎢が世界遺産に登録されています。

ブナ

白神山地には、約8,000年前に現在の姿になったとされるブナをはじめとする落葉広葉樹林が、比較的原生的な状態で残されています。

現在世界に分布するブナは、日本のイヌブナを含め11種で、日本以外ではヨーロッパや北アメリカで確認できます。

日本以外のブナは氷河期に大きく分布を変え生物多様性を減少させましたが、日本のブナは氷河に覆われることが無かったため、ブナの原生林が生み出すかつての生物多様性が保たれているという点が高く評価されています。

原生林

ブナ林は、かつて日本各地に点在していましたが、用材や薪炭材(しんたんざい)として伐採が進み、ほとんどが人工林や二次林になっています。

しかし、白神山地のブナ林は集落から遠く、地形が急峻だったことも幸いして、人々に伐採されずに済みました。

核心地域のブナ林には、今も林道や歩道、建築物が存在せず、原始性が高い状態を保っています。

またこの地域は、約200万年前の新生代第四紀初期までは一部が海域にあったが、第四紀後期に起こった急速な隆起によって山地ができ、この一帯では現在でも年間約1.3mmという日本列島の中でも極めて速い速度で隆起が続いています。

崩れやすい地層であるうえに、日本有数の多雪地帯であるため、大量の水分が流れ込むことで地滑りが起こりやすくなり、数多くの河川や谷が白神山地一帯に誕生し、何万年もの間、隆起と崩落を繰り返して独特の地形を形成してきました。

隆起から地滑り、山地崩落という連鎖によって、雪や雨がもたらす水分を地層に溜めつつ、河川によって海に戻すという水分の循環作用が機能しています。

生物多様性

ブナ以外にも、固有種アオモリマンテマをはじめ約500種の植物が存在し、特に希少な108種の植物は「保護すべき動物」として採取や損傷が禁じられています。

また、特別天然記念物ニホンカモシカやツキノワグマなど14種の哺乳類、さらに絶滅危惧種クマゲライヌワシなど84種の鳥類が生息しています。

連絡会議

この貴重な自然を守っていくため、環境省林野庁、青森県及び秋田県といった団体が「白神山地世界遺産地域連絡会議」を1995年に設置し、白神山地の環境保全を主導する団体が、密な連絡を取り合う体制ができました。

また2010年より、地元市町村もオブザーバーとして連絡会議に参加しています。

白神山地 世界遺産
最新情報をチェックしよう!