知床半島 世界遺産

【知床】~海と陸が育む複合生態系~

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「知床」についてです。

知床(2005年登録)

北海道北東端にある『知床』は、長さ約70km、基部の横幅約25kmの細長い半島で、半島の中央を高さ1,200~1,600mの知床連山が貫きますが、この山々を挟んでオホーツク海に面したウトロ側と、根室海峡に面した羅臼側では、気候や地形が大きく異なります。

この地図をもう少し詳しく見てみましょう

こんな感じです

主要産業

この気候の違いが住民の生活にも影響を与え、ウトロ側は農業と観光業が主要産業になっており、羅臼側は漁業が主要産業となっています。

植生

植生は多彩で、ミズナラなどの冷温帯性落葉広葉樹林と、エゾマツなどの亜寒帯性常緑針葉樹林、そして両者の混交林が分布します。

さらに湖沼や湿原、滝など、自然環境は変化に富みます。

流氷と食物連鎖

北緯約44度に位置する知床は、地球上の最も低い緯度で海氷が結氷する季節海氷域にあたり、オホーツク海にアムール川から淡水が流れ込むことで形成される塩分の薄い層は、シベリアからの寒気によって結氷し、流氷として知床沿岸に接岸します。

豊富な栄養塩を含むこの海氷は春になると融解し、大量の植物プランクトンを供給し、それに伴い植物プランクトンを餌とする動物プランクトン、さらに小魚、甲殻類や貝類が繁殖するといった、一連の食物連鎖が生まれます。

海から始まるこの食物連鎖は、トドやアザラシといった海生哺乳類はもちろん、河川を遡上するサケやマスを捕食するヒグマにキタキツネなどの陸生哺乳類も含んだ、海と陸が連続する知床の特異な生態系を育んでいます。

さらに知床には絶滅危惧種のシマフクロウやオジロワシが生息し、天然記念物のオオワシの越冬地であり、ヒグマの生息密度は世界で最も高いのです。

登録基準(ⅹ)

こうした生物多様性の豊かさから、日本の自然遺産では唯一、登録基準(ⅹ)を認められています。

登録基準(ⅹ)とは、

絶滅危惧種の生息域で、生物多様性を示す遺産

となっており、もう少し詳しく説明すると

絶滅の恐れのある、学術上・保全上顕著な普遍的価値をもつ野生種の生息域を含む、生物多様性の保全のために最も重要かつ代表的な自然生息域

とあります。

しれとこ100㎡運動

知床では豊かな生態系を保護するため、イギリスのナショナル・トラストを手本にし、市民の寄付で土地を買い取る「しれとこ100㎡運動」が行われ、その後1997年からは原生の森へ復元する「100㎡運動の森・トラスト」に発展しました。

エコツーリズム

有名な観光名所の多くは世界遺産に登録されており、世界遺産と観光は切り離すことができませんよね?

世界遺産登録されると、世界中から人々が訪れユネスコ憲章の謳う「相互理解」「多文化理解」が促進されます。

しかしその反面、観光客が訪れることによって文化遺産なら地元の人々の生活文化や信仰形態が乱されますし、自然遺産なら外来種やゴミやトイレの問題から手つかずの自然を破壊します。

こうした問題にはエコツーリズムという考え方が重要です。

エコツーリズム

地域ぐるみで自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていくことを目指していく仕組み

環境保護と観光を両立するために「知床エコツーリズム推進協議会」を設置し、エコツーリズムに力を入れています。

知床は世界遺産登録の際に、海域の保全管理の徹底と、観光と自然保護の両立などが求められ、そこで「知床世界自然遺産地域科学委員会」を立ち上げ、エコツーリズムの活用などを含む科学的調査に基づく保全管理を実践しており、その活動が高く評価されています。

知床半島 世界遺産
最新情報をチェックしよう!