⑮株式投資について 【FP三級合格への道】

はじめまして、RYOです。

ブログ アイコン
筆者
最近FPと簿記の勉強を始めた28歳会社員です

社会人になってはや6年、今まで漠然と、

給与明細の手取り給料だけをチラッと確認→すぐにシュレッダーでバリバリ…

を繰り返してきました。

しかし、「ふるさと納税」や「投資」、「ブログの副収入」など徐々に給料以外にも税金の計算などをしなければならない事態になりました。

» 続きを読む

そんな中、iDeCoや積立NISAなども始めるうちに徐々にマネーリテラシーの重要さに気付き、ようやく

ブログ アイコン
筆者
お金の知識を向上させないと、これから生きていくうえで不便過ぎる…

と感じ、ずっと工学部の理系科目一本だったぼくが遂に、マネーリテラシーUPに向けて動き出したのです(笑)

所得税の計算や年金の問題など、勉強し出したらめちゃくちゃ面白くてドハマり中ですヾ(≧▽≦)ノ
と言うか、義務教育で教えとけや、日本の教育ごらぁ(; ・`д・´)という気持ちです。

まずはFP3級取得を目指してこれから頑張っていこうと思います。

女の子 イラスト
わたしテキスト持ってないんだけど…

という方も安心してください!

テキストが無くてもこちらのブログの内容だけでなるべく試験に受かるレベルまでご説明できるよう努力します。

素人だからこそ説明できるポイントなどがあると思うので、是非とも同じような境遇の方は一緒に頑張っていきましょう!!!

» 折りたたむ

と、長々と言ってきましたが、今回はFP3級の基礎【株式投資】について紹介していきたいと思います。

今回の論点は以下の3点です↓

・株式投資の実務手続き

・代表的な株価指数

・株式の投資指標

では始めます(”◇”)ゞ

株式投資の実務手続き

株式の売買の注文をする場合には、次の内容を証券会社に指示します↓

・銘柄名(会社名)

・売り、買いの区別

・株数

・値段

・指値注文または成行注文

筆者 イラスト
筆者

もう今の時代、個人投資家なのにネット証券以外で株式投資してる人は、マネーリテラシーの無さを痛感してください。

窓口の人の人件費はあなたが支払う手数料から出てるんですよーーーー!!!!!

昔は、証券会社に電話してイチイチ板情報を聞いたり、売り買いの指示をしていたようですが、今の時代はそんなの必要ありません。

手数料が圧倒的に安いネット証券一択です!!!

指値注文(さしね)

指値注文とは、売買の値段を指定して注文する方法です。

女の子 イラスト
読者

10,000円になったら買う!

50,000円になったら売る!

って感じです。

成行注文(なりゆき)

成行注文とは、売買の値段を指定せずに注文する方法です。

男の子 イラスト
読者

とりあえず今すぐ売りたい!

何円でも構わん、今すぐ買え!!

って感じです。


株式投資では、銘柄ごとに売買の最低単位である単元株数が決められています。

1株単位で取引できるものから100株単位で取引するものなど、銘柄により単位は異なります。

例えば星野リゾート(3287)なら1株単位で、2021年9月13日現在の株価が(1株)71万2千円なので、最低でも71万2千円かかります。

例えばソニー・グループ(6758)なら100株単位で、現在の株価が(1株)1万2230円なので、最低でも122万3000円かかります。

受け渡しは、通常の普通取引においては、4日目受け渡しが原則です。

売買成立の日(約定日=やくじょうび)を含め4営業日目に決済を行います。

単元株未満でも、

・毎月一定額ずつ株式を購入していく株式累積投資(るいとう=もしくは積立投資)

・通常の取引の1/10単位で株式の売買ができるミニ株投資

などがあります。

代表的な株価指数

株価は毎日上がったり下がったりしており、売買の出来高(売買が成立した株数)が多かった銘柄もあれば少なかった銘柄もあります。

相場全体でどうだったのかをわかるようにしたのが、株価指数です。

代表的な株価指数として、以下の2種類があります↓

・日経平均株価

・TOPIX(東証株価指数)

日経平均株価とは、

東証一部上場銘柄の代表的な225銘柄を対象とした修正平均株価

TOPIX(東証株価指数)とは、

東証一部上場の全銘柄を対象とした株価指数
筆者 イラスト
筆者
日経平均株価については、時価総額の大きな企業を構成銘柄に加えたりすることでグンと上がったりするので、「日経平均株価上昇=好景気到来」と早合点するのはやめましょう!

株式の投資指標

次は株式の投資指標についてです。

筆者 イラスト
筆者
どの株に投資するのがいいのか、その判断材料になるのが投資指標なんです!

今回は、

・配当利回り

・配当性向

・PER

・PBR

・ROE

の5種類をご紹介します!

配当利回り

配当利回りとは、

1株当たりの年間配当金を株価で除したもので、投資金額に対する配当金の割合のこと

です。

式で書くとこんな感じです↓

配当利回り(%)=1株あたり配当金/株価 × 100

例えば、株価が500円で、1株あたりの配当金が10円だとすると、その会社の配当利回りは2%になります。

仮に1億円を税引き後配当利回り4%で運用できれば、毎年400万円が配当収入として得られ、人によってはそれだけでFIREできるわけです。

参考に↓

配当性向

配当性向とは、

利益に占める配当の割合を示すもの

です。

式で書くとこんな感じです↓

配当性向(%)=1株あたり配当金/1株あたり純利益 × 100

配当性向の数値が高いほど多くの利益を株主に還元していると言えます。

筆者 イラスト
筆者

配当性向が高いという事は「利益の大部分を株主に還元している」ということで、逆に言えば設備投資などにはあまりお金を使わないので「今後成長する企業」とは言えない場合が多いようです。

安定しているおじいちゃん企業って感じなので、配当性向の高さだけで飛びつくのはやめましょう!

PER

PER(株価収益率)とは、

株価が1株あたりの利益の何倍になっているかを示す指標

です。

一般に「PERが低ければ低いほど、その株式は利益水準に比べて割安」と判断されます。

式で書くとこんな感じです↓

PER(倍)=株価/1株あたり純利益

例えば、その会社の1株あたりの純利益が200円で、株価が800円である場合、PERは4(倍)となります。

筆者 イラスト
筆者

「PERは低ければ低いほど割安」と言いましたが、このPERは業種ごとで全然違うので同じ業種の会社の割安度を測る際に用いられます。

仮に村田製作所のPERが15倍で、マクドナルドのPERが10倍だからと言って、そもそも業種が違うのでマクドの方が割安とは判断できません!!

PBR

PBR(株価純資産倍率)とは、

株価が1株あたりの純資産の何倍となっているかを示す指標

です。

式で書くとこんな感じです↓

PBR(倍)=株価/1株あたり純資産

PERと同じで、一般に「PBRが低ければ低いほど割安」と言えますが、これだけで割安度を判断するのは正しくありません。

また、一般的に

企業の借金をすべて返して残った土地や工場、設備、有価証券などを売って現金にしたときに残る金額

を表す「解散価値」という言葉があり、PBRが1倍ということは株価が解散価値と同じことを示します。

女の子 イラスト
読者
なんか丁寧に説明してる風やけど、まだ意味わからんわ

例えば、PBRが0.5倍の会社を100億円で買収したとすると、買収後にその会社の全ての資産を現金化したら200億円になるってことです。

表に出ている価格(株価)は100億円なのに、実際の価値(純資産)は200億円あるって状態がPBR0.5倍の状態です。

逆にPBRが10倍の会社があれば、実際の価値は100億円なのに、表に出ている価格は1000億円ってことになります。

筆者 イラスト
筆者
なるほど、低いほど割安ってのも一理ありますね

ROE

ROE(自己資本利益率)とは、

自己資本を利用してどれだけ利益をあげたかをみる指標

です。

式で書くとこんな感じです↓

ROE(%)=当期純利益/自己資本 × 100

ROEが高いほど投資価値が高いと言えます。

筆者 イラスト
筆者
ROEが高いってことは、自分たちのお金がそれだけ効率よく使われて利益を上げているってことですね!

この記事の総まとめ

では最後にこの記事の内容をザックリおさらいしておきたいと思います。

筆者 イラスト
筆者
自分の理解度アップのためにも復習しておきたいです(笑)

もう今の時代、ネット証券ではなく実際に証券会社の窓口を訪ねて株式投資を始める人なんて少数派だと思いますが…

株式売買の注文をする場合は、

「銘柄名」とか
「売買どっちか」とか
「株数」とか
「値段」とか

を証券会社に指示しましょう。

注文方法には、

指値注文:売買の値段を指定して注文する方法

成行注文:売買の値段を指定せずに注文する方法

があり、銘柄ごとに売買の最低単位である「単元株数」が決められており、通常の普通取引においては、4日目受け渡しが原則です。

代表的な株価指数として、以下の2種類があります↓

日経平均株価:東証一部上場の代表的な225銘柄の平均株価

東証株価指数(TOPIX):東証一部上場の全銘柄を対象とした株価指数

また、株式の投資指標も多数あります↓

配当利回り:投資金額に対する配当金の割合

配当性向:利益に占める配当の割合

PER:株価が1株あたりの利益の何倍になっているかを示す指標

PBR:株価が1株あたりの純資産の何倍となっているかを示す指標

ROE:自己資本を利用してどれだけ利益をあげたかをみる指標

ザックリですみません(;・∀・)

おわりに

さて、第15回目が終わりました(”◇”)ゞ

絶望 イラスト
投資怖えぇぇぇ
銀行に預金しているだけじゃ増えない
(2000万円かどうかはおいといて)老後資金が不足する

そんなのわかってるんですよね~

ぼくももう少し若くから投資を始めていたらな~と思っています(笑)

筆者 イラスト
筆者

特に、ぼくを含め投資素人の皆さんに一つだけ言っておきたいこと、それは

証券会社や銀行の窓口には行くな!

ネット証券一択!!

です。

窓口でおススメされる投資信託などは、マジでぼったくりなので本当に気を付けましょう。

さて、次は「債券投資」に関する勉強をしていきたいと思います!

現在執筆中(笑)

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございました~。

NATOとソ連の勢力図
最新情報をチェックしよう!