屋久島 世界遺産

【屋久島】~樹齢1,000年を超えるスギの群生地~

はじめに

RYOです。

このシリーズでは世界遺産検定1級合格のために、まずは日本の世界遺産を全て勉強しようという企画です。

今回は「屋久島」についてです。

屋久島(1993年登録)

九州最南端から南方約70kmの沖合に浮かぶ『屋久島』は、花崗岩が隆起して誕生した総面積約500㎢の島です。

島の西部海岸線から、標高1,936mの宮之浦岳(みやのうらだけ)を含む山岳部にかけての約107㎢が世界遺産に登録されています。

植物の垂直分布

東京23区ほどの広さの島に標高1,000mを超える山々が連なり、洋上のアルプスとも言われるほど特徴的な地形のため、海からの湿った風が山にあたると屋久島に大量の雨を降らせます。

「月に35日雨が降る」と例えられたほどの多雨地域であることに加え、黒潮の影響を受けた温暖湿潤な気候の屋久島では、海岸線から山頂にかけて標高が上がるごとに亜熱帯から亜寒帯まで植生が移り変わる、幅広い植物分布を見ることができます。

この植物の垂直分布が屋久島の大きな特徴の一つです。

標高2,000mほどの屋久島に広がる森林には、日本列島南北約2,000kmほどの自然が凝縮されています。

樹齢1,000年を超える屋久杉

こうした自然の中で育った固有の植物のひとつにスギが挙げられます。

樹齢1,000年を超える屋久島固有のスギを「屋久杉」と呼びます。
※通常のスギの寿命は数百年

花崗岩からなる栄養分の少ない地表では、スギはゆっくりと生長し、目が詰まって樹脂が多くなります。
樹脂には防菌、抗菌、防虫作用があるため、屋久杉は腐ることなく長い樹齢を保つことができるのです。

豊富な降雨量もスギの生育を活発にしたと考えられており、こうした屋久杉がつくり出す景観は、日本の自然遺産のなかで唯一、自然美を評価する登録基準(ⅶ)が認められています。

樹齢1,000年以上のものを「屋久杉」、樹齢1,000年以下のものを「小杉」、高さ30m根回り43mという化け物スギは「縄文杉」と呼ばれます。

固有亜種の動物

また、屋久島ははるか昔、九州と陸続きであったため、ニホンザルやニホンジカなどの動物が島に渡り、1万5,000年ほど前に間氷期を迎え海面が上昇し、屋久島に動物たちが取り残された結果、島にはヤクシカ、ヤクザルなどの固有亜種を含む多くの動物が生息するようになりました。

屋久島 世界遺産
最新情報をチェックしよう!