ANA ビジネスクラス

ANAのビジネスクラスの内容が半端じゃなかった

はじめに

RYOです

今回は色々と回想しながら書いていこうと思います

後にも先にもビジネスクラスに乗ったのは初めてなので、その時の感動を思い出しながら綴っていこうと思います。

ANAは世界最高評価の航空会社!

Embed from Getty Images

一言で言うと、ANA(全日空)は英国スカイトラックス社が運営するワールド・エアライン・スター・レーティング (つまり世界中の航空会社をランク付けした順位)において、2013年から6年連続で世界最高評価の5-STARに認定されています

2017年度において5-STAR認定を受けているのはANAが日本で唯一、世界でも10社のみとなっています。

» ワールド・エアライン・スター・レーティングとは

SKYTRAX社では、空港から機内サービスの800を超えるカテゴリーにおいてお客様が“5つ星レベル”のサービスを体感できる航空会社のみを「5スター」に認定している。ANAの6年連続5スターの認定にあたっては、お客様がご利用になるあらゆるシーンにおいてスタッフのサービスレベルが一貫して高いことや、より安全で快適な空の旅を提供するために、恒常的に商品やサービスの改善に努めていることが高く評価された。

» show less

ぼくも今まで色々な航空会社を使いました。最初の頃はやっぱり大手航空会社であるANAを使ってましたが、徐々にちょっと快適さが欠けても安い方がいいと考え、ほんと色々な航空会社で様々な地域への国際線や国内線に搭乗しましたよ。

その結果、やはりANAとカタール航空がTOP2です。
この2つの航空会社はどちらも5-STARに認定されているので、やはり5-STARなだけあるなと思います。

※全てエコノミークラスでの比較です

なぜビジネスクラスに乗れたのか?

まずは大前提としてぼくが空手やってることを知って頂ければと思います。

なぜ旅に関するブログで空手の話をするのか?

改めて言わせてもらいます(笑)

2013年4月、空手の世界大会のために初めて海外に行きました。行先はアメリカのコロラド州デンバー!!

デンバーに総本部があるという理由から、毎年4月に世界大会が開催されます。

試合中相手からもらった蹴りによりとてつもない炎症を起こし気を失うほどの激痛で緊急入院。1週間の入院後、脚を曲げられないという理由から付き添いの先生が保険会社に交渉し、ANAの国際線をエコノミークラスからビジネスクラスに変更してもらうというハッピーアクシデントがありました。

もし海外で怪我したら可能な限り航空会社に交渉してビジネスクラスに乗りましょう!笑

余談ですが

ビジネスクラスの料金はエコノミークラスの4~5倍

ファーストクラスの料金はエコノミークラスの7~8倍

が目安です。

では実際どうだったのか?

ではANAの国際線ビジネスクラスはどんな感じだったのか、少しでもお伝えできればうれしいです
※画像が粗くてすみません

最新の情報はこちらをどうぞ

やっぱり席が広い

何といっても驚くのがこれ、席の広さです。

Embed from Getty Images

いつもエコノミークラスで搭乗するとボーディングブリッジに最も近い側からファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスと続いていきます。そのたびに毎回

うわーこんなところに座れる人ってお金持ちなんだなー

と思います。見た目からしてもエコノミークラスとは別格です(笑)

座席は半個室みたいになっており、隣の席と少しずれていて隣人と顔を合わすリスクも無さそうです。

また、座席は完全フラットになるので機内での睡眠がとっても楽しみになります💛

Embed from Getty Images

テレビもA4より大きいくらいのサイズで目の前に付いており、横にリモコンが収納されてます。

食事の内容が別格

座席に付いている機能の次に驚きなのが、食事の内容です。ぼくは手術後だった事もあり、無料で注文できるワインやビールなどのアルコール類は頼みませんでした。

和食

アメリカを出発してすぐの食事が確か和食でした。鯖の照り焼きと白ご飯とお吸い物かな、、、

奥の黒いボックスに何が入っていたかはもはや知る由もありません。

鯖の照り焼き(゜.゜)

魚介類が嫌いなおれ、鯖の照り焼きは特に食べれへん。確か白身だけ食べて皮はさすがに残したかな

でもご飯とお吸い物はほんまに美味しかったで、当たり前やけど。それくらいの感想しか出てこーへん(笑)

洋食

続いて洋食です

やっぱり日本人としてはこっちの方が豪華だなと感じます。鯖の照り焼き定食が出てきても普段の食卓でも出そうなメニューですからね。まあ外国人にとっては鯖の照り焼きの方がTHE NIPPONの豪華な食事と感じるのかな?

それはわかりません

詳細は忘れましたが事前に配られたメニューには

和食:鯖の照り焼き

洋食:牛フィレ肉のステーキ

と書いてありました。

牛フィレ肉Σ(・ω・ノ)ノ!

前菜やデザートの内容も書いてあったのかもしりませんが、なんせ牛フィレ肉のインパクトが強すぎて・・・

エクストラバージンオイルも付属してありましたが、当時はどう食べるのかよくわからなかったのでそのまま持って帰りました。

到着前の軽食

到着前の軽食として、サンドイッチとその他さまざまなちっこい料理が提供されました。

サービスもすごい

座席の広さと食事以外、何がすごいのか

いつでもそばで待機してくれているCAさん

座席のすぐ近くにCAさんがずっと待機してくれていて、何か気になる事があったらすぐに来てくれます。困ったことがあれば呼ぶ前に「いかが致しましたか?」と声をかけてくれます。

先ほども述べた通り5-STARに認定されたのが2013年が初めてという事だったので、ぼくは認定された初めての年に乗ったわけです。なので現在ANAのHPを確認する限り、サービスの内容はあの時より遥かに素晴らしいと思います。

いつでも注文できる軽食サービス

何気なく横のポケットに差さっているパンフレットっぽいのを開くと何かのメニュー表が・・・
何やろ?と思って開くと、いつでも注文できる軽食が載ってました。

到着までに色んなものを注文したのですが、恥かし気もなく何度も注文したのが九条ネギうどんでした。めっちゃ美味しかった

ちなみに現在ANAのホームページに載っている軽食サービスは以下の通りです。

お、洋食はやっぱり牛フィレ肉のグリルやん!!!

「お好きな時に」の中で一番気になるのがキノコのクリームスープパスタかな

さいごに

今回は6年前に体験したANAのビジネスクラスの思い出を綴りました。

値段はエコノミークラスとは比較になりませんが、サービスの質も比較になりませんでした。しかし、エコノミークラスの5倍の値段やからサービスの質も5倍という事では無いので、エコノミークラスも総じて素晴らしいと思います。

人生で一度でもビジネスクラスに乗れたことは非常にラッキーでしたが、自分のお金でビジネスクラスに乗るかと訊かれたら(現状の給料では)絶対に乗りません。

皆さんも機会があれば是非乗ってみてくださいね(笑)

ANA ビジネスクラス
最新情報をチェックしよう!