好きな人の顔が思い出せない

【好きな人の顔が思い出せない】ことに関しての考察 -フロイトの心理的抑圧-

今回はちょっと真面目な話です(笑)

皆さんは好きな人の顔だけ思い出せないという事がありますか?

ネットで調べてみると予想以上にヒット件数が多くて驚きました。

「大好きな旦那の顔が思い出せない」

「中学時代に好きだった子の顔だけ思い出せない」

「ほんまに好きな彼女の顔が思い出せない」

などなど・・・ぼくも人生で一度だけあります。

今回はそれが何故なのかをフロイトの心理的抑圧理論と共に考察していこうと思います

先に結論だけを話しますと、好きな人の顔が思い出せない理由は

「脳が思い出すことを恐れるくらい本当に好きだから」

です(実例を後に示します)。

フロイトの説明などを飛ばして結論だけを知りたい方はこちらを。

フロイトとは

フロイト

フロイトを一言で言うと

精神分析の創始者、神、ゴッド

です。

中学・高校の頃に保健の授業でフロイトの名前が出てきた気がしますし、抑圧とか退行とか昇華とか何やら色々やった気もします。

そして、彼の研究の一つに無意識研究というものがあり、後に彼の娘が防衛機制(ぼうえいきせい)という概念を提唱します。

※フロイトの業績はあまりにも多いので詳しい説明は不可能です。あくまで膨大な研究の一部の紹介です。

防衛機制

この保健の授業で耳にした事のある【防衛機制】を簡単に説明すると

人間は受け入れがたい状況、または潜在的な危険な状況に晒された時に、それによる不安を軽減しようとする無意識的な心理的メカニズム

(Wikipediaより)

精神的安定を保つための無意識的な自我の働き。自己を防衛するため,心のなかの不安,恐怖,欲望,衝動などを抑え,しずめる働きもさす。

(コトバンクより)

です。例えば

・あの時計が欲しい、けど高いから買えない。くっそー

・もっと仕事を休みたい、けどわがままと言われそう。どうしよう

・あの子に話しかけたい、けど冷たくされるかも。あーーー

などの心理的葛藤は日常の様々な場面で誰にでもあると思います。

そういう悩みというか葛藤というのは結構な心理的ストレスらしいですね、頭では意識してなくても。

なので脳は無意識にそういう葛藤を取り除こうとします。

つまり上の例で言えば

・あの時計が欲しい、けど高いから買えない。くっそー

→多分そのうちにもっと良いのが出てくるし、まあいっか

・もっと仕事を休みたい、けどわがままと言われそう。どうしよう

→うーん、でもおれって普段結構頑張ってる方やし今回くらいは大丈夫か!

・あの子に話しかけたい、けど冷たくされるかも。あーーー

→あーでもあの子彼氏おるやろし、どうせ無理か!うん、しゃーない

など自分で勝手に理由をつけて行動を正当化したり、逆に不当化したりすることです。

こういうのってみんなしてると思います。

これが防衛機制(自分をストレスから防衛するための働き)なんですね。

簡単に言うと、心理的圧迫を和らげるシステムです。

脳って超優秀ですね!

好きな人の顔だけ思い出せないのはなぜか?

好きな人の顔が思い出せない

今回のテーマは数ある防衛機制の中の一つ抑圧(よくあつ)です。

抑圧と聞くとわかるようなわからないような微妙な感じですよね。

全くわからないとは言わない、けど「それ知ってる!」と調子にも乗れないくらいの微妙なラインのワードだと思います。

つまり、抑圧を一言で言うとですね…

不快な記憶や考えを無意識のうちに脳の奥底に閉じ込めて意識しないようにすること

です。

ぼくはいくつかの学説や論文を読んで「好きな人の顔が思い出せない理由」をこう結論付けました↓

脳が記憶を封印するから

ぼくは、好きな相手の顔が思い出せない理由は心理的抑圧が働くからだと思っています。つまり

ある事象(人物・出来事)をずっと覚えていたくても、思い出すと当人に苦痛を与えてしまうと脳が認識した事象は脳が無意識のうちにその記憶を封印してしまう

という事です。

これは先ほどから口酸っぱく言ってる、フロイトが提唱した『抑圧』という現象です。

例えば自分の記憶の一部があまりにも衝撃的なもので、自分の健康状態を害すると脳が判断したような場合、「脳がその記憶を封印してしまう」ということです。

抑圧はこのような記憶(好きな人の顔)を意識の届かない(つまり思い出そうとしても思い出せない)心の深部にまで押し込めてしまいます。

好き過ぎて、その人の顔を思い出せてしまうと(特に片思いの場合は)健康状態に深刻なダメージを与えてしまう可能性がある

と言うことです。

※一説では、そういう記憶はそもそも脳が記憶すらしない。

つまり「封印するというよりは初めから無かった事にするのでは無いか?」と思われていましたが、それはやはり未経験者の戯言であり間違いだと考えられています。

脳が「もう思い出しても苦痛を受けないであろう」と認識した時点で(つまりその恋が一段落した時点で)、

その記憶はそれ以上封印する必要は無くなるので、回復記憶として思い出せるのです。

そして、記憶が戻った時には脳の予想通りに、当人は確かに大きな苦痛を受けることはありません。

実際に数年後に記憶が回復したというような話も多く、思い出すか思い出さないかは全ては脳次第なんだなと思いました。

好きな人の顔が思い出せない
最新情報をチェックしよう!