年金について正しく理解し正しく恐れましょう!誤解が多い年金問題

はじめまして、RYOです。

筆者 イラスト
筆者
最近FPと簿記の勉強を始めた28歳会社員です

ここ最近ずっとお金の勉強をしていてふと思ったことがありました。

筆者 イラスト
筆者

そもそも俺って年金についてほとんど知らない…

正しく理解して正しく恐れないと、トンチンカンな議論をしてしまう

そこで今回は、複雑過ぎてよくわからない国民年金や厚生年金、私的年金についてわかりやすくご紹介しようと思います。

また自分自身の備忘録としても残しておきたいのです。
男性 アイコン
毎月結構な額を天引きされてるけど、ほんとは払いたくない…

という方々の年金に対する認識向上に繋がれば良いなーと思っています。

将来こういうおじいさんにならないために↓

国民年金 厚生年金

そもそも年金とは?

老後資金2,000万円不足問題など、社会問題になりつつある年金ですが、そもそも年金とは何かをもう一度確認しておきましょう。

女の子 イラスト
将来は年金もらえないかも

とか、

男性 アイコン
もらえるにしてもめちゃくちゃ減額されてるんだろ

とか、まあ様々言われますが、知らないからこそ未知なる恐怖に怯えている人が多いような気がします。

地雷だってどこにあるかわからないから恐ろしいんですよね。

深さが見えない池も、先が見えない崖も全て知らないから恐ろしいんです。

年金に限らずですが、正しく知って正しく恐れるのが最も重要です。

では「年金の仕組み」を超簡単に言うと、

・自分たちが払った年金保険料が現在の老人を助けている。

・未来の若者たちが支払う年金保険料で自分たちの老後は助けられる(予定)

これを賦課方式(ふかほうしき)と呼ぶらしいのですが、そんなことは覚えなくてもいいです。

この賦課方式を採用しているからこそ、将来年金が0になることはあり得ないんです。
筆者 イラスト
筆者
0にはなりませんが、少子高齢化が年金に与えるインパクトはデカいってことです
年金 知識 わかりやすく
最新情報をチェックしよう!