新古典主義建築

超わかりやすい!【新古典主義建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

RYRYOです

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回は新古典主義建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築の歴史~美と空間の系譜~」

↓こちらを前提に話を進めますので、まずはこちらを読んでください↓

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

※「オーダー」や「エンタブラチュア」、「ペディメント」と聞いてサッパリわからない人は、以下の記事を先に読んで頂いた方が理解しやすいと思います↓

超わかりやすい!【ギリシャ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

超わかりやすい!【ローマ建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

では始めます。

新古典主義建築

まず新古典主義建築の概要を説明します。

新古典主義建築は、18世紀半ばからバロック建築・ロココ建築に対する反動として興り、ルネサンス期よりも遥かに深く正確に古代建築を追求して生まれた建築様式

です。

この時代、人間は神の啓示や宗教的権威によってではなく、理性の力によって世界を把握しようとしました。

あらゆる知的探求がなされ、人間と社会のあるべき姿が追及されました。

建築の分野では、考古学的研究の成果により、古典古代の建築の姿がルネサンス期の人々が理解していたよりも遥かに深く正確に捉えられるようになりました。

新古典主義建築が排除した要素

18世紀中頃以降、考古学によってギリシア建築のオーダーが明らかにされ、それがローマ建築よりも純粋であるという認識が高まり、イギリスとドイツでは簡素にして厳格なギリシア建築を復興する方向に進みました。

逆に19世紀初期のフランスは、ナポレオンが古代ローマに心酔したこともあり、豪華壮麗なローマ的なものを好みました。

イギリス&ドイツ「え、ローマ建築の遥か前にギリシャ建築ってのがあった!!?ならギリシャ建築こそ復活させるべきだ!」

フランス「ギリシャ建築?別に興味なし。古代ローマカッコよすぎ・・・」

つまり、18世紀中頃まではギリシア建築の存在がほぼ知られていなかったのです!!!

考古学研究によってギリシア建築がローマ建築の基であるということが判明しました。

それまでの古典系建築では「ローマ建築をお手本に」されてきました。

そもそもオーダーの造形原理は、エンタブラチュアとそれを支える円柱という単純な構造方式を芸術的に洗練することでしたよね?

考古学研究が進むにつれ、ギリシア建築のオーダーこそが構造方式が純粋かつ理に適っている(合理的)と再評価され、ローマ建築及びそれ以降の古典系建築の合理的ではない用法や要素が全て見直されました。

と同時に、新古典主義のうちには、考古学的正確さよりも建築の原理的な面に強い関心をもつ動きがみられました。

その合理的ではない用法や要素がこちらです↓

➀オーダーを浮き彫りのように壁に貼り付ける方法

(ローマ以降)

ローマのコロッセオ↓

ローマ建築

円柱が独立しておらず、壁に埋まっています。

合理的に考えれば「円柱を付ける意味がない」ですよね。

②オーダーを上下に重ねる方法

(ローマ以降:ギリシア建築にもあるが神殿外観にはみられない)

例えばこんなん↓

オーダーが上下に重なっています。

「どうしても円柱を上下に重ねる必要があったから重ねた」のではなく、ただ「新しいから」とか「斬新だから」といった理由に思えます。

これも合理的に考えれば必要ないですね。

例えばコロッセオの場合↓

ローマ建築

これは各階を支えるためにオーダーが必要なので上下に重なっていても合理的だと思います。

しかし、上述したように壁に埋まっているのは非合理的です。

③双柱

(ルネサンス以降)

例えばイタリアのヴィチェンツァ↓

双柱↓

ルネサンス建築 マニエリスム

合理的に考えて、双柱を使う意味はなに?(´・ω・`)

って声が聞こえてきそうです。

④大オーダーと小オーダーの併用

(後期ルネサンス以降)

カピトリーノ美術館↓

ルネサンス建築

うーむ、一見するとこれはこれで成立しているように見えますが。

あ、大オーダーと小オーダーの併用が合理的ではないってことですね。

⑤パラディアン・モチーフ

再びイタリアのヴィチェンツァ↓

ルネサンス建築 マニエリスム

大オーダーでは無い大小二種類のオーダーの併用をパラディオに因んで、パラディアン・モチーフと呼びます。

※二階分の高さをもつ大オーダーと小オーダーの併用とは違います。

これもまた

「だーかーらー、大小二種類のオーダーを併用する意味がどこにあんねん(; ・`д・´)」

って声が聞こえてきそうです。

⑥円柱の不均等な配列

(バロック)

サンタ・スザンナ聖堂↓

バロック建築

もう円柱の配列(間隔)がバラバラ

均等でも何でもないですね。

ギリシャ建築では柱どうしの間隔や円柱の直径、高さ、エンタブラチュアの幅など全ての要素が比例で繋がっていましたから。

これはアウトですね。

⑦ピラスター、1/2円柱、3/4円柱、完全円柱などの混用

(バロック)

再びサンタ・スザンナ聖堂↓

バロック建築

ピラスター、1/2円柱、3/4円柱、完全円柱などが混用されています

バロック建築

ローマ建築時代のコロッセオと同様に、

円柱を壁に埋めて何の意味があるの?

なんて言う声が聞こえてきそうです。

⑧円柱の前後の重層化

(バロック)

またもやサンタ・スザンナ聖堂↓

中央を強調するために円柱が前後に重層されています。

「中央を強調したいから」という目的それ自体は意味は分かりますが、合理的では無いですね。

⑨エンタブラチュアやペディメントの湾曲と屈折

(バロック)

サン・カルロ・アレ・カトロ・フォンターネ聖堂↓

バロック建築

エンタブラチュアがグニャグニャです・・・

新古典主義建築家が最も嫌う部分かな、と個人的には思います。

⑩アティックやエディキュラの付加

(ローマ以降)

アティックとはいわゆる「ロフト」とか「屋根裏部屋」のことです。

ローマの凱旋門↓

エディキュラとは「小祠」を表し、壁面から張り出すようにして造られた石造の飾壇↓で、中央の凹部には彫像などが置かれます。

ローマのパンテオン内部↓

ローマ建築

ローマ建築 アーチ

ギリシャ建築に無い余計な装飾は全てアウトっぽいですね。

別に屋根裏部屋とかエディキュラはあってもいいと思うんですけど、ぼくは!

⑪弓形のペディメント

(ローマ以降)

ペディメントとは屋根の上に載っている三角形の壁面です↓

ギリシャ建築 オーダー

この三角形です。

しかしローマ建築時代から、この三角形が弓形に変化します。

ローマのパンテオン内部↓

これも余計なアドリブとみなされてアウトなんですね。

ギリシャ建築時代にペディメントを弓形に造ってたら、新古典主義時代には三角形のペディメントが排除されたのかなーと個人的に思っています。


これらの用法や要素を最も駆使したのはバロック建築で、新古典主義はそのようなバロックに対する反動という側面を強く持っています。

そして最も純粋である古代ギリシアの神殿建築を理想とし、上記の用法や要素を可能な限り排除した表現を目指したのです。

新古典主義建築
最新情報をチェックしよう!