【完全保存版】ヨーロッパ建築(西洋建築)初心者は全員集合ヾ(≧▽≦)ノ

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめる

これはぼくの持論です。

「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」

と頭を抱える人もおられるでしょう。

「そもそも西洋建築ってなに?」

「バロック、ゴシック、ロマネスクってなんか違いあんの?」

こういう超初心者に向けて、難しい言葉を極力排除して図解入りのおもしろさ&わかりやすさ重視で記事を書きました。

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

西洋建築とは

西洋建築とはいわゆるヨーロッパ建築のことで、ヨーロッパには各地に様々な教会や大聖堂があり、予め勉強して行けばヨーロッパ旅行が100倍楽しくなります!!

西洋建築を勉強するということは、7,000年の時代の流れをざっくり勉強するということです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ぼくは西洋建築の勉強を一切せずに、今までヨーロッパ30ヵ国以上周ってきましたが今思うと本当にモッタイナイです

西洋建築とは「ギリシャ建築」「ローマ建築」「ロマネスク建築」「バロック建築」といったいわゆるヨーロッパ建築を指します。

難しい世界史の話は抜きにして、西洋建築の始まりはメソポタミア文明やエジプト文明にまで遡れます。

ヨーロッパ建築 西洋建築

そんな大昔から近現代まで少しずつ形を変えて受け継がれているのが西洋建築です。

西洋建築と一口に言っても色々な様式があり、それぞれ特徴があり、それぞれの様式創造に至る歴史があります。

今回紹介するのは↓

  1. 古代メソポタミア建築
  2. 古代エジプト建築
  3. ギリシャ建築
  4. ローマ建築
  5. 初期キリスト教建築
  6. ビザンティン建築
  7. ロマネスク建築
  8. ゴシック建築
  9. ルネサンス建築
  10. バロック建築
  11. 新古典主義建築
  12. ゴシック・リヴァイヴァル建築

の12種類の建築様式になります。

ヨーロッパ ブログ
筆者
「もう無理(-_-;)」と思って戻るボタンを押そうとした人、もう少し待ってください!!

まるで早口言葉みたいですよね、わかります。

少し前の僕も完全にそうでしたから。

今回はそれらを包括的にざっくり説明しながら、ただの丸暗記ではなく、西洋建築の本質を理解して頂けたらと思います!

また、各建築様式の特徴を先に一言で表していますので、それを見て想像を膨らませてください↓

» 各建築様式の特徴(クリックで開く)

・古代メソポタミア建築
なんや知らんけどまあ神殿っちゅうもん建ててみよっか

・古代エジプト建築
神殿って対称的な方がカッコよくない?

・ギリシャ建築:
美しく見える神殿ってどんなの?

・ローマ建築:
神殿より民衆のための公共施設の方が大事じゃね?

・初期キリスト教建築:
教会建てるのはいいけど、信者以外立入り禁止にしないと危なくない?

・ビザンチン建築:
ドームの上手な載せ方がわかんねえーーーー

・ロマネスク建築:
キリスト教信者のための、石造天井の教会を建設しよう(前編)

・ゴシック建築:
ロマネスクよりもっと高く軽やかな教会を建設しよう(後編)

・ルネサンス建築:
みんな古典系建築の良さ、忘れてるんじゃね?

・バロック建築:
信者の心を繋ぎ止める超豪華な教会を建設しよう

・新古典主義建築:
史上類をみないほど精確にギリシャ建築を復興しよう

・ゴシック・リヴァイヴァル建築:
あの素晴らしかったゴシック建築を復興しよう

» 折りたたむ

西洋建築を学ぶ意義

では最後に、西洋建築を学ぶ意義を一言でご説明してから本題に入りたいと思います。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ズバリ!!!西洋建築を学ぶと、ヨーロッパのどの国のどんな小さな町に行っても楽しめます!!!!

もうズバリ、これに尽きます。

学問として勉強するのが楽しい方はそれだけでもいいのですが、ぼくみたいな一般人は「勉強してもその知識が使えなかったら結局意味がない」と思いますよね?

高校の「サインコサインタンジェント微分積分因数分解」と一緒です。

確かに西洋建築の知識が無くても、いざヨーロッパに行けば日本には無い建物や風景に感動することは多々あります↓(筆者撮影)

「エッフェル塔すごい」「グランプラスすごい」「ウィーン国立歌劇場すごい」

それだけでも十分かもしれませんが、ヨーロッパの魅力をフルに感じるにはやはり西洋建築の勉強が必須なのです。

» もう少しくどくどと説明は続きますが興味ない方は飛ばしてください(クリックで開く)

エッフェル塔とかビッグベンとか、ヨーロッパの観光名所をピンポイントで周って写真を撮るだけでいいんですか?(=絶対に足りない‼)

僕は、ヨーロッパ旅行中に通りすがりの小さい町なども訪れることが多かったのですが

ヨーロッパ ブログ
筆者
へー、なんもねー。この町おもんねー。やることねー。早く大都市に行きたーい

と常々思って過ごしておりました↓

ただの「経由地」になっていたのです(←旅の醍醐味半減

しかし実際は、どんなに小さな町でも基本的には教会があり、その地域がどういった国のどういった建築様式の影響を受けたのか、教会を見たらわかるのです、実は!

つまり、ロンドンやパリ、フランクフルトやローマなどの大都市だけでなく、ふらっと立ち寄ったこじんまりした小さな町でも楽しいのです!!!

ヨーロッパ ブログ
筆者
当たり前ですが、大都市の建築物もめちゃくちゃ楽しめますよ

例えばですが、世界遺産にもなっている白川郷・五箇山の合掌造りを無学のまま観光に行ったとしましょう↓

白川郷

写真だけ撮って「おー、なんかわからんけどいい感じ(*ノωノ)」で終わるのではなく、

「この地域は日本でも有数の豪雪地帯なので、屋根の勾配が45~60°になっているんだ」

「自然環境が厳しい地域だから、釘などの金属物を一切使わず縄で固定して造られているんだ」

「一つ一つの家が大きいのは、住民20~30人で暮らす大家族制を採用していたからなんだ」

と知っている方が、そういう目線で建物の各部を見るのではるかに楽しめますよね?

そんな感じです。

» 折りたたむ

そういう意味でも、西洋建築は将来的にヨーロッパを訪れる人には必須の知識だと言えるのです。

西洋建築を学ぶための前提知識

ヨーロッパ建築 西洋建築

では早速西洋建築の勉強を始めていきましょう。

と言っても、いきなり「○○建築とは、紀元前△世紀に~」と始めるのは準備不足です。

キューバ 歴史
筆者
運動前の準備体操にあたる、「西洋建築の前提となる概念」を先にお勉強しましょう

ぼくが買った西洋建築の参考書は2冊ありましたが、それぞれの冒頭に書かれた「はじめに」という部分が、別々の視点から考察されたとても核心を突いた内容になっており、本題に入る前に是非学ぶべき重要な知識だったというわけです。

建築様式の種類と風土による建築様式の違い

↑一冊目の参考書「西洋建築の歴史」には、西洋建築の前提概念として

➀西洋建築は大きく2つに分けることができる

②それは土地の気候や風土が関係している

③この2つのグループは全く異なるものである

と、記されています。

(※かなりザックリまとめました。)

先に答えを言いますが、本書では「西洋建築(ヨーロッパ建築)」を『アルプス山脈以北の建築か以南の建築か』で分けています。

ヨーロッパに行ったことのある方は、恐らく「なるほど!確かにそうだ」と思える面白い視点での考察ですので、是非一度ご覧ください↓↓(別タブで開きます)

関連記事

RYOです今回は西洋建築を学ぶ上での基本中の基本、一見建築には直接関係なさそうな、しかし重要な基礎知識を先に書いておきます。筆者単にギリシア建築、ローマ建築、ゴシック建築などを学ぶよりも建築様式の[…]

建築様式 西洋建築

西洋建築を理解するための前提概念

↑そして二冊目の参考書「西洋建築様式史」には、西洋建築の前提概念として、

「ヨーロッパの建築はみんな同じに見える」と言う人もいれば、「確かに国によって少しずつ違う」という人もいる。

これはどちらも正しい。

なぜなら様式毎に共通する概念と相違点が必ずあるからだ。

と、記されています。

(※かなりザックリまとめました。)

こちらの参考書も、先述した「西洋建築の歴史」とは違う視点で西洋建築を説明しています。

前者が「ヨーロッパにおける建築」に特化しているのに対し、後者は「建築全体に言えること」を説明している感じです。

「ほほーっ」となるので、是非一度ご覧ください↓↓(別タブで開きます)

関連記事

僕は以前超わかりやすい!【○○建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識と題してギリシャ建築やゴシック建築などを解説する記事を書きました。僕の中ではあれでも丁寧に書き上げたつもりで、ある程度満足してはいたのですが[…]

西洋建築

では実際に各建築様式(12種類)の説明に入ります。

一応、詳細記事に飛ばなくてもある程度大まかな流れは理解してもらえるように書いておりますので、一番最後までリンクをクリックせずに読み進めてもらってもOKです!

➀古代メソポタミア建築

では実際に西洋建築のお話に入っていきましょう。

そもそも西洋建築の起源を辿っていくと、古代メソポタミア建築に帰結します。

ヨーロッパ ブログ
筆者

え…

古代メソポタミア?

古代メソポタミア建築とは、まあ早い話四大文明の一つメソポタミア文明地域で生まれた建築のことです。

この地には紀元前6,000年頃の住宅遺構が残っており、人類で最初に農耕を行った土地でもあります。

ですので「おいみんな、神殿ってどんな形にすんの?」という段階のお話です(笑)

なんせ神殿建築のお手本がないので、自分たちで一から創造し、進化に進化を重ねて紀元前2,100年頃に(約4,000年かけて)やっとこさ完成したのがウルにあるジッグラトです↓

西洋建築 基礎

なんと↑のジッグラトには「バットレス(控え壁)」という技術が用いられており、これは現在の街中でもあちこちで目にするほどスゴイものなのです。

古代メソポタミア建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回は古代メソポタミア建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上[…]

ビザンティン建築

②古代エジプト建築

これまた四大文明の一つエジプト文明の地域で発展した建築様式が古代エジプト建築です。

※古代エジプト建築もメソポタミアと比肩しうる建築の歴史をもっており、古代ギリシアへの直接の影響をもたらしたという点では、メソポタミア以上にヨーロッパ建築にとっては重要と言えます。

エジプトの建築と言われれば、まずはピラミッドが頭に浮かびますよね↓

ピラミッド

ピラミッドが完成したのは古王朝時代(紀元前2654~前2145年頃の間)と言われていますが、このピラミッドという形式をギリシャ建築が受け継いだわけではありません。

キューバ 歴史
筆者
そりゃそうですよね、ギリシャ建築にピラミッドなんか出現しませんもんね(笑)

時代の流れと共にピラミッド建造は次第に廃れて形を変えていきました。

紀元前1490~前1468年頃に建設された、古代エジプト唯一の女性ファラオのハトシェプスト女王葬祭殿↓にはギリシャ建築との類似点をかなり見つけることができるのです!!!!

西洋建築 基礎

エジプトの歴史は紀元前5,000年から前30年にローマ帝国の属領にされるまで続くので、その間に様々な建築が洗練されていきました。

その後に造られたアモン大神殿やルクソール神殿も同様で、「おーギリシャ建築のお手本になってるなー」と思える構成です。

古代エジプト建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回は古代エジプト建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完[…]

ビザンティン建築
以上の「古代メソポタミア建築」と「古代エジプト建築」を合わせて『古代オリエント建築』と呼びます。

③ギリシャ建築

さて、皆さんお待ちかねのギリシャ建築です!!

もうね、ギリシャ建築がどれだけスゴイ技術を用いて造られたか、話し出したらキリが無いのですが(笑)

ギリシャ人はひたすら

美しい神殿作り

を究めました。

ギリシャ建築と言えばやはり、パルテノン神殿ですよね↓

ギリシア建築 わかりやすい

柱の上に横に長い梁(はり)が載っています。

これを柱ー梁構造と呼びます。

ギリシャ人は主に神殿建造に力を注いだので一般の家はスゴイ平凡で、この単純な構造を究極的に追求しました。

この時代の数学者ピタゴラスが「万物の根源は数である」と言ったように、比例的で規則性のある建物が最も美しいと考えられていました。

なので柱の間隔や高さなど全て、恐ろしいほど緻密に計算されて高度な技術で造られています。

ヨーロッパ ブログ
筆者
恐らく詳細記事を読まれたら「え、人間業じゃねえ」と思いますよ

ギリシャ建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシャ建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無[…]

ギリシャ建築 まとめ

④ローマ建築

美しい神殿造りを究めたギリシャ建築を受け継いだローマ人は、

「ギリシャ人は神殿ばっかやったけど、俺らは国民が楽しめる公共施設を作ろうぜ」

と、膨大な数の国民をもつローマ帝国は

便利な公共施設

を究めました。

ローマ建築の傑作は、イタリアの首都ローマにある「コロッセオ」です↓

ローマ建築

コロッセオはおよそ5万人を収容できる公共の円形闘技場で、中では戦士同士が戦ったり、猛獣と戦士が戦ったりしていました。

人魚姫 コペンハーゲン
筆者

いわゆる娯楽施設ですね

ぼくも大好きです

ギリシャ建築で生み出された技術を使って、闘技場や公衆浴場、劇場などの公共建築を発展させました。

ローマ建築もギリシャ建築をお手本にしたので、比例的・規則的な部分は共通しています

ローマ建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はローマ建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を[…]

ローマ建築 まとめ
以上の「ギリシャ建築」と「ローマ建築」を合わせて『古典建築』と呼びます。

⑤初期キリスト教建築

さて、ローマ帝国皇帝の都合で突然国教として公認されたキリスト教でしたが、それ以前は激しく迫害されていました。

激しい迫害から一転し「やっぱりキリスト教を国教にするわ、キリスト教サイコー」と言われても、「いつまた迫害される立場になるかわからへんぞ…」と疑心暗鬼になります。

しかしせっかく国教になったのでこのチャンスを逃さずに、なるべく多くの国民にキリスト教を布教しなければなりません(=信者獲得のため)

そんな信者たちが「キリスト教の教義や典礼に最も適した建築様式を創り出さねば」と考え、とりあえずローマの各都市に建てられていた長方形の集会施設(バシリカ)を代用していきました。

初期キリスト教建築の代表例がサンタ・マリア・マッジョーレ教会堂です↓

初期キリスト教建築 バシリカ式

ヨーロッパ ブログ
筆者
初期キリスト教建築家が追求した、キリスト教に最も適している教会の形式とはどんなものだったのでしょうか?

初期キリスト教建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回は初期キリスト教建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を[…]

ビザンティン建築

⑥ビザンティン建築

ビザンティン建築は西洋建築の範囲に入れるか悩んだのですが、一応参考書にも載っていたので解説します。

ビザンティン建築の代表例はトルコのイスタンブールにあるアヤ・ソフィアです↓

ロマネスク建築

「トルコはヨーロッパちゃうやん( ゚Д゚)」

はい、トルコはヨーロッパとは言えませんが、ビザンティン建築がもともと東ローマ帝国をルーツにもつことを考慮して、西洋建築(の一部)と表現しています。

初期キリスト教建築を受け継いだ東ローマ帝国のビザンティン建築は、神の座としてのドームの意味を非常に強く捉え、ドームを美しく架けることをひたすら追求しました。

グレートオーシャンロード
筆者
ビザンティン建築はずっとドームの話です(爆笑

ビザンティン建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はビザンティン建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完[…]

ビザンティン建築

ゲルマン人大移動とローマ帝国分裂

ここで一瞬だけローマ帝国滅亡とその後に関する歴史の話をしなければなりません。

一見、西洋建築とは関係のない歴史の話にみえますが、関係大ありです。

ヨーロッパ ブログ
筆者

逆にこの歴史的な流れを説明せずに次のロマネスク建築の話に持っていくのは不可能です。

なので少しだけ頑張りましょう!

ここでは難しい話は抜きにして、超簡単な流れだけを説明します。


4世紀終わり、当時のヨーロッパを支配していたのは超巨大最強帝国「ローマ帝国」でした。

しかし北方の匈奴(きょうど)という民族に追われたゲルマン人たちは、続々とそのローマ帝国内に逃げ込んできたのです。

「匈奴怖すぎwwローマ帝国に逃げ込めー」

これをゲルマン人大移動と呼びます。

このゲルマン人大移動によってローマ帝国は大パニックになります、なぜならゲルマン人とローマ人は全く違う民族だからです。

このゲルマン人大移動により、ローマ帝国は東西に分かれ、特にゲルマン人が多く流入した西ローマ帝国はそのまま滅びました。

先述した通り、東ローマ帝国はビザンツ帝国としてビザンティン建築を発展させていきます。

イメージ的には、現在の日本に意味不明の言語を話す難民が2億人逃げ込んできて、特に関西地方に大挙したので関西はそのままその民族に乗っ取られた的な感じです。

関東はまだ日本人が多く残っているので、東日本として継続するような感じです。

ゲルマン人大移動とローマ帝国分裂の更に詳しい情報は、ロマネスク建築編で紹介しています。

⑦ロマネスク建築

ローマ帝国はゲルマン人大移動により混乱し東西に分裂、西ローマ帝国はそのまま滅亡しました。

西ローマ帝国跡地を牛耳ったゲルマン人は、そのままローマ帝国内に残されていた建築技術を棚ぼた的にパクってもっと国を発展させようと思いました。

しかしゲルマン人たちは、

ヨーロッパ ブログ
ゲルマン人

棚ぼた〜♪棚ぼ…

え、ちょ待って。

ローマ建築の技術高過ぎワロタ。

俺らには1000%無理

と、ローマ建築を参考にしながらも(参考にするのが精一杯)600年かけて我流で完成させたのが「ロマネスク建築」です。

ローマ建築を参考にしたので「ロマネスク建築」と呼びます。

ロマネスク建築の傑作は、イタリアのピサにある「ピサ大聖堂」です↓

ロマネスク建築

ロマネスク建築ではまだ技術が未熟だったので、強度の問題で壁を分厚くした分、高く造ることも、壁に大きな窓を開けることもできませんでした。

つまり、重厚な外観にせざるを得なかったのです。

これらの課題を克服して更に進化したのがゴシック建築です。

ロマネスク建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はロマネスク建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全[…]

ロマネスク建築 まとめ

⑧ゴシック建築

ゲルマン人は、

ヨーロッパ ブログ
ゴシック建築家

先輩らが完成させたロマネスク建築

その課題を克服して俺らはもう一つ上のレベルを目指そうぜ

と、ロマネスク建築の技術をもっと大幅に進化させて遂に「ゴシック建築」を完成させました。

ゴシック建築の傑作は、ドイツのケルンにある「ケルン大聖堂」です↓

ケルン ドイツ

(手前の橋の方が存在感ありますが、注目して欲しいのは後ろの大きな双塔です)

ゴシック建築は、ロマネスク建築には無い画期的な技術を駆使して建てられたので、ロマネスク建築よりも高く、壁に大きな窓を開けることができました。

重厚なロマネスク建築と違い、見た目をいかに軽くするかを究めたのです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
確かに「え、すっげ」と思いました、ぼくは!!!

ゴシック建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はゴシック建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無[…]

ゴシック建築 まとめ
以上の「ロマネスク建築」と「ゴシック建築」を合わせて「中世建築」と呼びます。
※中世建築以降の西洋建築の対象は基本的に全てキリスト教会です(←意外に重要な情報

⑨ルネサンス建築

この時代、

「ロマネスクよりもゴシックよりも、本家本元のローマ建築をもう一度復活させよう!」

と、過去のローマ建築が見直され、古典系建築が「ルネサンス建築」として復活します。

キューバ 歴史
筆者
実はこの時代には、ローマ建築よりギリシャ建築の方が古いとはまだ解明されていなかったんです

ルネサンス建築の傑作は、イタリアのローマにある「テンピエット」です↓

ルネサンス建築

ルネサンス期の人々は、ローマ建築こそお手本にするべき様式だと考え、なるべくローマ建築の技術を真似て建物を作りました。

しかし所々にローマ建築にない新しい技術を導入してあり、ローマ建築とは異なる建物になっています。

ヨーロッパ ブログ
筆者

あーら調子乗っちゃって。どう考えてもやり過ぎやろ

と思えるような部分も多いです(笑)

ルネサンス建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はルネサンス建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全[…]

ルネサンス建築 まとめ

⑩バロック建築

この時代、ルターの宗教改革によって市民にキリスト教会への疑問が噴出し、

ルター「今のキリスト教会は腐ってる!みんな目を覚ませ!今のままではダメだーー」

教会側「ぐむむ、予想以上の反発が。信者の目を引く(心を繋ぎ止めるための)超豪華な教会を建てねば・・・」

と、信者を減らさないようにとにかく派手で豪華な教会を建てたのが「バロック建築」です。

バロック建築の傑作は、バチカン市国にある「サン・ピエトロ大聖堂」です↓

バロック建築

バロック建築も、基本的に古典建築をお手本としましたが、様々なアドリブ・工夫を加えて今までと異なる様式として完成されました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
バロック様式の教会内部は、金ぴかと彫刻でとにかく派手です!!!

一瞬でわかります。

バロック建築

中身の豪華さだけでなく、もっともっと潜在的な工夫を凝らしているのも注目です。

バロック建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はバロック建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無[…]

バロック建築
以上の「ルネサンス建築」と「バロック建築」を合わせて「近世建築」と呼びます。

⑪新古典主義建築

この時代、考古学研究によってギリシャ建築の存在が明らかになり、(やっとかい(゚д゚)!)

「ちょ待って。ローマ建築よりギリシャ建築の方が古いんじゃね!?そっちの方が本気本元やん!それを復活しよーや」

と、ギリシャ建築をそのまま復活させようとしたのが「新古典主義建築」です。

新古典主義建築の傑作は、イギリスのロンドンにある「大英博物館」です↓

ルネサンス期とは比べ物にならないほど、忠実にギリシャ建築を再現しています。

なんせ新古典主義建築ではローマ建築ですらギリシャ建築より不合理だとしました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

ギリシャ建築至上主義と言っても過言ではありません

その徹底ぶりは知れば知るほど恐ろしいくらいです

新古典主義建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回は新古典主義建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全[…]

新古典主義建築 まとめ

⑫ゴシック・リヴァイヴァル建築

中世のロマネスク・ゴシック建築から、ルネサンス→バロック→新古典主義と古典系建築が連続し、

「ここ何百年も古典系建築ばっか復活させてんじゃん。いや、中世のゴシック建築も素晴らしかったやん!」

という流れで復活したのが「ゴシック・リヴァイヴァル建築」です。

リヴァイヴァルとは英語の"Revival(復活)"です

ゴシック・リヴァイヴァル建築の傑作は、イギリスのロンドンにある「ウェストミンスター宮殿」です↓

ゴシック・リヴァイヴァル建築では、ゴシック様式のあの感動をもう一度という事で、ゴシック様式の要素をふんだんに盛り込みました。

なのでゴシック様式とほとんど変わるところはありません。

ヨーロッパ ブログ
筆者

違うとすれば、教会かそうでないか、くらいです!!!

(↑これに気付くまで長かった…)

ゴシック様式はキリスト教徒のための教会堂の建設に用いられましたが、この時代になると教会だけでなく様々な施設に使われました。

他にもバロック・リヴァイヴァルやルネサンス・リヴァイヴァルなどもあります。

リヴァイヴァル建築の更に詳しい情報はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はリヴァイヴァル建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を[…]

リヴァイヴァル建築 まとめ
以上の「新古典主義建築」と「リヴァイヴァル建築」を合わせて「近代建築」と呼びます。

さいごに

筆者
長かったあぁぁぁぁぁぁぁぁ

いかがでしたか?

なるべく難しい言葉は使わずに説明したつもりです。

正直もっと詳しいことはそれぞれの記事を読んで頂く方が圧倒的にわかりやすいと思います。

古代メソポタミア建築から順番に読んでいくと、西洋建築の歴史の流れも自然と頭に入るのではないかと思います。

もしヨーロッパに行かれるなら、絶対に前もって西洋建築の勉強はしておいた方が良いですよ。

ここまでお読み頂いてありがとうございましたヾ(≧▽≦)ノ

ヨーロッパ建築 わかりやすく
最新情報をチェックしよう!