⑤【オーダーの有無で分類】古典系建築と中世系建築とは【3/7】

ギリシャ建築 古典系 中世系

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。

» 恒例の挨拶(クリックで開きます)

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます

キューバ 歴史
筆者
5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

» 折りたたむ

前回の記事はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。[show_more more=恒例の挨拶(クリックで開きます) less=折りたたむ color=#0066cc list=»[…]

ギリシャ建築 調和

本記事は「古典系建築と中世系建築とは?」を解説しています。

古典系建築と中世系建築とは

この章の特に重要な点を挙げると以下の2点になります↓

この記事のPOINT

➀古典系建築と中世系建築

②オーダーの重要性

それぞれ解説します。

➀古典系建築と中世系建築

ギリシア、ローマ、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロックなどの西洋建築は大きく以下の2種類に分けることができます。

・古典系建築

・中世系建築

「そもそも何が違うの?」って思いますが、先に結論を言います↓

円柱(オーダー)があれば古典系建築、円柱が無ければ中世系建築

です。

しかしいきなり円柱(オーダー)とか言われてもチンプンカンプンなので、もっと簡単に説明しようと思います。

古典系建築のボスはギリシア建築で、中世系建築のボスはロマネスク建築です↓

なぜならギリシャ建築っぽいグループが古典系、ロマネスク建築っぽいグループが中世系とくくられるからです。

文面ばかりだと嫌になるので実際に写真を見ていきましょう↓

②オーダーの重要性

オーダーの有無は古典系建築と中世建築を区別する最も特徴的な要素なんです。

オーダーについてはこちらの記事で詳しく説明しているので参考にしてください↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。[show_more more=恒例の挨拶(クリックで開きます) less=折りたたむ color=#0066cc list=»[…]

ギリシャ建築 オーダー

では、古典系建築と中世系建築を外観だけでも、ひとまず比較してみました!!

古典系建築で注目するのはズバリ、円柱です↓

↑全ての建物に丸い円柱が使われているでしょ?

これらは全てギリシア建築の「」に由来しています。

ヨーロッパ ブログ
筆者
もっと言えば古代エジプト建築に由来しているんですがね・・・(小声)

ギリシア建築に由来している、(他にも古典系の特徴はいくつもありますが)だから「古典系」なんです。

中世系建築で注目するのはズバリ、とんがった塔です↓

※ロマネスク建築のみ例外で、まだ新しい建築様式を模索している途中なので中途半端な感じです↓

逆に中世系建築には円柱は使われておらず、「柱ー梁」という構造方式が確認できません。

こうしてみると「古典系」と「中世系」の外観の違いは明らかだと思います。

オーダーはめちゃくちゃ重要で、中世系建築と区別されるもっとも特徴的な要素です。

当然、特徴のわかりやすい建物で比較していますがオーダーの有無はとても大切なんです。

今は理解できなくても、ギリシャ建築からバロック建築くらいまで勉強していけば自ずとわかるようになるので心配しなくても大丈夫です。

ギリシア建築とゴシック建築

パルテノン神殿 アテネ

参考書「西洋建築の歴史」には、

ギリシア建築の美は、一言でいうと、柱とその並びがつくりだす力強い立体的外観にある

と書かれています。

もう少し詳しく言うと、何十トンもある梁や屋根の重さを、重力に抗い直立の姿勢を崩さず静かに受け止めているのがですよね↓

ギリシア建築

その神殿(≒柱)の姿が、同じく重力に抗って全身の筋肉を使って自分自身の肉体を持ち上げている我々人類の肉体の感覚を通して、柱に、直立し自立する自分自身の姿を見ているのだ、ってことなんです。

人類も重力に抗って直立するから、同じく重力に抗って直立している神殿の姿がとても神々しく感じる、とも言い換えることができます。

ギリシア建築は重力の感覚に満ちた立体的な柱の建築と言うことができるのです。

逆にゴシック建築についてはこう書かれています↓

ゴシック建築は、重力の感覚を喪失した膜のような壁の建築である

ゴシック建築は壁面のあらゆる部分を縁取り、分割し、床から天井まで実際に重さを支えている背後の石造部分を巧みに隠しているというのです。

ゴシック建築

わかりにくいですよね、すみません。

つまりですね、ゴシック建築のテーマは「重力の感覚を拭い去ること」であり、ギリシア建築と全くもって逆ですよね。

こういった理由で、ギリシア建築(古典系建築)とゴシック建築(中世系建築)を代表例として比較したのです。


ギリシア建築

では次に、ギリシャ建築の3つのオーダーについてお話したいと思います↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。[show_more more=恒例の挨拶(クリックで開きます) less=折りたたむ color=#0066cc list=»[…]

ギリシャ建築 オーダー

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

ヨーロッパ約30ヵ国をバックパッカーとして旅をしていたある男がいた。帰国後、その男は徐々にある大きな後悔に頭を抱えるようになった。なんで西洋建築を勉強して行かなかったんだと。西洋建築を勉強した[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
ギリシャ建築 古典系 中世系
最新情報をチェックしよう!