⑤【図解でわかりやすい】ギリシャ建築の3つのオーダー【4/7】

ギリシャ建築 オーダー

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。

» 恒例の挨拶(クリックで開きます)

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます

キューバ 歴史
筆者
5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

» 折りたたむ

前回の記事はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。[show_more more=恒例の挨拶(クリックで開きます) less=折りたたむ color=#0066cc list=»[…]

ギリシャ建築 古典系 中世系

本記事は「ギリシャ建築の3つのオーダー」を解説しています。

ギリシャ建築の3つのオーダー

この章の特に重要な点を挙げると以下の3点になります↓

この記事のPOINT

➀オーダーとは

②ギリシャ建築の3つのオーダー

③【補足】エンタブラチュアとペディメント

それぞれ解説します。

➀オーダーとは

ギリシア建築、ローマ建築、ルネサンス建築などの古典系建築にはある共通の構造があります。

それがオーダーと呼ばれる、(床から屋根までの)柱と梁を中心とした秩序ある一連のセットです↓

要するに柱があってその上に載っている棒(梁=はり)を合わせてオーダーと呼びます。

たとえこの記事を途中で離脱しても、「オーダー」という言葉だけは忘れないでください(ノД`)・゜・。

②ギリシャ建築の3つのオーダー

パルテノン神殿 アテネ

オーダーの種類には5種類あり、

ギリシャ建築が生み出した3つ

ローマ建築が生み出した2つ

となっています↓

ヨーロッパ ブログ
筆者

「柱-梁」という構造は変わりませんが、ちょっとずつ違いがあるんです!

超ざっくりしたイメージですが、「椅子」と一言で言っても

・長椅子
・パイプ椅子
・座椅子
・アームチェア
・ソファ

と何種類も分かれる、みたいな感じです。

ではこれから、ギリシャ建築のオーダーの話に入りますね。

ギリシア建築の発展過程で発明されたのが、

・ドリス式

・イオニア式

・コリント式

の3つのオーダーなのです↓

・・・。

キューバ 歴史
筆者

大丈夫。

ちゃんと説明します。

各部分を説明する際に聞いたことのない専門用語が頻出しますが、今後の全ての建築様式に出てくる言葉なので覚えた方が得です(^ω^)

先に大まかなくくりを紹介します↓

今回は上記の➀②③を解説するわけですね。

外観はこんな感じの違いになります↓

まず、オーダーは簡単に言うと3つの部位に分かれます。

それが、

・柱頭(ちゅうとう)

・柱(はしら)

・柱礎(ちゅうそ)

です。

人間で言えば、「頭」「身体」「足元」です↓

ではこれを元に実際に3種類見ていきましょう!

【解説】ドリス式オーダー

ドリス式(ドーリア式とも呼ばれる)はパルテノン神殿にも使われている最もシンプルなオーダー(円柱と梁のセット)で、紀元前7世紀頃にギリシア本土で発明されました。

まずは円柱の頭の部分、キャピタル(柱頭)と呼ばれる部分を見ていきましょう。

そもそもキャピタル(柱頭)と言ってもドリス式の場合、詳しくは2つの部分に分けられます。

白人女性
読者

え、柱頭が更に2つに分かれるの?

もう無理なんですけど・・・

ヨーロッパ ブログ
筆者

だだだだ大丈夫!!!!汗

すぐに理解できますから

その更に分かれる2つというのが、

・エキノス

・アバクス

です。

ドリス式の柱頭(キャピタル)は浅い鉢のような形をしたエキノスと、その上に載る正方形(=直方体)のアバクスからなります↓

柱(シャフト)の上に鉢、その上に正方形(=直方体)

この時点で【THE 元祖】ドリス式です。

今なら皆さんも見えるはずです、ドリス式オーダーが↓

もう一つ、ドリス式は後に出てくるイオニア式やコリント式とは足元も違います。

柱(シャフト)が石の床(スタイロベート)の上に直接立っています!!

これもドリス式の特徴です↓

そしてドリス式は溝彫り(フルート)が20本あり、

溝彫りの間は稜線(=りょうせん)を形成して接しています↓

溝彫りとは、つまり、まあ、えぐれている。という感じです(。-∀-)

また、ドリス式の柱は上に行くほど細くなっていきます。

ギリシャ建築 オーダー
最新情報をチェックしよう!