ギリシャ建築の「オーダーと調和」【5/7】

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます

キューバ 歴史
筆者
5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

前回の記事はこちら↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。筆者5回にわたってヨーロ[…]

ギリシャ建築 オーダー

今回は、「ギリシャ建築のオーダーと調和」を解説している記事です。

ギリシャ建築のオーダーと調和?意味不明です。

はい、わかります!(普通の反応です(笑))

ギリシャ建築の「オーダーと調和」

この章の特に重要な点を挙げると以下の3点になります↓

この記事のPOINT

➀オーダーと調和とは?

②モドゥルス

③リファインメント

それぞれ解説します。

➀オーダーと調和とは?

(↑ギリシア建築の最高傑作と言われるパルテノン神殿)

オーダーを全体的な統一感を保ったまま完成するには、オーダー各部の寸法の釣り合いが重要です。

前回の記事を読まれた方はわかると思いますが、

柱の径と高さ、
柱礎の幅と高さ、
柱頭の大きさ、
それらを含めた円柱の全高、
アーキトレーヴとフリーズの高さ、
コーニスの高さと出、
それらを含むエンタブラチュアの全高などなど・・・。

これらが互いに調和していないと、結果こうなります↓

ギリシア建築

or

ギリシア建築

これら各部をいかにバランス良く統一感を出すか

細部と細部、細部と部分、部分と部分、部分と全体。

イエス キリスト教
ギリシア人

これらを比例の連鎖で関連付けなければならないのか・・・。

なんせ、比例が最も大事なんじゃからな

これこそギリシア人が究めたものでした。

②モドゥルス

ギリシア人が用いた単位にモドゥルスがあります。

柱の底部の直径(ときに半径)を1モドゥルスとして、建物各部の寸法はその整数倍あるいは分数倍として定めました↓

キューバ 歴史
筆者
※めっちゃ今更ですが、柱は石柱を積み重ねて作られています

例えば、スタイロベート(床)から柱頭までの全高は、

ドリス式円柱の場合:4~6.5モドゥルス

イオニア式円柱の場合:9モドゥルス

コリント式円柱の場合:10モドゥルス

を標準としました。

このようにオーダー各部の寸法は全てモドゥルスを単位として定式化され、全てが調和する(一番美しく見える)ように作られたのがギリシア建築。

つまり、「その定式にしたがって並べて積み上げただけの恐ろしく型にはまった建築」なのです。

しかしギリシア建築はただただ定式にしたがって量産されたのではないのです。

実際にギリシア建築の全歴史を通じて同一の形、同一の比例をもつ作品は一つも存在しないのです。

③リファインメント

(↑ドリス式ギリシア建築)

ギリシア人は理想の比例を見いだすべく洗練に洗練を重ねましたが、追究はそれだけにとどまりませんでした。

究極の調和を実現するために、彼らは独自の方法を編み出しました。

それがリファインメント(視覚的矯正)です。

ギリシア建築家はたとえば、スタイロベートを完全な水平でなく中央部分をわずかに盛り上がるように湾曲させ、外周に沿った列柱を内側にわずかに傾斜させました↓

このリファインメントはギリシア盛期のドリス式神殿に顕著に認められます。

アテネのパルテノン神殿では正面30.88mに対し約6cm、側面69.5mに対し約11cmの盛り上がりをもち、円柱の内側傾斜は、円柱の全高10.43mに対して約6cmです。

「完全に水平なスタイロベートは中央が窪んでいるように見える」し、「完全に垂直な円柱は外側に傾斜して見える」のでその錯覚を矯正するために調整が行われたのでは?

と一般的には考えられています。しかし、

このような説明は誤りとは言えないが、もう少し深い意味があるように思われる!!!

と著者は言います。

リファインメントの意味

つまり実際に水平の一歩の線があるとして、果たしてこれが中央に窪んでいるように見えるのか?ということです。

» 水平の一本の線↓(クリックで開く)

 

 

 


 

 

 

 

» 折りたたむ

本当に中央が窪んで見えましたか?

少なくともぼくはそう感じませんでした(著者に同意)

著者が言うには、

もし本当に中央が窪んで感じられるのだとしたら、

それはエンタブラチュアやペディメントを支えるそれ自身重厚な円柱が加える巨大な重量の感覚、

つまりスタイロベートを押し下げようとする垂直下向きの強い力の感覚によるものである

とのことなのです。

※スタイロベートとは基盤のこと(≓地面)

つまり、

窪んで見えるかどうかにかかわらず、

スタイロベートは建物の全重量をその上に載せる基盤なので、

不動の強固さを持っていなければならないのは当然だが、

さらにはそう「見える」ということが重要なのだ

と述べているのです。

ヨーロッパ ブログ
筆者

なので「水平の線は中央が窪んで見える→だから中央を盛り上げた」という安易な結論ではなく、

「スタイロベートは大地としての不動の強固さを持っているように見えなければならない→だから中央を盛り上げた」

ということなのです!!!


ギリシア建築

では次に、オーダーと石造建築の矛盾についてお話したいと思います↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はギリシア建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。筆者5回にわたってヨーロ[…]

ギリシャ建築 石造建築

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
ギリシャ建築 オーダー 調和
最新情報をチェックしよう!