【調和が命】ギリシャ建築の概要と美の概念【2/7】

こちらは西洋建築のギリシャ建築を理解するために必要な、ギリシャ建築の概要と美の概念を解説している記事です。

ギリシャ建築って、あのギリシャ建築?

はい、そうです!(結局どのギリシャ建築?ww)

ギリシャ建築の概要と美の概念

この章の特に重要な点を挙げると以下の2点になります↓

この記事のPOINT

➀ギリシャ建築の概要

②ギリシャ建築の基本的な概念は『調和』

それぞれ解説します。

➀ギリシャ建築の概要

まずギリシア建築の概要を説明します。

ギリシャ建築は、ギリシャ人が紀元前7世紀ごろに発展させ始め、神殿を中心とした単純な構造の中に完璧な調和の美を実現した建築様式

です。

難しいですね(笑)

万物の根源は数である。比例的で規則的なものが最も美しい。

ピタゴラス

古代の哲学者ピタゴラスは、万物は数の関係にしたがって成り立つ調和ある存在とし、古典系建築に共通するもっとも基本的な美の概念が「調和」です。

古典系建築とは

※「古典系建築」とは、紀元前7世紀に発展したギリシア建築や紀元前後に発展したローマ建築のような「昔の建築様式」。

以降イタリアのルネサンス期に「あの素晴らしい建築様式をもう一度」として復活したルネサンス建築やバロック建築もギリシア建築やローマ建築の流れを受け継いでいる。

ギリシャ建築とはギリシャ人が究めたシンプルな構造の神殿形式!

②ギリシャ建築の基本的な概念は『調和』

古典系建築の最も基本的な概念は調和、と書きましたが、正直意味不明ですよね(笑)

では調和とは何か、軽く説明致します。

この時代、ギリシャ人は特に「比例」などの「数学的なバランスの良さ」を重視しました。

極端な話、下のような建物が美しく見えないのは数学的に調和していないからだ、という事です↓

↑とか、

↑です。

筆者 アイコン
筆者
確かに、なんか不格好ですよね・・・

こう考えたら、「美しく見えるように」って結構難しいですよね・・・

↑ピタゴラス曰く、これらが美しく見えないのは数学的に調和していないからなのです!!!

古代ギリシャ人は柱同士の間隔や柱の直径、高さ、各部の寸法などを恐ろしい精度で定めていきました(後述します)

ギリシャ建築で重要なのは調和であり、数学的なバランスが命!

ギリシア建築

では次に、古典系建築と中世系建築の違いについてお話したいと思います↓

関連記事

こちらは西洋建築のギリシャ建築を理解するために必要な、古典系建築と中世系建築とは?を解説している記事です。古典系建築と中世系建築ってなんか違いあるんですか?はい、あるんです!(無かったらこの記事書かないよね?)[…]

ギリシャ建築

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
ギリシャ建築
最新情報をチェックしよう!