【古代メソポタミア建築】メソポタミア地域の位置・歴史・建築【2/5】

こちらは西洋建築の古代メソポタミア建築を理解するために必要な、メソポタミア地域の歴史や建築を解説している記事です。

メソポタミアって、あのメソポタミア文明の?

はい、そうです!(それ以外あったら教えてくれ)

古代メソポタミア建築とは

この章の特に重要な点を挙げると以下の3点になります↓

この記事のPOINT

➀メソポタミア地域の位置

②メソポタミア地域の歴史

③メソポタミア地域の建築

それぞれ解説します。

➀メソポタミア地域の位置と歴史

まずはメソポタミアの位置を確認しましょう。

メソポタミア地域とは、現在のイラク国内に属します↓

メソポタミアとは、ギリシャ語で「2つの川のあいだの土地」を意味し、ここで言う2つの川とはもちろん「ティグリス川」と「ユーフラテス川」を指します。

つまり、ティグリス川とユーフラテス川の間の地域をメソポタミアと呼びます↓

メソポタミア地域とはティグリス川とユーフラテス川の間の地域のこと!
では大体の地図がわかったところで、歴史に移ります↓

②メソポタミア地域の歴史

メソポタミア地域は世界四大文明の発祥地の一つで、極めて平坦な地域です。

平坦という事は、敵が入り込みやすく、争いが絶えない地域ということです。

この地では古くから農耕が発達し、その生産力に基づき建築と呼ばれるに相応しいモニュメントと都市が、歴史上最も早く誕生しました。

筆者
これから歴史の話するでちょっと辛抱してな

紀元前7000年頃

この頃から人間の営みが始まる

紀元前6000年頃

最初期の住宅遺構は北部のハッスーナ↓に残されている

紀元前5000年頃

都市の形成や神殿の建設がみられるのは南部の都市エリドゥ↑で、紀元前5,000頃まで遡る

紀元前3000年期

この頃には都市の重要な展開が見られる

メソポタミア地域ではこの頃はシュメール・アッカド時代と呼ばれ、ジッグラト(聖塔)が現れるのもこの時期

紀元前3000~紀元前500年

その後「古バビロニア時代」、「カッシート時代」と続き、壮大な都城や大宮殿を建造した古代初の帝国「アッシリア」の時代がおとずれ、壮麗なイシュタル門や空中庭園の建てられた「新バビロニア時代」に至り、「アケメネス朝ペルシア帝国」に滅ぼされた。

このように、メソポタミアは豊かで平らな土地という性格から、古くから様々な民族が入り乱れて覇権を争う地域でもありました。

③メソポタミア地域の建築

上の歴史の中でも説明したように、メソポタミア地域の最初期の住宅遺構というのは紀元前6,000年頃からあるようです。

古代オリエント建築の傑作と呼ばれるウルのジッグラトが完成する紀元前2,100年まで、約3,900年かかったことになりますね。

まあ建築のけの字もわからない時代ですし、争いも絶えない土地なので仕方ないのかもしれませんね(笑)


西洋建築 基礎

では次から「ウルのジッグラトがなぜ傑作と呼ばれるのか」を解説していきます↓

【ジッグラトの凄さとは】「ジッグラト」の各部説明と控え壁【3/5】

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓
古代メソポタミア建築 歴史
最新情報をチェックしよう!