【初期キリスト教建築】バシリカ式教会堂のプランと構造【3/5】

こちらは西洋建築の初期キリスト教建築を理解するために必要な、バシリカ式教会堂のプランと構造を解説している記事です。

プランって、「計画」って訳される英語のあれ?

いいえ、違います!(とりあえず質問の前に話聞いて)

バシリカ式教会堂のプランと構造

この章の特に重要な点を挙げると以下の2点になります↓

この記事のPOINT

➀基本的なプラン

②教会堂内部の構造

それぞれ解説します。

➀基本的なプラン

まずはバシリカについての復習ですが、バシリカとは初期キリスト教建築家たちが教会として代用した古代ローマの集会所のことでしたよね?

まだ「は?(・。・;」状態の人は↓の記事でもう一度復習しましょう↓

関連記事

こちらは西洋建築の初期キリスト建築を理解するために必要な、イエスの生涯と教会建築の誕生を解説している記事です。初期キリスト教建築?キリスト様が建てた建築物のこと?いいえ、違います!(全然ちげーよ)イエスの生涯[…]

初期キリスト教建築

また、「プラン」とは平面形式を表す用語ですので、ここで覚えましょう!

「バシリカとは何なのか」を何となくわかったところで、バシリカ式教会堂の一般的形式についてみていきましょう!

まず、基本的なプラン(平面形式)はこんな感じです↓

はい、意味わかりませんよね。

大丈夫、しっかり説明します!

以下の説明は、上の画像を見ながら読み進めてください。

バシリカ式教会堂の一般的形式は、まず入り口を入ると周囲に➀列柱廊を巡らせたアトリウムと呼ばれる②前庭があり、その中央には③泉亭(せんてい)があり、教会堂に入る前に体を清めるため、あるいは洗礼を授ける洗礼堂の役目を果たす場所だったと考えられています↓

(上の説明を付加した図↓)

「聖なる場所に入る前にちゃんと体を清めてねー」って感じですよね。

神社で手を清めるのと似ています。

アトリウムを渡っていよいよ教会堂に入ると、まずナルテクスという④玄関廊があり、ここは洗礼をまだ受けていない洗礼志願者のための空間です。

キリスト教に帰依することを公に表明するまではナルテクスから先の⑤教会堂内部に入ることは禁じられていました。

これは、キリスト教が公認されてまだ間もない時期だったので、異教徒による迫害を警戒していたからだと考えられています。

初期のバシリカ式教会堂は、信者しか入れない空間と一般人も入れる空間に分かれていた!

②教会堂内部の構造

(↑教会堂内部の様子)

ではここから信者にのみ入ることを許された教会堂内部の構造を説明します。

重要単語が頻出しますので、気合を入れて脳に蓄えましょう!

身廊と側廊

さて、教会堂は縦長の長方形プランを採用し、中央の一番広い廊下である身廊(しんろう)とその左右の天井が一段低く、幅も狭い廊下である側廊(そくろう)で構成されています↓

※この身廊はとても重要なワードです!

身廊と側廊を理解するもう一つのヒントです↓

(大アーケード、列柱については無視してください)

ロマネスク建築

まずは身廊と側廊について理解しましょう。

クリヤストリー

身廊も側廊も天井は木造で、身廊と側廊との間は円柱の列柱が並び、身廊と側廊の屋根の段差を利用して開口部を開け、採光しているのもバシリカ式教会堂の重要な特徴です↓

↑の画像に「身廊の屋根」「側廊の屋根」「段差を利用した開口部」を書き加えると以下のようになります↓

この身廊上部の高窓の列のことを「クリア・ストーリー(クリヤストリー)」と呼びます。

(教会の内側から見たらこんな感じ↓)

イタリア ロマネスク建築

アプス

身廊には信徒の座席が並べられ、その東側の突端に⑥アプスと呼ばれる半円形の張り出しがあり、そこにはミサ典礼を司る司祭の座る席である⑦カテドラ(司教座)があり、アプスは教会堂の最も重要な部分なのです。

(↑画像右側に⑥アプスがありますね)

ロマネスク建築

教会堂に入場した全ての信徒たちの視線がアプスに集中するように考えられ、キリストの復活・昇天や聖霊降臨などをテーマとして描かれた半ドームの壁画があるのが一般的です↓

(例えばこんな感じ↑)

司教はイエスの代理であり、その周りに座る司祭たちは使途を意味しているので、カテドラが置かれているアプスは教会堂の最も重要な部分なのです。

袖廊(トランセプト)

また、アプスと身廊の接続部分には、身廊と直交する廊下が入り、左右に張り出して洋服の袖のように伸びていることから⑧袖廊(トランセプト)と呼ばれています。

(ロマネスク建築編で紹介しますが)後にこの袖廊(そでろう)はもっと伸びて教会の左右に張り出し、なんと上から見たら教会の平面形式が十字架になっていきます↓

いまは「へー」とだけ思ってもらえば大丈夫です。


では次に、実在する初期キリスト教建築の紹介をしていきたいと思います。

関連記事

こちらは西洋建築の初期キリスト教建築を理解するために必要な、実在する初期キリスト教建築を解説している記事です。初期キリスト教建築の実例って、パッと5つ6つ出てくるよね~はい、そうですね!(ヤベッ、おれ5つも知らんぞ)[…]

初期キリスト教建築

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
初期キリスト教建築
最新情報をチェックしよう!