【初期キリスト教建築】イエスの生涯と教会建築の誕生【2/5】

こちらは西洋建築の初期キリスト建築を理解するために必要な、イエスの生涯と教会建築の誕生を解説している記事です。

初期キリスト教建築?キリスト様が建てた建築物のこと?

いいえ、違います!(全然ちげーよ)

イエスの生涯と教会建築の誕生

この章の特に重要な点を挙げると以下の3点になります↓

この記事のPOINT

➀イエスの生涯

②教会建築の誕生

③バシリカとは

それぞれ解説します。

➀イエスの生涯

参考書「西洋建築様式史」には詳しく載っていますが、さすがに全部書いたら最後まで読んでもらえないと思うので、かなり要約しました↓

イエス・キリストは、今からおよそ2000年前に現在のイスラエルのナザレという村で生まれ、十字架に磔にされて殺され、3日後に復活したとされます。

イエスの死後、ユダヤ教徒とローマ皇帝の激しい迫害を受けながらも、313年のミラノ勅令によりキリスト教が公認されてヨーロッパ中に急速に広まりました。

ふう(-_-;)

ありふれた一般人の生涯をこの量に要約するだけでもほぼ不可能なのに、イエス・キリストの生涯をこの量にまとめました(笑)

イエスは何度も奇跡を起こし、イエスの死後にキリスト教がヨーロッパ中に広まった。

②教会建築の誕生

イエスの死後、(かなり紆余曲折ありながらも)約300年後にローマ帝国の国教として公認されたキリスト教でした。

それまで地下に潜っていた隠れキリシタン的な信者たちは公の場で集会を行うことができるようになったことで、キリスト教の教義と典礼に最も適した新しい建築様式をつくり出すことが大きな課題となりました。

キリスト教に最も適した教会とは・・・?Let’s 想像!

しかし突如として教会建築が誕生したわけではなく、彼らはひとまず古代ローマの各都市に建てられていたバシリカ(後述します)という集会施設を教会堂の代用としました。

キリスト教信者たちは初め、古代ローマが残したバシリカを教会代わりにした。

③バシリカとは

さて、古代ローマが残したバシリカキリスト教に最も適した構造だったとの事ですが、バシリカとは何でしょうか?

バシリカについて詳しいことはまだ解明されていませんが、裁判所とか商業取引所などの多目的なホールで、大勢の人たちを細長い部屋に集めて議長が演壇の上で演説ができるような形式を採っていたものです。

イメージ的にはこんな感じです↓

つまり先ほどの答えになりますが、このバシリカがキリスト教の聖書朗読とミサ典礼を行うのに都合が良かったのです。

詳しいことは後々述べていきますが、早い話「入り口から奥まで歩かせる方が厳かな感じがするから」という理由で長方形平面のバシリカを代用しました。

このようにして、初めての教会堂建築はバシリカの平面形式(プラン)と構造を基本として形式化されたので、バシリカ式教会堂と呼ばれるようになりました。

バシリカとは長方形平面の部屋のことで、この構造がキリスト教会の典礼に適していた。

では次に、バシリカ式教会堂のプランと構造についてお話したいと思います。

関連記事

こちらは西洋建築の初期キリスト教建築を理解するために必要な、バシリカ式教会堂のプランと構造を解説している記事です。プランって、「計画」って訳される英語のあれ?いいえ、違います!(とりあえず質問の前に話聞いて)[…]

初期キリスト教建築

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
初期キリスト教建築
最新情報をチェックしよう!