【ヨーロッパ旅行記】ベルギーの首都ブリュッセル【5/10】

RYOです(”◇”)ゞ

親友さわと一緒に周った、2015年のヨーロッパ旅の復習として、ベルギーの首都『ブリュッセル』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
今回はおまえと一緒の旅か。ハア~
親友さわ
コイツ!!!!親友に何てこと言いやがる(笑)みんなよろしく

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。

» 続きを読む

2015年は2月24日~3月18日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は華の都パリやブリュッセル、マッターホルンの麓の町ツェルマットに初めて行くのでかなり興奮していました。

しかし、ただ手放しでウキウキはしていられませんでした。

その理由が以下の2点でした↓

➀イスラム過激派テロリストによるシャルリー・エブド紙襲撃事件

→ちょうど日本を出発する一ヵ月ほど前に、ISILがシリアで日本人を監禁・殺害するという事件が発生。

ISIL「このナイフは後藤だけでなく、どこであろうと日本人を殺し続けるだろう。日本にとっての悪夢の始まりだ」

という恐怖の声明が出された中、親友さわとは

「もしテロリストに捕まりそうになったら、自分の命優先で!

逃げれるなら自分一人で逃げること、な!

下手にお互いを助けようとするのは無し。」

という誓いをしてから日本を発ったのです。

②留年の可能性

テロリストの話と比べるとかなりしょーもないんですが、この年の日本出国の日はちょうど先輩の卒論発表会にあたっており、これに出席してレポートを提出しないと留年する可能性があったのです。

研究室の教授に一応話をしたんですが、「そんなん君の都合やろ?ぼくは知らんよ」と言われ、結局「航空券をキャンセルするか留年覚悟でぶっちするか…」という二者択一を迫られたのです。

結局ぶっちしました!!(笑)←笑っている場合じゃなかった

結局帰国後に一世一代の大謝罪を経て、なんとか留年回避から卒業までこぎつけましたが、ヨーロッパにいる間も思い出すたびに本当に気分が滅入りました(笑)

» 折りたたむ

「〇〇時に△△行きの電車に乗り・・・」みたいなだらだら長話は避け、単純にその国で見たもの/驚いたことを中心にご紹介していきます。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

ブリュッセル滞在記

アムステルダム中央駅を出て、ベルギーの首都ブリュッセルへ向かいます。

ベルギーと言えば「チョコレート」だよね

ブリュッセル中央駅に着くや否やベルギーの真珠、チョコレートアートが盛大にお出迎えです↓

さすがチョコレートで有名なベルギー

チョコと言えばベルギー王室御用達のGODIVA(ゴディバ)ですよね。

実はブリュッセルのグランプラスにはGodivaの本店があるんです!!

車内での小遣い稼ぎも普通

ブリュッセル中央駅から路面電車を乗り継いで少し中心地から離れたHOSTEL LOUISE(ホステル・ルイーズ)に向かいました。

路面電車の中ではバグパイプみたいな(みたいな、です(笑))楽器を奏でるおじさんがいました。

目の前でうるさく演奏するので、さわと相談して「いくらかやる?」的に少しコインを渡しました。

するとめっちゃ長い間スマイルで目の前で演奏してくれたんです。

筆者
5セントくらいでよう動くな~、このおじさん

しかしヨーロッパの公共交通機関の中にはこういう好意的な人ばかりではありません。

今まで見た中には汚い服装の臭いおじさんが片手でコインの入った缶詰をチャリチャリ言わせながら「お恵みを~」って感じで乗客一人一人に物乞いしている人もいました。

本当に色んな人がいます。

ヨーロッパのレジは日本と違う

アムステルダムに少し長い間いすぎたので、ホステルに着いたらもう夕方でした。

最寄り駅からホステルに向かう間にラーメン屋をちらっと見つけ「後で行く一択か」と話しながらまずはホステルに荷物を置きました。

ヨーロッパのスーパーマーケットではベルトコンベヤーに商品を置いて自分の領域はここまでという証のプラ板みたいなんを置き隣との境界を仕切ります。

※コストコでもこの方式が採用されていますね

そして座っている店員が手元のボタンや足元のペダルを踏み、ベルトが動き店員さんは座りながら商品をピッピッできるという仕組みです↓

見た目100点の苺ケーキ、いくらか忘れたけどめっちゃ安かったんです。

はい、買いました。

今晩が楽しみです(^ω^)

ベルギーの物価は殺人的

という事で、買い物も終わったのでこれから、ラーメン屋に向かいます!!

筆者
パンとかサラミもええけど、やっぱ日本食やな‼

とか話しながらさっきチラッと目を付けていたラーメン屋へ。

店の外に飾ってあるメニュを見ながらふとメニュ横の値段を見る。ふむ。

筆者
え、一番安い醬油ラーメンが14ユーロ?(1,700円超え)ウソやろおぉぉ

ぼくたちには無理だー

HALAL(ハラル)フードって知ってますか?

結果、近くのファーストフード店でのディナーに早変わりです↓

このメニューの左上に書かれている”HALAL FOOD“の意味、知ってますか?

これは知ってて損はないと思います。

ハラルフード

戒律の厳しいイスラム教の人でも食べることのできる食品

ハラルとは「神に許された」という意味で、ハラルフードは「神に許された食べ物」という意味ですね。

驚くことにイスラム教では

口にする食品だけでなくその生物(基本は動物)がどうやって殺されたかも厳しく指定されている

のです。

今後、東京オリンピックで大勢の外国人の来訪が予想されるのでこのハラルフードも大きなポイントになってきそうです。

詳しくはまた自分で調べてください。

ディナーのデザートに選んだ、見た目めっちゃ美味しそうやったから買った苺ケーキ↓

ぜっんぜん美味しくないです(笑)

危ない水道水

翌朝、起きて部屋の中にある洗い場で顔を洗おうとしたところ、真っ赤な水が出てきました!!!

ぼくらは安さだけで選びましたが、

・中心地から遠い(徒歩1時間)

・朝食が無い

・清潔でも不潔でもない

・全体的に簡素

という特徴を兼ね備えているホステルでした。

Booking.com

ブリュッセルの学生街にあるHostel Louiseは、ブリュッセル自由大学から徒歩10分のロケーションで、手頃な料金の…

ヨーロッパのパトカーと救急車は青色灯

翌日は近くの公園でまずはリフレッシュしたのですが、そこで見たヨーロッパのパトカーや救急車の上で周っているランプが青色でした。

ヨーロッパで初めての警察車両、青色灯が回っているのは初めて見ました↓

欧米人に訊いたところ、

「赤色は波長が長くて確かに目立つけど、ブレーキランプと一緒じゃん?青色の方がいいじゃん?

との事でした。

ベルギーはビールとワッフルとチョコの国

その後ビール買おーやと、ブリュッセルの中心街であるグランプラスにあるビール専門店?でビールを買って2人で並んで試飲しました。

実はベルギーはビールがめちゃくちゃ有名なんです!!

2人で並んでビール飲んでたら、急に1人の男性が話しかけてきました。

ちょっと話すとどうやら彼はネパール人らしい。が、初めはおじゃMAP!!の突撃取材かと思いました。

何故ならそのネパール人、他にも人がいっぱいいる中で日本人ぽい僕らだけに話しかけてきたのです、その割に全然英語が話せない(一般の日本人くらい)、単純に顔が香取慎吾(写真参照↓)に似ていたからです。

ほんま、ぼくはどこかにカメラが隠れてると思ってました↓

そして、小学生の頃から無意識に刷り込まれてきたベルギーといえばワッフルというイメージを形にする時がきました。

果たしてワッフルは本当にベルギーで有名なのか?はい有名です。以上

↑美味しかったけど…おっさんなったからか、

筆者
いや、結局チョコとか苺とかバナナのトッピングの味やん。ワッフルそのものの味はどないやねん

と思うようになりました。

いやーおっさんですね(笑)

世界三大がっかり?小便小僧

もう一つベルギーと言えば?

いえ、ブリュッセルと言えば?

しょう・・・?まだわからんか。しょうべんこぞ・・・?

そう小便小僧です。

巷では「世界三大がっかりの一つ」と呼ばれる小便小僧です。

日本でも何故か子供の頃から知ってるよなーと思いながらも、初めて見る本物の小便小僧に興奮が抑えき・・・れ・・ない?

ん(´っ・ω・)っ????????

ヨーロッパ ブログ
筆者
いや、しょっぼ~

こん時は世界三大がっかりという登録商標を知らなかったのでただただ世界の超有名豪華絢爛建造物が見れるという感じでウキウキわくわくしてました。

が、本当に規模の小ささにびっくりです。

華の都パリへ

フランス、パリ

そのままブリュッセル中央駅から華の都パリに行ってきます。

さあ、初めてフランスが誇る高速列車TGVに乗れます。

これが楽しみで楽しみで(笑)

関連記事

RYOです(''◇'')ゞ親友さわと一緒に周った、2015年のヨーロッパ旅の復習として、フランスの首都『パリ』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。筆者今回はおまえと一緒の旅か。ハア~[…]

旅行記 フランス パリ
旅行記 ベルギー ブリュッセル
最新情報をチェックしよう!