【ヨーロッパ旅行記】オランダの首都アムステルダム【3/10】

RYOです(”◇”)ゞ

親友さわと一緒に周った、2015年のヨーロッパ旅の復習として、オランダの首都『アムステルダム』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
今回はおまえと一緒の旅か。ハア~
親友さわ
コイツ!!!!親友に何てこと言いやがる(笑)みんなよろしく

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。

» 続きを読む

2015年は2月24日~3月18日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は華の都パリやブリュッセル、マッターホルンの麓の町ツェルマットに初めて行くのでかなり興奮していました。

しかし、ただ手放しでウキウキはしていられませんでした。

その理由が以下の2点でした↓

➀イスラム過激派テロリストによるシャルリー・エブド紙襲撃事件

→ちょうど日本を出発する一ヵ月ほど前に、ISILがシリアで日本人を監禁・殺害するという事件が発生。

ISIL「このナイフは後藤だけでなく、どこであろうと日本人を殺し続けるだろう。日本にとっての悪夢の始まりだ」

という恐怖の声明が出された中、親友さわとは

「もしテロリストに捕まりそうになったら、自分の命優先で!

逃げれるなら自分一人で逃げること、な!

下手にお互いを助けようとするのは無し。」

という誓いをしてから日本を発ったのです。

②留年の可能性

テロリストの話と比べるとかなりしょーもないんですが、この年の日本出国の日はちょうど先輩の卒論発表会にあたっており、これに出席してレポートを提出しないと留年する可能性があったのです。

研究室の教授に一応話をしたんですが、「そんなん君の都合やろ?ぼくは知らんよ」と言われ、結局「航空券をキャンセルするか留年覚悟でぶっちするか…」という二者択一を迫られたのです。

結局ぶっちしました!!(笑)←笑っている場合じゃなかった

結局帰国後に一世一代の大謝罪を経て、なんとか留年回避から卒業までこぎつけましたが、ヨーロッパにいる間も思い出すたびに本当に気分が滅入りました(笑)

» 折りたたむ

「〇〇時に△△行きの電車に乗り・・・」みたいなだらだら長話は避け、単純にその国で見たもの/驚いたことを中心にご紹介していきます。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

アムステルダム滞在記

レゲンスブルグを出て一晩だけグローセンリンデンという町で過ごし、それからオランダの首都アムステルダムへ行ってきました。

初めてのFKK

レゲンスブルグを発ち、気付けばドイツのフランクフルトにほど近いグローセンリンデンという町にいました。

かなりの田舎町。

駅を降りて歩くこと一時間、未だに何も見つからない。

お目当ての施設の影も形も全然見つからない。

結局、ギーセンという町まで一駅乗ってそこから豪勢にタクシーで目的地に向かいました。

そこで"FKK"というドイツでは有名な商業施設で一泊することにしました。

FKKとは日本語で「裸体主義」と訳され、いわゆる「裸で行動するのって素敵ね」という主義です。

そこから転じて、FKKはドイツで有名な○○○(禁句)を指す言葉になりました。

このFKKの(店によって異なりますが)情報をいくつか紹介します。

» FKKの説明(クリックで開く)

入店から退店の流れ

初めに入店から退店までの流れをご説明します。

基本的に日本の銭湯と同じような感じです。

➀お店の玄関に着いたら、遠慮なく扉を開けて受付に向かいます。

②入場料を払うと、バスタオルや鍵などを渡され、館内での注意点を言われます。

※このとき、大きな荷物があれば(基本的に)無料で預けれます。

③あとは鍵の番号のロッカーを探して貴重品を入れてバスタオル一丁になります。

④そこからは、館内でご飯を食べるなりシャワーを浴びるなり他の客と取引するなりベッドで寝るなり自由です。

基本的にFKKは午前11時から翌朝の午前5時ごろまで空いているのが普通で、好きな時間に入店でき、好きな時間に退店できます。

何時に入ってもいいですが、閉店時間には否応なく追い出されます。

(↓バスタオル一枚に着替えるロッカールーム)

(↓夏は屋外でBBQなどもしているらしい)

(↓寝たい男性専用の空間=ここには女性は入れない)

どういうシステム?

では、このFKKがどういうシステムかを紹介します。

FKKのシステムを理解するのに重要なことは「施設側」「女性客」「男性客」という三者が存在することです。

「施設側」は「女性客」と「男性客」に施設を提供する。

客同士は中で好きに取引できるが、「施設側」はあくまで「中で客同士がどのような取引を行っているかは一切知りません」という立場

という感じです。

つまり、日本と違い「施設側=女性側」ではなく、あくまで施設側は「女性客」と「男性客」から入場料をもらい施設を提供しているだけなんです。

つまり女性客は入場時点で入場料分マイナスでスタートしますので、できるだけ男性客と取引するために必死です。

当然ですが閉店時刻になれば「男性客」も「女性客」も追い出されます。

つまり開館中に女性客はできるだけ取引を行い、収支をプラスにして施設を出なければならないのです。

無料で提供される物

館内はピンクのネオンが薄暗く灯っており、その薄暗い中にバーや無数の小部屋があります。

基本的に館内では

ビールもビュッフェ形式で用意されている食事もシャワーもジャグジーの使用も全て無料

です。ビール以外のアルコールドリンクは基本的に有料です。

調子に乗って頼み過ぎないようにしましょう!

お金がかかるもの/こと

逆にお金がかかるもの/ことと言えば、入場料とちょっと贅沢なカクテルと他の客との取引くらいでしょうか。

基本的に入場料は70ユーロ前後(9,000円前後)で、他の客との取引の相場は30分50ユーロ(6,500円前後)です。

交渉次第で色々なオプションを追加できますが、その取引自体の値段を50ユーロ以下に値下げすることは難しいです。

もしなるべく安く取引したいなら、できる限り閉店前の90分前くらいから交渉すればいいと思います。

女性客も最後のスパートで最悪値下げしてでも取引してくれるかも知れません。

FKKのまとめ

入場料70ユーロ(約9,000円)を払って館内に入ることができ、

中では常にビュッフェ形式の食事が用意してあり、

好きな時間にいつでも食べることができ、

館内では男性はバスタオル1枚で移動するのでジャグジーやプールやシャワーをいつでも楽しむことができ、

またほとんどのお店ではビールがタダで好きなだけ飲めるというお店です。

また、好きな時間に寝ることもでき世界中から色んな人たちが利用しに訪れます。

館内では写真の撮影は一切禁止で、施設の入り口にはゴツイ用心棒がいるのでセキュリティはばっちりです。

僕は隠れて何枚か写真撮りましたが、バレてたら・・・

※館内には色々な約束事があり違反するととんでもない目に遭うと思うので、決められたルールはしっかり守りましょう。

基本的に午前11時から翌午前5時まで利用することができます。

逆に午前5時には追い出されるので、旅行者はその時間から始発が動き出すまでどこかで時間を潰しておく必要があります。

» 折りたたむ


翌朝5時

この施設を追い出され、タクシーで駅に着いた我々。

暗い静かな駅構内で始発を待ちます↓

自由に動き回る車掌

フランクフルトを出てようやくミッフィーの生みの国オランダの首都アムステルダムに到着しました(≧▽≦)

道中、車窓からは大きな風車が見えおおーオランダ来たなーと意味もなく呟きます。

また、なぜか車掌がぼくのすぐ横で、しかも結構な時間座ってました(笑)

オランダ アムステルダム

(隠れて撮影)

親友さわには

親友さわ
お前なんかやったんちゃん?笑

と言われながらも、彼の怖い目つきは変わらない。

結局そのまま降車しましたが、ヨーロッパではこれは普通らしいです(笑)

街の全体図は把握しておくべし

その後駅に着き街の全体図を写真に撮る。

意外にこれが重要である、海外では!!!

街の全体図、駅の路線図は必ず写真で残しておきましょう。

それがあなたのバックパッカーライフを支えます。

ホステル予約の際は注意!

アムステルダム中央駅に着き、街の全体図を写真に撮ったので、そろそろ予約していたホステルに向かいます。

先ずは背中の重い荷物を置きたい(笑)

ホステルに着くと部屋は三階、若い旅行者は何も言わなければ基本上の階に部屋を取られます

重いスーツケースを持った女性でも構わず三階とか四階です(しかもEVなし)

脚が悪かったりなど諸々の事情がある人は、予約の際の宿泊施設への一言的なところに何か書いておきましょう。

そして友達になる

同じ部屋のイタリア人青年2人と友達になりました↓

現在は名前を覚えていますが、当時は自己紹介されてもすぐに相手の名前を忘れてしまいました(笑)

キューバ 歴史
筆者
あの人の名前なんやっけ?ロマーリオ?マリオ?あかん忘れた

外国人の名前ってほんとに覚えられないですよね~

実際は写真左の彼がクリスチャン・ヴェガ、右がミケランジェロ・ルブラノ

クリスチャンヴェガミケランジェロもすごい名前(;・∀・)

右のミケランジェロはぼくより年下でしたが、全くそう見えません(゜.゜)

麻薬と売春が事実上合法な国オランダ

外出から帰ってきたら、さわが一人で「タバコ吸ってくるわ」と下に降りて行きました。

数分後に戻ってきたら

親友さわ
やっぱオランダはヤバいな。俺の横にいた人マリフ〇ナ吸ってたわ

と言ってきました。

ぼく、マリフ〇ナの臭い覚えちゃいました・・・

また、夜のアムステルダムを歩いているといきなり地下室から

「ヒャッホーーー ンイヤーーーーー ヒューーーー」

という甲高い声が聞こえ、パッと見ると完全にラリってる人たちが。

そう、オランダは麻薬が合法なのです。

もう一つは売春ですね。

アムステルダムには飾り窓で有名な地域があり、通りを歩いていると大きな一枚モノのガラスの向こうに下着姿でこっちこっちしてくるセクシーなお姉さんがいて、自分のタイプの女性の部屋に入っていけます。

オランダ 風車 麻薬 売春

↑この地域はほんまにピンク色のネオンがキラめいていますが、写真を撮ろうとすると全員が一斉にカーテンをシャッと閉めます。

やはり今の時代、SNSに載るのは危険だと思っているんでしょうね(笑)

え、お前詳しいなって?

いやいや、そんなことないですよおぉぉ。

筆者
ぼくは無実です、一応知識として知ってるだけなんです(泣)

ピーナッツバターと味噌の違いがわからない

翌朝、前日にスーパーで買ったピーナッツクリームを塗ってパンを食べようと思いました。が、

これは味噌でした(;゚Д゚)

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
どーっからどう見てもピーナッツバターやろ、これ!

と思いましたが、味はほんまに味噌だったんです。

悪いけど一口も食べれませんでした・・・。

キンデルダイクへ

オランダ キンデルダイク

アムステルダムを出発して風車の町、世界遺産にもなっているキンデルダイクという町に向かいます。

キンデルダイクは世界遺産にも登録されている町で、何と言っても未だに現役で動く風車が19基もあるのです。

7月と8月には19基全ての風車が動いている様子が確認できるようですが、ぼくらが行ったのは2月末でした(笑)

お楽しみに~

関連記事

RYOです(''◇'')ゞ親友さわと一緒に周った、2015年のヨーロッパ旅の復習として、オランダの風車の町『キンデルダイク』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。筆者今回はおまえと一緒の旅か。ハア[…]

オランダ キンデルダイク 旅行記
旅行記 オランダ アムステルダム
最新情報をチェックしよう!