バハマ ナッソー

【パイレーツ オブ ナッソー】パイレーツ・オブ・カリビアンの世界!

RYOです

先日、高校時代の友人とバハマ諸島に行き「パイレーツ オブ ナッソー」という海賊博物館に行きました。

わずか20分くらいの滞在でしたが、それについて少しお話しようと思います。

バハマ国の位置

まずバハマ国の位置はこちらです↑

バハマ国はアメリカのフロリダ半島のすぐ南にある国ですが、この大きさでは見えないくらい小さな島です。

Pirates of Nassau

ではパイレーツ オブ ナッソーについて紹介します。

場所

パイレーツオブナッソーはダウンタウンにドーンと立っています。

町中から歩いて10分くらいでしょうか、近いです。

外観

おーーーーキターーーー海賊博物館!!!

と、かなりそそられる外観です。

恐らくここ↑に描かれているのは女海賊アン・ボニーと黒髭ことエドワード・ティーチやと思います。

まあこういうのは世界どこにでもあるよね(爆笑

入場料

外観を見てテンション上がる青年2人です。

この右側の窓口で入場料を払います。入場料は・・・

・・・。

12ドルです!!

高い(笑)

ぼくが2015年に行ったフランスのルーブル美術館と一緒の値段(←ぼくの中での基準)

なるほど、12ドルか!これは楽しませてくれそうや

いざ入場

入ってすぐ、しっかりとしたセットが期待感を余計に膨らませてくれます↓

設定的には、海賊船が小さな港町に係留されており、船内に乗り込むといった感じでした。

高校時代の友人、キノピ君も興奮を隠せないようです。

なるほど、実際の船内にセットがあるのか

という事で、この海賊船の中に入ります。

船内には色々と海賊にまつわるクイズ(後述します)があり、True or False(うそかほんとか)が観客を楽しませてくれます。

例えばこんな感じです↓

パイレーツ・オブ・ナッソー

うそほんと

海賊は捕虜を拷問することで有名だった

下の黒い布を捲り上げれば答えがわかります、が!英語なので辞書片手に行った方が良いです(笑)

その他、海賊の本当の船内での暮らしが小道具・大道具で設置されており、英語がわからなくても視覚的に理解できるようになっています。

なるほど、色々なシーンごとの説明もあり一つ賢くなった気にさせてくれます(笑)

↓裏切り者に拷問してる様子かと思ったら、負傷者を船内で手術している様子でした(笑)

そして2階に向かいます。

2階にも様々な説明やセットがありました。

海賊の厳しい掟が書かれています↓

これ↑が"Marooner"(マルーナー)です。

"marooned"とは「島流しされた」の意味です。

掟のNo.2によると、島流しされた海賊は

・一瓶の粉薬
※powderの正確な訳がわからない

・一瓶の水

・小火器(おそらく拳銃)

だけを置いて、島に一人で置いて行かれるようです。

バハマ ナッソー
最新情報をチェックしよう!