ヨーロッパ各国のロマネスク建築の特徴【まとめ編】

各建築様式の少し詳しい部分まで掘り下げようという狙いで、今回はヨーロッパ各国のロマネスク建築の特徴について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

参考文書:「西洋建築の歴史」及び「西洋建築様式史」

ヨーロッパ各国と言っても主に3ヵ国で↓

・ドイツ

・フランス

・イタリア

のロマネスク建築の特徴を記しています。

各国のロマネスク建築の特徴

各国である程度ロマネスク建築の特徴というのはあるんですが、実際はイタリアの石工職人がフランスやドイツのロマネスク建築の設計に携わったり、フランスが発明した技術をドイツが自国に取り入れたり・・・

なのでビシッ!と、一概に「この特徴があるからこれはドイツのロマネスク建築だ」とは言えないんです。

しかし同時に、各国で当時の権力者の嗜好やその地方の伝統技術も用いられるので、ある程度のらしさは出てきます。

それを前提として読み進めてくださいね。

ではいきましょう。

ドイツ・ロマネスク建築

ドイツ・ロマネスク建築の特徴を一言で表すと↓

カロリング朝の伝統を受け継いでいる

となります。

これはロマネスク建築完成より200~300年前の時代の、カロリング朝という西ヨーロッパを支配していた帝国内で発展した建築様式です。

また、プレ・ロマネスク建築(初期ロマネスク建築)での区分では「ゲルマン的オットー朝建築(※)」に入り、

※北方の日差しの弱い地域の伝統を基礎にしているので、なるべく日差しの入る明るい教会堂を目指した建築

ドイツ・ロマネスクの主な特徴として↓

・二重内陣式

・多塔構想

・強弱交替

などが挙げられます。ドイツ・ロマネスク建築の代表例として

・シュパイヤー大聖堂

・マインツ大聖堂

・ヴォルムス大聖堂

があります。

フランス・ロマネスク建築

イタリア・ロマネスク建築の特徴は主に3つあるので一言では言えません。

それが↓(全部読まなくてもいいですよ)

➀身廊天井にトンネル・ヴォールトまたは交差ヴォールトを架け、側廊上にトリビューンのあるもの

②上のタイプと同じ条件だが、トリビューンがないもので、身廊に外の光を直接採り入れるため身廊側壁に高窓を開けた教会堂

③連続してドームを架けたもので、ビザンティンやイスラム建築の影響を多く受けたもの

です。(とりあえず3種類あると覚えてください)

フランスはドイツと違い、カロリング朝の建築様式を受け継がずに独自で、また他国の職人たちの技術を少しずつ取り入れていきました。

プレ・ロマネスク建築(初期ロマネスク建築)での区分では「ラテン的初期ロマネスク建築(※)」に入り、

※南方の日差しの強い地域を基礎にしているので、暗い静かな光を楽しめる教会堂を目指した建築

フランス・ロマネスクの主な特徴はあまり無く、上で挙げたような3つの種類に分かれます。

代表例として、

➀タイプ:サント・フォア教会堂

②タイプ:サン・トロフィーム教会堂

③タイプ:サン・フロン大聖堂

が挙げられています。(後で紹介します)

イタリア・ロマネスク建築

イタリア・ロマネスク建築の特徴を一言で表すと↓

初期キリスト教の簡素なバシリカ式の建築様式を頑なに守っている

となります。

初期キリスト教建築の説明は長くなるので、超簡単にストーリー仕立てで説明してみました↓

イエスの死後ずっと忌み嫌われていたキリスト教だったが、ローマ帝国で国教化されるとともに急激な勢いでヨーロッパ中に広まっていった。

それまで隠れキリシタン的に密かに信仰していた信者も、もはやその必要はなくなりキリスト教のための立派な建築物(=教会堂)を建てようと考え始める。

しかし技術の無い信者がいきなり立派な建築物(教会堂)を設計して建てることは不可能なので、周りにいっぱいあるお手本(ローマ建築)の建物を代用しようと考えた。

結局はローマ建築の技術が高過ぎたので部分的にパクって、大部分は自分たちで考えざるを得なくなった。

そうして試行錯誤しながら生まれた教会建築が初期キリスト教建築である。

この「代用したローマ建築の建物」というのがバシリカという直方体の平面形式でした。

バシリカは、ローマ帝国時代には裁判所とか商業取引所とかに使われていたらしいですが詳しくはわかっていません。

とにかく、イタリアのロマネスク建築は、そのおよそ700~800年前に完成した簡素な建築様式を頑なに守っているのです。

なので、ドイツやフランスのような

「多塔構想だー」「鐘塔をつけろー」「アプスは東西に2つでいこう!」「トリビューンを付けて2階にも通路を作ろー」

などの立体構成(新しい技術)にはあまり興味が無く、

「おれたちはあくまで伝統的にいこう」

という感じでした。

しかし(僕の意見では)イタリアのロマネスク建築にも実際には色々な技術が含まれており、「伝統を頑なに守っている」とは言えない気がします。

イタリア・ロマネスクの主な特徴として↓

・木造天井(格天井)

・構成がシンプル

・簡素なバシリカ式

などが挙げられます。

代表例として、

・ピサ大聖堂

・サン・ミニアト・アル・モンテ教会

があります。(後で紹介します)

各国のロマネスク建築の比較

ここまでの内容はご理解頂けたでしょうか?

ここまで書いて、筆者(ぼく)はふと考えました。

どうすれば読者に超わかりやすく各国のロマネスク建築の特徴を伝えられるのだろうか・・・

と。

各国の特徴を列記するだけでは正直ぼくは「( ゚д゚)ポカーン」状態です。(←自分で書いててなんですが

わかりやすさ命のアホみたいな僕のブログでしかもわかりにくかったらゲーム終了です。

ロマネスク建築の特徴は大きく3つの部分をチェックしてもらえればよりわかりやすいと思いました。

ずばり、

外観

教会内部

平面形式

の3つです。例えば、

「外観はドイツっぽい」「内部は・・・わからない」「平面形式はドイツっぽい」ならドイツ・ロマネスク建築と言えると思うんです。

では上に挙げた3種類に沿ってロマネスク建築の特徴をみていきましょう!

外観

まずはわかりやすいところ、外観から比較していきましょう↓

参考書には

「イタリア・ロマネスクはシンプルな外観が多い」

「ドイツやフランスでは、採光塔や鐘塔、階段塔を付けて外観に変化を与えようとする傾向がみられる」

とのことですが、実際はどうなんでしょう。

ドイツ

ドイツのロマネスク建築の特徴は、まずは多塔構想が挙げられます。

要するに「塔が多い」ってことですね(ドイツ・ロマネスク建築の三大聖堂↓)

いやー立派な塔が多いですね。

まあ他の国のロマネスク建築と比較しないと「塔が多いかどうか」がわからないと思うのでフランス版をみましょう↓

フランス

フランス・ロマネスク建築には3パターンあるので、各パターンの代表例を以下に示します↓

まあ基本的にはフランス・ロマネスク建築にはこれと言って外観的な特徴はありません。

第3タイプで解説した「③連続してドームを架けたもので、ビザンティンやイスラム建築の影響を多く受けたもの」のみ、外観にドームが連続しているのでわかりやすいです。

↑これは塔が多い気もしますね。

↑こちらは完全に塔がありませんね。

↑これは・・・小さな塔が多すぎる(笑)

というより、これはミナレットと呼ばれるイスラム教建築で多く使われる塔で、それ以上にドームの多さが気になります。

イタリア

さて、「シンプルな外観が多い」らしいので実際にイタリア・ロマネスク建築の外観をみてみましょう↓

ピサ大聖堂にはとんがった塔がありませんね。

これがシンプルな外観?(;´・ω・)

そう思いますが、まあ置いておきましょう。

シンプルの定義をまず教えて頂きたいですね(笑)

各国のロマネスク建築の外観まとめ

さて、こうして外観を比較すると

・ドイツ・ロマネスクは塔が多い

・ドームが連続しているのはフランスっぽい

という感じでしたね。

フランス(一部除く)とイタリアのロマネスク建築は外観ではあまり違いがわかりませんので、内部を見てみましょう↓

教会内部

教会内部は、キリスト教信者が実際にミサ(典礼)を行う場なので、かなり入念に作られています。

ドイツ

ドイツの教会内部では、天井を木造から石造に替えたことに伴って柱に一本おきに半円柱を加える↓という補強がなされました。

これによって堂内には柱の突出による強弱が生まれました(=これを強弱交替と呼ぶ)

フランス

フランスの教会内部には主に3つに分けられるようです。

ドイツの教会内部の特徴を思い浮かべながら眺めてください。

(↓身廊立面にトリビューンがありクリヤストリーが無いタイプ↓)

↑こちらは「一本おきの半円柱の補強」がありませんね。

(↓身廊立面にトリビューンが無くクリヤストリーがあるタイプ↓)

↑こちらも「一本おきの半円柱の補強」がありませんね。

(↓イスラム教建築の影響を受けてドームが連続しているタイプ↓)

これだけ別次元です(笑)

恐らくすぐにわかります。このドームの数・・・

イタリア

イタリア・ロマネスク建築は「初期キリスト教建築の伝統を受け継いでいる」とのことですが、初期キリスト教建築の特徴はずばり

木造天井

列柱の上にクリヤストリー

ですね↓

↑外観ではよーわからんかったピサ大聖堂も内部を見れば、かなりイタリアっぽいですよね。

(※ピサ大聖堂のみ例外的に列柱の上にトリビューンがあってクリヤストリーがあります。)

こちらも木造天井です↓

木造天井の時点で、初期キリスト教建築の簡素なバシリカ式の伝統を守っていると言えそうです。

プラン(平面形式)

では、最後に各国のロマネスク建築の平面図をご紹介します。

ドイツ

ドイツ・ロマネスク建築の三大聖堂の平面形式を下に示します。

ドイツでは東西にアプスをもつ二重内陣式が流行りました↓

↑これはちょっと・・・西側アプスが確認できませんね。

↑これは東西両側にアプスがありますね。

これも東西にアプスがありますね。

残りの国のもみていきましょう↓

フランス

フランスでは、うーん、特に特徴が無いんですよね~

とりあえずご覧ください↓

イスラム教建築の影響を受けたサン・フロン大聖堂のみドームが連続しているのでかなりわかりやすいです。

残りの2つはプラン(平面形式)では見分けられませんね。

イタリア

さて、イタリアの特徴である「初期キリスト教建築の伝統を受け継いでいる」ですが、初期キリスト教建築では直方体の平面形式が用いられていたので恐らくそうなんでしょう↓

(↓初期キリスト教建築のプラン)

十字架形じゃありませんね。

ではピサ大聖堂とサン・ミニアト・アル・モンテ教会の平面形式を見てみましょう↓

あれ、十字架形なってる・・・(;´・ω・)

イタリア・ロマネスクの代表例であるピサ大聖堂のプランは初期キリスト教建築っぽく無いです!!!

これこれ、これですよねー

このプラン(平面形式)は初期キリスト教建築っぽいですよね。

実践演習

さて、バーーーっとみてきたので今からは実践演習を行います。

ランダムで選んだロマネスク建築を見てそれがどこの国のやつかを当ててみましょう。

あくまでゲーム感覚でお楽しみください。

ヨーロッパ ロマネスク建築 特徴
最新情報をチェックしよう!