超わかりやすい!【ロマネスク建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識【1/5】

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はロマネスク建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

古代エジプト建築で学ぶポイントは以下の5つです↓

・ロマネスク建築の概要

・ゲルマン人とキリスト教

・教会堂の2つの形式

・古典系建築との大きな違い

・ロマネスク建築の特徴

全ての内容を書くとかなり長くなりますので、各章ごとに図解入りの詳細記事を用意していますので、理解を深めるために是非お読みください!

※ロマネスク建築完成までの「初期ロマネスク建築」については以下で解説しているので暇なら読んで下さい↓(別タブで開きます)

関連記事

今回は、ゲルマン人が生み出したロマネスク建築の発展過程のプレ・ロマネスク建築についてお話します。「プレ」とは、英語"previous"の略で、主に接頭辞として使われます。意味は「前の、以前の」という感じで、プレ・ロマ[…]

プレ・ロマネスク建築 ロマネスク建築

ロマネスク建築の概要

ロマネスク建築

まずはロマネスク建築の概要を説明します。

ロマネスク建築は、ローマ帝国滅亡後にヨーロッパに国家を乱立したゲルマン人が、キリスト教の普及と共におよそ600年の年月をかけて創造した建築様式

です。

は?ゲルマン?ローマ帝国?(・_・;)

と思いますよね、大丈夫、これからゆっくり説明します(笑)

ゲルマン人とキリスト教

ロマネスク建築

では次にゲルマン人とキリスト教を解説します。

この章の特に重要な点を挙げると以下の3点になります↓

この章のPOINT

・ゲルマン人大移動

・キリスト教の普及

・古典建築の衰退と中世建築の開花

「ゲルマン人大移動ってなに?」

「キリスト教普及の経緯は?」

「それがロマネスク建築とどう関係あるの?」 

という疑問を解決する章です。


詳しい解説はこちらから↓(別タブで開きます)

関連記事

こちらは西洋建築のロマネスク建築を理解するために必要な、ゲルマン人とキリスト教を解説している記事です。ゲルマン人とキリスト教、意味不明過ぎワロタwwはい、そうですね!(ちゃかしに来たんなら帰って)ゲルマン人と[…]

ロマネスク建築

教会堂の2つの形式

ロマネスク建築 ヨーロッパ

続いて教会堂の2つの形式について解説します。

この章の特に重要な点を挙げると以下の2点になります↓

この章のPOINT

・集中式

・バシリカ式

「キリスト教会の形って大きく分けると2種類に分かれるの?」

「バシリカ式とか難しい言葉わかりません」

という疑問を解決する章です。


詳しい解説はこちらから↓(別タブで開きます)

関連記事

こちらは西洋建築のロマネスク建築を理解するために必要な、教会堂の2つの形式を解説している記事です。教会堂の2つの形式って、バシリカ式と集中式やっけ?はい、そうです!(コイツ先に初期キリスト教建築編読んでるな)[…]

ロマネスク建築

古典系建築との大きな違い

ロマネスク建築

次に古典系建築との大きな違いについて解説します。

この章の特に重要な点を挙げると以下の3点になります↓

この章のPOINT

・内部空間が重要

・オーダーの崩壊

・壁を彫って芸術に

「中世建築では教会の外観より『堂内』が大事なんですって?」

「ロマネスク建築ではオーダーの大原則を無視した?意味不明ww」

「壁を彫って芸術にしたってどーゆー意味?」

という疑問を解決する章です。


詳しい解説はこちらから↓(別タブで開きます)

関連記事

こちらは西洋建築のロマネスク建築を理解するために必要な、古典系建築との大きな違いを解説している記事です。古典系建築って、ギリシャ建築とローマ建築やっけ?はい、そうです!(まあルネサンスとかバロックも含まれるけどな)[…]

ロマネスク建築

ロマネスク建築の特徴

続いてロマネスク建築の特徴について解説します。

この章の特に重要な点を挙げると以下の4点になります↓

この章のPOINT

・重厚な石積みの外観

・トリフォリウム

・ヴォールト

・小さい窓、暗い堂内

「ロマネスク建築の特徴って色々言われるけど、結局なに?」

「特徴だけ知ってもさー…なぜそういう特徴になったか理由を知りたいんだけど」

「難しい言葉は図解入りで解説して~」

という疑問を解決する章です。


詳しい解説はこちらから↓(別タブで開きます)

関連記事

こちらは西洋建築のロマネスク建築を理解するために必要な、ロマネスク建築の特徴4つを解説している記事です。ロマネスク建築の特徴4つだけ?実際はもっと多いよね。はい、そうです!(小さい特徴まで言い出したらオマエ最後まで読まん[…]

ロマネスク建築

ロマネスク建築の用語まとめ

という事で、だいぶ長くなってしまったロマネスク建築でした。

まあゴシックなど、その後の建築様式の基となった建築様式なので仕方ないと思います。

そこで最後に今回出てきた用語のおさらいをしておきたいと思います。

なるべくわかりやすい言葉に置き換えてあります↓

» 用語のおさらい

集中式建築上空から見て円形、正方形、正多角形の形の建物
バシリカ式建築上空から見て十字形の建物
扉口教会堂への入り口
西正面入口がある西側の正面
身廊堂内の幅の広い中央の通路
側廊堂内の幅の狭い両側の通路
大アーケード身廊に面しているアーケード
身廊壁身廊内部の立面
クリヤストリー身廊への採光を確保する窓
アプス身廊の東端部にある半円形の窪み
内陣聖職者の専用空間
外陣一般信徒に解放される空間
分節壁面を削ったり、くり抜いたり、盛り上げたりすること
ピア開口部と開口部の間に設けられる太い柱体
トリフォリウムクリヤストリーの下に位置する層
トリビューン聖堂建築内の階上廊、側廊の上にある空間
ヴォールトアーチを基本にした曲面天井の総称
トンネル・ヴォールトトンネル状のヴォールト
横断アーチヴォールトを補強するために天井を横断するアーチ
交差ヴォールト2つのトンネル・ヴォールトを直角に交差させたヴォールト
交差リブヴォールト交差ヴォールトを肋骨上の太いアーチで更に補強したもの

» 折りたたむ

おわりに

という事で、ギリシア建築からローマ建築や初期キリスト教建築、ビザンティン建築を経てついにロマネスク建築まできました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

長かったっす…

え、まだあんの?

ローマ建築からロマネスク建築へはおよそ600年の月日が経ちますが、その間にキリスト教の公認によってヨーロッパ各地に多くの教会や修道院が作られました。

なので一口にロマネスク建築と言っても、その特色はイタリアやフランスやドイツやスペインなどの各地でバラバラですし、当然ですが「画期的な様式、ロマネスク建築が完成しました!!」となったわけではありません。

徐々に徐々にです。

しかし技術的な問題で「どうしても高く造れなかった」とか「大きな窓を開けることができなかった」などの要素は共通しているので、ヨーロッパに行く際は是非そういう面も楽しんで頂けたらと思います。

とりあえず次は「ゴシック建築」です(”◇”)ゞ

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はゴシック建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無[…]

ゴシック建築 まとめ
ロマネスク建築 まとめ
最新情報をチェックしよう!