【図解でわかる】フランスのロマネスク建築の特徴をまとめました!

上のタイプと同じ条件だが、トリビューンがないもので、身廊に外の光を直接採り入れるため身廊側壁に高窓を開けた教会堂

つまり、

・天井がトンネル・ヴォールトまたは交差ヴォールト

・トリビューンがない

・クリヤストリーがある

ということですよね。

実際に見ていきましょう!

サン・フィリベール教会堂(1007-1120年)

サン・フィリベール教会堂はこのタイプの中でも初期のもので、粗石造の太いピアと白と黒の縞模様の横断アーチで分断された身廊と、彫刻装飾を用いずロンバルディア帯の外部装飾だけの簡素でマッシブな外観をしている

と書いてありました。サン・フィリベール教会堂の内部です↓

さて、今度は側廊上にトリビューンが無く、代わりにクリヤストリーになってますよね↑

しかも横断アーチも見えますね!

(身廊天井に関しては、トンネル・ヴォールトというよりは平面天井に見えるんですが・・・実際はどうなんでしょう)

ラ・マドレーヌ教会堂

まずは外観からご紹介します↓

スゴイ立派ですね。では内部を見てみましょう↓

こちらの天井は確実にトンネル・ヴォールトですね!

身廊の高窓を大胆に開け、次のゴシック建築への橋渡しとなったと書いてありました。

確かに今まで見てきた教会堂と比べると、明らかに室内が明るくスリムに見えますね。

サン・トロフィーム教会堂

ここにきて超シンプルな教会ですね(笑)

天井はトンネル・ヴォールトで、横断アーチがかかっていますね。

また、クリヤストリー(高窓)もあるので教会内部は明るめです。

第三タイプ

では最後の第三タイプについて説明します↓

連続してドームを架けたもので、ビザンティンやイスラム建築の影響を多く受けたもの

らしいです・・・。

チーン(゜-゜)

ぼくね、ビザンティン建築やイスラム建築についてはほとんど勉強していないのでどんなのか全く想像できません(笑)

実はスペインやポルトガルは8世紀頃からおよそ800年間イスラム教国家に支配されていたんです。

なのでスペインやポルトガルには多くのイスラム教建築が残っているらしいのです!!

まあ実例をみていきましょう。

要するに、

・ドームが連続している

ってことですね(適当

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂ってフランスにはいくつもあるらしいんですが、今回ご紹介するのは「ル・ピュイのノートルダム大聖堂」です。

(パリにあるやつと間違えないように!)

ノートルダム大聖堂のファサード(建物正面)がこちらです↓

「どんだけアーチ好きやねん!!(;゚Д゚)」

と思うくらい有りますね。ドームとは違いますが。

では内部はどうでしょう↓

一見先ほどまでの教会堂内部とどう違うかわかりづらいのですが、

見上げると、正方形のプラン(平面図)の連続で、明るくリズミカルな内部空間を構成しています。

また、三つ葉アーチ↓や白と黒の縞模様の迫石↓(せりいし)が特徴的で、イスラム様式の刻印が色濃く見られる(らしいです)。

ゴシック建築

迫石(せりいし)とは、アーチを構成する楔形(くさび)の建材です↓

サン・フロン大聖堂

ではもう一つ違う第三タイプの建築物をみてみましょう。

それが、ペリグーのサン・フロン大聖堂です↓

わかりやすいように先に外観からご紹介しました。

確かに、ドーム多い!!!

なるほど、確かに普通のロマネスク教会堂↓とは明らかに異質ですね。

(先ほど紹介した「ノートル・ダム・デュ・ポール」と比較しても明らかに違いますね)

(↑ノートル・ダム・デュ・ポール)

ドームが連続している」の意味がだんだんわかってきましたね。

では内部を見てみましょう↓

今回は正方形プランは確認できませんが、ギリシア十字プランの上に大きなドームが載るタイプで、ペンデンティブによるドーム架構の方法が採られています。

ペンデンティブがわからない人はこちらの方のブログを参考にして下さい↓(別タブで開きます)

ミカオ建築館 ペンデンティブとは?

ギリシア十字とは難しく考えずに、四辺が同じ長さの十字と思ってください↓

僕らが良く知る「十字架」の形はラテン十字と呼ばれます。

ちなみにイスラム様式で建てられたビザンティン様式の最高峰と呼ばれる、トルコ・イスタンブールにあるハギア・ソフィア大聖堂がこちらです↓

もうおわかりですね、サン・フロン大聖堂↓(再び)は完全にイスラム教建築の影響を受けています。

別の参考書にも、

「側廊と身廊の天井の高さがほぼ同じ教会堂の形式をホール式と言い、フランス西南部のロマネスク教会堂などにみられる」

とあります。初めてこの文を読んだときは、

身廊と側廊の天井の高さがほぼ同じ教会・・・そんなんある?(゜.゜)

と思ってましたが、これはつまり、イスラム教建築の影響を受けたロマネスク様式のことを指していたんですね!

サン・ピエール大聖堂

先ほどのドーム式教会堂は周囲の地方にも伝播しました。

それが、アングレームのサン・ピエール大聖堂です↓

うーん、見た目はどうですか?イスラム教建築の影響を受けてる気もするし、普通の大聖堂にも見えます。

とりあえず内部を見てみましょう。

単廊式十字形プランで、外陣に直径11メートルのドームが3つ架けられている

と書いてあります↓

でも何となく第三タイプの特徴が見えましたよねー

ドームが連続しているというのは、わかりました!

まとめ

ちょっとだいぶ混乱してきたので、最後にまとめを載せておきますね。

フランス・ロマネスク建築は大きく、

➀トリビューン有り②トリビューン無し③イスラム建築の影響

という3種類に分けることができそうです。

特にドームの連続に至っては、イタリアやドイツのロマネスク建築には見られない非常に珍しいフランス・ロマネスク特有の特徴に思えます。

おわりに

さて、ということでフランス式ロマネスク建築の3種類をみてきました。

まだイギリスやイタリア、ドイツなどのロマネスク様式をみていないので、「へー、そーなんだー」くらいですね(笑)

それでは他の国のロマネスク様式の違いもみていきましょう!!!

【図解でわかる】イタリア・スペインのロマネスク建築の特徴をまとめました!

【図解でわかる】ドイツのロマネスク建築の特徴をまとめました!

フランス ロマネスク建築
最新情報をチェックしよう!