【図解でわかる】中期ルネサンス建築の解説【4/7】

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はルネサンス建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます

キューバ 歴史
筆者
5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

今回は、「中期ルネサンス建築」を解説している記事です。

中期ルネサンスも初期同様、哀れな建築様式なんですよね?

はい、そうです!(俺の言葉やけど、やべー訴えられへんかな・・・)

中期ルネサンス建築

この章の特に重要な点を挙げると以下の2点になります↓

この記事のPOINT

➀パラッツォ・メディチ

②パラッツォ・ルチェルラーイ

初期ルネサンスが完成した頃に、新たなルネサンス建築が生まれ始めました。

それが

・アルベルティによる「パラッツォ・メディチ(1444~1459)」

・「パラッツォ・ルチェルラーイ(1446~1451)」

です。それぞれ解説します。

➀パラッツォ・メディチ

パラッツォ・メディチ(1444~1459)ではルスティカ(粗石積み)が全面的に採用されていますが、オーダーそのものはまだ使用されていません↓

(※ルスティカについては後述します)

え、円柱は(。´・ω・)?

そもそもオーダーの大原則、円柱が一本も無いので古典系建築とは全く言えませんね。

窓とかは結構統一的に配置されてるし、何となく調和を大事にしている感はあるけどまだまだ足りません。

「ローマ建築を模範に・・・ってほんまか?(゚д゚)!」と思える仕上がりですね。

②パラッツォ・ルチェルラーイ

↑三階建てのパラッツォ・ルチェルラーイ(1446~1451)になると、円柱の代わりにピラスターもあってエンタブラチュアもあって、窓の配置などはオーダーの原理に従って決められているのがわかります、よね?

このパラッツォ・ルチェルラーイ、実はコロッセオの立面を適用しているのです。

(イチイチ難しい言葉が使われてウンザリしますよね(笑))

「立面を適用している」とはどういうことかと言うと、「コロッセオの構成をそのままパクってる」ってことなんです。

コロッセオは4階建てで、各階のデザイン(柱頭装飾)が違うんです。

ローマ建築

そのコロッセオの各階のデザインをそのままパクっているということです↓

パラッツォ・ルチェルラーイは、(柱頭が)一階のピラスターはドリス式、二階のピラスターはイオニア式、三階のピラスターはコリント式なんです。

コロッセオについては↓でも説明しているので参考にして下さい↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はローマ建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。筆者5回にわたってヨーロッ[…]

ローマ建築 コロッセオ パンテオン

なのでパラッツォ・ルチェルラーイはローマ建築のより深い理解を示しています。

そこにはあるメッセージが込められています↓

「ローマ建築まぢリスペクトっすよ、まぢパねえ」

コロッセオの立面を適用するあたり、確かにローマ建築に敬意を払っている感は伝わりますが、まだ古典系建築と呼べるほどではありませんね。

まあ今は「古典建築に敬意を払いながらも、自分たちで考え出した新たな建築様式を模索している中」ですから仕方ないのかもしれません。

キューバ 歴史
筆者
古典系建築の大原則である円柱を使わずに古典風を出そうとして失敗した、初期ルネサンスと同様これまた哀れな建築様式なんです(笑)
(※筆者の個人的な見解であり、特定の人物・建築様式を誹謗中傷する意図はございません)

では盛期ルネサンス建築の解説に移ります↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はルネサンス建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。筆者5回にわたってヨー[…]

ルネサンス建築 テンピエット

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
ルネサンス建築 中期
最新情報をチェックしよう!