10日間かかると思っていたキューバの南北縦断(878km)がたった14時間で終了した話

RYOです。

3週間ぶりに日本に帰ってきて今日で4日目・・・

野菜不足のおかげで絶賛便秘気味な中、このブログを書いています。

さて今日はキューバの南北縦断を、10日間かけて南端のサンティアゴから色々な場所を巡りながら北端のハバナまで行く予定がわずか14時間で終わってしまった話をしようと思います。

本題であるトラックに乗るまでの話が長いんですが、楽しんで頂けるような内容になっていると思います(笑)

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
いや!!!!!!なげーよおぉぉぉぉ
と思った方はコメント欄で教えてくださいm(__)m

キューバの位置

えー、キューバはアメリカのフロリダ半島のすぐ下(南)にある社会主義国です。

日本と同様に海に囲まれており、ビーチは透明度が高く世界から色々な人が来ます。

こちらの地図を見て頂いたらわかるのですが↓

Google mapで確認すると…キューバの南北縦断、最短距離で言うと878kmで車を飛ばせば12時間弱で着くようです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
日本で言えば、宮城ー大阪間くらいの距離らしいです

しかし、その間にサンタ・クララやトリニダード、グランマ号上陸地点など寄りたかった場所もあり10日間でもたどり着けるか不安でした。

今回はバハマ国からキューバの首都ハバナへ着き、一度乗り換えて南端のサンティアゴ・デ・クーバまで再び飛行機で向かいました↓

キューバの南北縦断はこうして、島南端から始まりました。

バハマからキューバへ

それでは本題に入ります。

今回の旅ではバハマ国の首都ナッソーからキューバに入りました↓

バハマ国はキューバの少し北にある・・・です。

地図でも大きさがあまりわかりづらいくらいの島です。

バハマの首都ナッソーで高校時代の友人と3日間遊び、朝8時台のフライトに乗る友人と朝11時台のフライトのぼく、一緒に宿を出たのでこっちは時間余裕でした。

↓バハマの空港の様子

チェックインまでまだ2時間以上ありました。

バハマ空港に一度顔を出しましたが、まだ早すぎてガラガラでチェックインなんて全然できなかったので、とりあえず一度外に出て朝ごはんを探します。

という事でバハマ空港唯一の飲食店「DUNKIN DONUTS(ダンキンドーナッツ)」で朝食を物色していると↓

筆者
日本人が朝からこんな甘いドーナッツ食えるか!!!!!

と言わんばかりのドーナッツ達・・・

はい、結局朝ベーグルにしました。

やはり中米は時間にルーズ?おおらか?

「中米は○○にルーズ?」編の第一弾です。

朝ごはんを終え

ヨーロッパ ブログ
筆者
そろそろ並ばな時間が・・・でもガラガラやったし余裕やろ(笑)

と思って受付に帰ると↓

ヨーロッパ ブログ
筆者

え、めっちゃ混んでる!!!!

やばいやばいやばい

普通の航空会社やと出発1時間前にチェックイン締め切り、出発45分前にセキュリティゲート抜けてなあかんはずなんですが、ぼくの場合(混雑し過ぎてて)出発30分前にセキュリティゲート抜けることになりました。

正直、日本の空港の感覚なら「ヤバい、飛行機に乗れない\(゜ロ\)(/ロ゜)/」と大パニックになるところです。

しかし焦っていたのはぼくだけ!

何か知らんけど全然セーフやった模様。

そもそも遅れたんもチェックインカウンターのおばちゃんのせいなんですよ!

↓この左のおばちゃんがめっちゃ仕事遅いし…

筆者
普通に横のおばちゃんと雑談して笑い合ったりしてたんです、手続きの最中に手を止めて‼

おばちゃん「本当にフライト予約した?あんたの情報見つからへんねんけど・・・」

おれ「おふこーす。ディス イズ マイ チケットナンバー」

と中学英語で結構キレ気味やったんでちょっと焦って探し始め、そのうち見つかりました。

そして受付に置いてあったこの青い紙↓

このおばさんから何も言われんかったから結局取らんと飛行機乗りましたが・・・

キューバ入国後、ハバナ空港から出るときに提出しなければなりませんでした!!!

キューバ入国に必要な書類と言えば、基本は

・海外旅行保険の付保証明書

・ツーリストカード

という事になってます。

でもどこの国から入るかによって結構色々あるようです。

まあハバナ着いてから空港で青い紙もらえましたが…

中米はルールにルーズ?おおらか?

「中米は○○にルーズ?」編の第二弾です(笑)

ではキューバの首都ハバナへ向かいます。

ぼくのバックパック、明らかに手荷物で機内に持ち込めるサイズを超えてましたが、

特に何も言われずに搭乗できました。

では座席に座り足元にバックパックを収納します・・・

ヨーロッパ ブログ
筆者
こんだけ足元に出てたら緊急時に通行の邪魔になるのに・・・なぜかOKでした。

キューバの主要産業はタクシー

さて、バハマを出発しハバナに到着しました。

飛行機降りたら歩いて中へ(めっちゃ自由(笑))

降りたらすぐにもう一度手荷物検査があって、

ほんで手続き終わらせて到着ゲート出たら・・・

ここで先ほどの青い紙を提出する必要があります。

ヨーロッパ ブログ
筆者
待ってる人多過ぎ!!誰か有名人乗ってたんか???

と思うほどの人の群れです!

写ってませんが、他にもタクシードライバーがわんさかいます!

僕みたいな旅行者丸出しの格好やったらすぐに

「タクシー?」「タクシス?」

とヤバいくらい声をかけられます。

去年に続いてマジうんざり・・・

ちなみにキューバの公用語はスペイン語である、と言うより首都ハバナですらスペイン語以外通じない(←これめっちゃ重要

こういうクラシックカーはほとんどタクシー↓

キューバのタクシー代は超安いので、欧米のブロンド美女がオープンカー貸し切ってインスタ映え載せてる光景をよく見ます。

ハヴァナのターミナルは非常にややこしい

ハバナにはターミナルが3つあって、航空会社によったり国内線出発とか国際線到着とかによってターミナルが変わるから注意!!!

今回:バハマからの到着ターミナル2

去年:パナマからの到着ターミナル3

ここで一つ言っておきます!!!

ヨーロッパ ブログ
筆者
到着はいいとして出発の場合、第何ターミナルから出発かは絶対に事前に確信的に知っておいた方が良いです。

「現地で空港職員に聞いたらわかるっしょ」と思うのは甘い!(←この日のぼく

【両替】USD➞CUCは最悪

次の出発ゲートに向かうまでに、とりあえずキューバのお金(CUC)持ってないから空港で両替します。

2分後・・・

筆者
は?なんで33USDが28CUCなんだよおぉぉ

キューバの通貨CUCはドルと一緒の値段なので、両替手数料5ドル取られたみたいなもんですよ?

33ドルのうち5ドル取られたってことは…手数料15.2%。笑((゜.゜)いや、笑えへん

USD➞CUCの両替は手数料15%超え(←闇金やリボ払いより遥かに酷いレベルです)

ちなみにキューバとアメリカは長い間国交断絶状態やったのでUSD→CUCの両替のみこの惨事らしいです。

噂では日本円JPYをそのままCUCに換える方がはるかに率がいいとか・・・

ヨーロッパ ブログ
筆者
まあ何やかんやありながらも28CUCゲットだぜ

ハバナから国内線でサンティアゴへ

とりあえずキューバの首都ハバナに着いたので、まずはサンティアゴ・デ・クーバに行くためのターミナルを特定しなければなりません。

↑北西のハバナから南東のサンティアゴ・デ・クーバへ、まずはキューバを飛行機で縦断します(笑)

観光客はゴミ以下の存在

とりあえず、サンティアゴ・デ・クーバ行きの飛行機がどのターミナルから出発するのかわからない。

「どうしよう・・・」と思っていると、なんと空港内にinfoがあるではありませんか!!

ヨーロッパ ブログ
筆者
あそこでめっちゃだるそうに座ってるinfoのお姉さんに訊いてみようかな

次のフライトの詳細を見せて、英語で「国内線出発ターミナルはどこですか?」と聞いたら外のタクシードライバーに聞けと。

・・・。

お前何のためにそこ座ってんねん!!!!!!!!(; ・`д・´)

とにかく外にうじゃうじゃ溢れているタクシードライバーに聞くと

「ここのターミナルじゃないから、ターミナル・トレス(トレスはスペイン語で3)に行きなー」

的な事をスペイン語で)めっちゃ笑顔で教えてくれました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ありがとうございます♡

でも5kmくらいあるからタクシー使った方が良いと執拗に言ってくる…

英語で断りながらも向こうは全く理解してない様子。けどどうやらタクシーを使う気が無いのは通じたらしい

次のフライトは6時間後、乗り換え時間の短い人はタクシーかターミナル間走ってるバス使わなあかんけどおれは歩く!

歩いて歩いて歩きまくってやる!!!

どうせ数キロ、長くても5~6kmやろ?

ハアハア

フウフウ(*´Д`)

およそ30分炎天下の中歩いて、ようやく辿り着きました!

うーん気持ちいい!

日差しは強いけどなかなか気持ちいいぞ

出た!!

↑ターミナル3!!!

ヨーロッパ ブログ
筆者
ん、"AEROPUERTO INTERNACIONAL"って書いてますけど?

インターナショナル・・・?

話を聞くとここからは国内線出発は飛んでない?

(д)

どゆこと?タクシードライバーがそう言って・・・

違う人に聞いてもここは違うっぽい答えが返ってくる(ような気がする)、なんせ全てスペイン語やから何も理解できないのがイタイ

バハマから到着したのがターミナル2、んでさっきのがターミナル3

筆者
ということは消去法でターミナル1しか残ってへんやん!!!!

と天才的なひらめきをもって即座に行動に移すおれ!

とりあえず来た道を引き返す。

かかとのないサンダルが思いの外キツイ・・・

ハアハア。

キューバ縦断
最新情報をチェックしよう!