【やっぱり世界は広かった】キューバを旅する前に知っておくべき知識

ryo-yasukawa.com

RYOです

2018年4月後半にキューバに1週間行ってきたので、当時の覚え書きと共にその様子を皆さんにお伝えしようと思います。

キューバ ブログ

どこにあるの?

まずキューバはここの赤い小さな国↓

アメリカのフロリダ半島の南の島です↓

このキューバの周りの海はずばり「カリブ海」です。

カリブ海と聞いたら色々なワードが思い起こされますが、「透き通るような青い海」「世界屈指のビーチリゾート」が最もぴんとくる表現では無いでしょうか。

ちなみに僕の場合はENYAの「Caribbean sea」という曲名が真っ先に出てきます(笑)

どうやって行くの?

キューバに行く方法は一つしかありません。

それは「飛行機」です。

筆者ははじめ地図を見た時に思ったことは「あー、キューバって島やから船使で安く行けるやつやな」でした、が!

※キューバに辿り着く方法は「空から」だけでした。

予算が限られている貧乏な旅人にとって(値段はおいといて)飛行機を使うというのはやはり抵抗がありました。

結局ぼくはアメリカのロスからパナマ経由でハバナに入りました。

アメリカとキューバの国交は回復しつつあるとは言われていますが未だに仲がいいわけではありません。

渡航理由は「言い訳」が必要?

United AirlinesのHPによるとある特定の理由を持った人のみがキューバへの入国を許されています。

許可される渡航理由

フライトのご予約またはご搭乗手続きの際に、渡航理由の確認を求められます。

現在、キューバへの渡航許可は、一般的なライセンスと特別ライセンスの2通りの方法で取得できます。

一般的なライセンスの規則および条件を満たしている場合は、特別ライセンスを申請する必要はありません。

キューバへの渡航に関する一般的なライセンスには以下の13のカテゴリーがあります。

  1. 家族の訪問
  2. ​政府関連公務
  3. ​ジャーナリズム活動
  4. ​専門的な研究または会合
  5. 教育活動または団体での人的交流
  6. ​宗教活動
  7. スポーツおよび公的イベント
  8. キューバ国民支援
  9. ​人道的プロジェクト
  10. 研究
  11. 情報資料
  12. 認可輸出取引
  13. ​一時渡航のキューバ国民

(引用:United Airlines

まあ簡単に言うと「ただの観光目的では入国できない」ということです。

なので筆者は8番の「キューバ国民支援」を選びました。つまり

ヨーロッパ ブログ
筆者
キューバでお金を使うことがキューバ国民を支援することになる!!

という勝手なこじつけです(笑)

それでばっちり入国できましたので、あまり深く考える必要は無いと思います。

入国時の持ち物

【必須】入国の際に提示を求められるのが↓

➀ツーリストカード

➁海外旅行保険証明書

の2点です。

ツーリストカード

入国の目的などを明記する書類で、機内では渡されませんので注意してください。

※ご自身で事前にゲットしなければなりません

手に入れる方法は「キューバ ツーリストカード 入手」とかでググれば山ほど出てきますので、ここでは省きます。

とりあえず僕は経由地のパナマにいる間、キューバ行きの飛行機に乗る直前に「Copa airlinesの受付カウンター」で買いました。

奇跡的に残っていただけでしたが。

ヨーロッパ ブログ
筆者
なるべくなら事前に日本で手に入れておいてください!

なぜなら現地でもらえると思っていると、

白人女性
空港職員
もうありません。

となる可能性があるからです。

その場合はキューバに入国できません。

もう一つ注意しておきますが、ツーリストカードは出国の際にも必要です!!

入国の際に渡したツーリストカードはその場でちぎられ、半分は向こうで保管、もう半分は自分で保管です。

ぼくはもういらんなと思って完全に捨てるつもりでしたが、たまたま本当偶然パスポートに挟んだままでした。

あれ無かったら出国できませんでした(笑)

海外旅行保険証明書

そしてツーリストカードに加えて必要な書類というのが、この海外旅行保険の付保(=付帯保険)証明書です。

これも無いと入国できません。

海外旅行保険の証明書を英語かスペイン語で!

ヨーロッパ ブログ
筆者
海外旅行保険の証明書って、なに?

となりますが、難しいことはありません。

お持ちのクレジットカード会社に電話して、

「キューバに行く際に必要なので、英語(またはスペイン語)で保険の翻訳書を郵送してください」

と言うだけです。

※ほとんどのクレジットカードは知らぬ間に付帯保険が付いています。

それだけで向こうの人はわかります。

でも郵送されるまで1週間ほどかかったので、用意はお早めに!

では次ページでは「キューバのややこしい通貨事情」についてご説明します!

キューバ 基本情報
最新情報をチェックしよう!