「え、もう着いた?汗」10日みていたキューバの南北縦断がたった14時間で終了した話

トラックのタイムスケジュール

正直、これは乗るまで不明でした。

・何回トイレ休憩があるのか?

・何時間で着くのか?はたまた何泊するのか?

・食事はどうするのか?

全くわからずに乗車しました。

しかし、ここまでのキューバ旅でスペイン語もだいぶ話せるようになりましたので(笑)それを駆使して会話を試みました。

と言うより英語とスペイン語をミックスさせた万能会話スキルを使いましたがダメでした↓

万能会話術を用いた会話

※「このトラックはどこまでですか?ハバナまでですか?本当に12CUCですか?トイレ休憩は到着までに何回ありますか?」

と訊いています↓

ブログ アイコン
筆者

オーラ、ドンデ ディス カミーヨ トゥ ウェア? ハバナ? レアリー? ソロ ドーセ クック?クアントス トイレット バーニョ アンティル ゲッティング ゼア?

 

ドンデ:どこ
カミーヨ:トラック
ソロ:たった
ドーセ:12
クック:CUC
クアントス:何回、どれくらい
バーニョ:トイレ

まさに警官に教えてもらった5W1Hと旅の途中で仕入れた単語をフルで駆使した名文です。

まあ結局ほぼ何も理解できずに「12CUCでOK」ということだけがわかりました(笑)

座席を選ぶときは慎重に

とりあえず、お金を払ったら「好きな場所に乗ってくれ」といった感じで、トラックを指さされました↓

結構きちきちに詰め込まれます。

ちなみにぼくが乗ったのがこの青いシートの窓側↓(進行方向左側)

割と急かされたので深く考える前にここに座ってしまいました。

が、これが最大のミス

・まずシートは倒れません、固定されてます。

・前のシートは倒れてきます。

・このシート間に身長182cm 80kgの筋肉室な男性が(途中休憩はありますが)14時間座りっぱなしです。

・足は伸ばせません、もちろん。

でもそれは自分次第、広い席を取ればいいだけの話(あれば)↓

キューバ縦断

↑これですよ?

上から撮った前の席との間隔を見てください。

ヨーロッパ ブログ
筆者
身長182cm、体重80kg弱のマッチョな男性が選ぶ席では無い・・・

いざ出発

午後2時、いざコントロマエ何とかを出発です。

↑腹をすかした野犬も普通、こんなのそこら中にゴロゴロいます。

↑キューバでは馬車も普通です。

豆知識ですが、日本の公道で馬車を走らせる場合は小型車両として扱われます。

馬に乗る人がお酒を飲んでいたら飲酒運転、馬にお酒を飲ませた場合は整備不良になるそうです(笑)

ぼくが座った座席の前に乗ってた地元の女の子↓

名前はエリカ

ヨーロッパ ブログ
筆者

エリカ?

なんでそんな日本人っぽい名前なん?
その名前、キューバでは珍しくないの?

と訊きたかったのですが、さすがに万能会話スキルをもってしても全く通じませんでした。

そしてエリカの弟↑

なぜかわかりませんが、会話は全くできなかったのに楽しくコミュニケーションを取ることができました。

腹を空かして死にかけてた日本人に、エリカからのささやかなプレゼント↓

この3つの飴が体中に染み入りました。

トラックは窓際が正解!!

急かされて「えーどこに座ろう、あ、ここでいいや」と選んだ座席でしたが…

風は感じれるし、景色は見れるし、どうやら窓側は正解だったようです。

筆者
通路側やったらぼくは完全に死んでました(笑)

トラックでは窓から物が買える

いざ出発すると、キューバのツアーみたいな感じで結構いいです!

うーーーん、きもちいいなーーーー

もうかれこれ2時間くらい走りましたが、トイレ休憩はまだありません。

と言うか、ハバナに着くまで「何時間(何日)かかるのか?」「トイレ休憩は何回あるのか?」などの情報は一切知りませんでした。

キューバでは道端でモノを売る人がどこにでもいるので、トラックを降りずに窓から飲食物を買うことができます↓

中はジャムのようなもの?が入っていて甘い。しめて5CUP(20円)

とりあえずこれでお腹を満たすしかありません。

本格的な食事はいつ摂れるのでしょうか・・・。

にわか雨は地獄の始まりです

気持ちよく走っていたのも束の間。

我らのトラックは突然のにわか雨に襲われました↓

乗客

ヤ、ヤバい…

窓を閉めろおおぉぉぉぉ(たぶん)

と誰からともなくそんな声が聞こえ、閉めるのが少し遅かった僕は周りから「早く閉めろよおぉぉぉ!みんな濡れんだろ!!」とめちゃくちゃ怒鳴られました。

でも窓の開閉の仕方がよくわからず、というか乗った時から開いていたので閉め方がわからなかったんです(笑)

もう、僕のズボンはかなり濡れてます。

何とか閉めれたら、次は猛烈な湿度が車内を襲います。

閉め切ったトラックの車内なら、約3秒で新型コロナウイルスのクラスターが発生します(知らんけど)

小休止一回、大休止一回

かれこれ5~6時間乗ってます・・・。

↑やっとトラック降りれた(*´ω`*)

ふう。

体をグーーーーっと伸ばして来たるロングライドに備えます。

と思ったら5分くらい休憩してすぐ出発 ←え?(゜.゜)

空はめっちゃ広く、星も結構見えました。

早い話、爽快感はかなりあります!

キューバは陽がめっちゃ長いので20時とかでこの明るさです↓

そして夜の22時過ぎにどこかのカフェの駐車場に入ってディナータイム↓

もういま、自分が地図上のどこにいるのか、全くわかりません↓

キューバ 旅行

正直、ここでどれくらいの間休憩するかわからなかったので、

ぼくのディナーは乾パン味のビスケットを買ってトラックの中で食べることにしました↓

20CUPのビスケット、ほんとに美味しくない。

ヨーロッパ ブログ
筆者
スケジュールが不明なので全く段取りができませんでした

調子乗ってレストランで晩飯食べててそのまま置いて行かれたら一巻の終わりですからね。

そしてまた出発

トラックで寝るときの注意点

キューバ 旅行

ようやく就寝時間、トラックで寝るときの注意点をご紹介できます。

是非参考にして下さい!!

窓際はすきま風が寒い

まずはこれです。

昼間の灼熱地獄から一転、4月半ばのキューバの夜は寒いです。

トラックの中のみんな、ブランケット被ってました。(さすが地元民)

半袖半パンのぼくはブランケットをかばんの中に置きっぱなしにしていたので、正直凍えました。

ぼくのバックパックは対面の通路の上に置いていたのです↓(笑)

めっちゃ寒かったです。

トラックが異常に揺れる

ヨーロッパ ブログ
筆者
これは冗談じゃなくヤバいです

日本の道路のようにきっちりアスファルト舗装されておらず、その割に時速130~150kmくらいで走るので80kgのぼくの体がたまにお尻からふわっと浮くくらい揺れます、というか本当に浮きました。

寝方の正解が分からず、とりあえず前のシートのヘッド部分に頭をつけて授業中に寝るみたいに「突っ伏している」感じで寝ていたのですが、振動の落差で鼻とか頬骨を強打しました。

恐らく翌朝は誰かと喧嘩したくらいの顔になってたと思います。

一度だけ前歯がシートに当たって激痛とともに本気で歯が折れたかと思いました。

解散

そして夜中の4時頃にハバナに着き解散です↓

え、いきなり!!!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/

って感じで急に起こされます。

解散した駐車場にはタクシーが一杯いるので、そういう意味では心配はなさそうです。

↑住所的にはここら辺に降ろされました。

ぼくは降りてすぐに野宿できる場所を探して近くのお城に入り、丘の窪地にテントを立てました。

キューバ 旅行

↑しかし城内の警備室的な部屋に明かりが付いていてさすがに警察沙汰になるのはマズイと思い、黙って出ました。

結局歩いて歩いて・・・

歩いて歩いて、2.8km歩ききって去年宿泊した"Enzo’s backpackers hostel"に辿り着き、

玄関の鍵が開く朝7時まで外のベンチで体を休めて、2日分の宿を取りました。

2泊で12CUCです。

驚いたのが、ここの宿のおばちゃんが約1年前に宿泊していたのを覚えてくれてて「あーーー!RYOOOooooおーらーーー」と言ってくれました。

1年前に2~3泊しただけやのに。

めでたしめでたし

さいごに

普通キューバを観光で周る人は絶対にタクシーを使うと思います。

そりゃ他の国に比べてかなり安いですし危険も無いので、結構頻繁に使うと思います。

ブログ アイコン
筆者
しかしトラックはトラックで結構楽しいですよ

色々なキューバの内情を見ることができますし、キューバ人の国民性もより深く知ることができます

正直ぼくはもうキューバはお腹いっぱいですが、タクシーだけの旅よりはトラックを多用して良かったと思っています。

キューバはタクシーのキャッチが物凄く多いですが、賢く使えば安く便利に使えます。

ただぼったくりも大勢いるのでその点だけ気をつけてください。

興味があればこちらもお読みください↓

関連記事

おいおいキューバ人頼むぜ~(゜.゜)筆者は2018年と2019年で合わせて17日ほどキューバに滞在し、様々なものを見たり聞いたり多くの人と触れ合う中で「自分の人生観が広がったな」と本当に思いました。そう思わせてくれた[…]

ウクライナ 国民性
関連記事

RYOです筆者今回の記事ではキューバに行く前に知っておきたい歴史を簡単にまとめました。なぜなら2019年の4~5月にかけてもう一度キューバに行こうと思ったからです。笑ぼくは2018年4~5月にかけ[…]

キューバ 歴史
関連記事

RYOです2018年4月後半にキューバに1週間行ってきたので、当時の覚え書きと共にその様子を皆さんにお伝えしようと思います。どこにあるの?まずキューバはここの赤い小さな国↓アメリカのフロリダ半[…]

キューバ 基本情報
関連記事

皆さんご存知でしょうかキューバがWi-Fi貧国であることを・・・筆者行って気付いたのですが、キューバにはフリーWiFiというものは存在しませんでした…社会主義国だからか知りませんが、とにかくキュー[…]

キューバでWi-Fi
関連記事

RYOです今回はキューバの首都ハバナから世界遺産の町「ビニャーレス渓谷」へのトラックでの行き方をガイドします。筆者実はタクシーを使っても安いんですけどねキューバ国内の長距離移動ではトラックが多用さ[…]

キューバ ハバナ ビニャーレス
キューバ 旅 ブログ
最新情報をチェックしよう!