ゴシック建築家が克服した『ロマネスク建築の課題』とは【2/6】

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はゴシック建築について説明します。

※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます

キューバ 歴史
筆者
5回にわたってヨーロッパ30ヵ国以上を完全無学で周ってきた僕が言うので間違いありません(笑)

※「この部分がわかりにくいです」とか「これはどうなんですか?」などの質問やコメント等ありましたら遠慮なく下部のコメント欄からお問い合わせください!

今回は、「ロマネスク建築の課題」を解説している記事です。

確かロマネスク建築の課題って「窓が小さい」とか「高く造れない」とかだよね?

はい、そうです!(予習済みか、エライ!)

ロマネスク建築の課題

この章の特に重要な点を挙げると以下の1点になります↓

この記事のPOINT

➀いかにして重量感のない建物にするか

もし時間があれば先に↓の記事を読んで下さい。

その方がよりこの記事を理解しやすいと思います↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はロマネスク建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。筆者5回にわたってヨー[…]

ロマネスク建築 特徴

➀いかにして重量感のない建物にするか

さて、↑の記事でも書きましたがロマネスク建築の課題は

・高く造れない

・開口部が大きくできない

でした。

ロマネスク建築家は石造天井を採り入れたばっかりに、その重い石造天井を支えるために壁を分厚くせざるを得なかったんでしたよね?
(↑復習です↓)

ましてや大きな窓を開けるなんてもってのほかでした。

要は、ロマネスク建築家は常に強度問題と格闘していたということです。


さて、その中でもロマネスク建築の一番の問題はヴォールト天井でした。

ヴォールト天井、覚えてますか?

トンネル型の天井のことでしたよね↓

ゴシック建築

こんな感じ↑です。

ヴォールト天井を採用したことによって起きた問題は推力をどう支えるでした。

ゴシック建築

↑この場合、上に載るアーチは黒い柱を横に倒そうとする力(推力)が働きますよね?

柱が細いと

ゴシック建築

こうなるか

ゴシック建築

こうなります。

横に広がろうとする力(推力)をどう支えるのか?

ローマ建築とロマネスク建築の場合、壁を厚くすることによってこの問題を解決しました↓

ゴシック建築

なので、どうしても分厚い壁で造られたイカツイ見た目になってしまいます↓

ゴシック建築

(↑ロマネスク建築=イカツイ)

当然この場合、強度的に壁に大きな窓を開けることはできませんし、高ければ高いほど不安定なので壁を高くすることもできません。

なのでロマネスク建築完成後、次のステップとして出てきた問題は

いかにして壁に大きな穴(窓)を開けるか

いかにして高い塔を作るか

いかにして重量感のない建物にするか

でした。

そこで、先輩であるロマネスク建築家の遺志を継いで、次世代のゴシック建築家が苦心して編み出したのが

・交差リブヴォールト

・尖頭アーチ

・フライング・バットレス(飛び梁)

でした。

・・・。

今はまだ

は?(・_・;)

状態だと思いますが、次から丁寧に解説していきますのでご安心ください(∩´∀`)∩

ロマネスク建築の課題は「イカツイ、低い、暗い」!

では次にゴシック建築の3つの革新についてお話したいと思います↓

関連記事

ヨーロッパを旅する前に知っておくべき西洋建築の知識として、今回はゴシック建築について説明します。※明言しますが、西洋建築の勉強をしてからヨーロッパに行けば無学で行くより100倍楽しめます。筆者5回にわたってヨーロ[…]

ゴシック建築 革新

また、西洋建築のトップに戻りたい方はこちらから↓

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく
ゴシック建築 ロマネスク建築 課題
最新情報をチェックしよう!