メキシコ カンクン ビーチ

メキシコのカンクンに行った時の話

はじめに

RYOです。2018年の5月2日から2日間だけメキシコのカンクンにいたのでその時のお話を少しだけ。

メキシコのCancun(カンクン)という町はメキシコの最も東にあり、キューバに最も近い超有名なビーチリゾートです。

正直ビーチはめっっっっちゃ綺麗でした、まじで!

メキシコって結構危ないイメージありました。

まあカンクンはビーチリゾートで、そもそもお金持ちが集まる町なのであまり貧乏人はいないやろーなって思ってましたが。

ホステルで出会った旅する美容師のお二人、あっくん(32?)とケイくん(30?)の計3人でカンクンを満喫しました!

ぼくが2日間で楽しかったことや皆さんにも体験してもらいたい事を綴ります

カンクン空港から市内への移動

さあ、カンクン空港に着いたあなたはどうやって市内まで行くの?と思いますね、僕もそうでした。

Google mapで確認すると、市内へは19kmあります!

(゜.゜)19kmの距離はさすがに歩けないので、空港職員に聞いたところ

・タクシー

・バス

・歩き

の3つの方法があると。まず3は無し。当たり前やけど(笑)

空港職員はタクシー推しでしたが、値段が2,000円くらいと聞いてぼくはやめました、という事で結局バス一択。(値段訊く前からバスなんは決まってたけど・・・)

バスは値段が35ペソ(210円くらい)なので、まあ安いですよね。
※メキシコペソ1MXN=5.5JPNとして計算

バスはADOバスと言います。このバスのチケットは前売り制なので空港を一度出て隣の建物に入りチケットコーナーを探してください

バスは割と自由な感じなので市内に入ったら宿の近くの好きな停留所で降りてもらって構わないです。

ぼくはホステルに泊ったのでバスの乗り換えはしませんでしたが、ビーチリゾートの近くのホテルに泊る人は市内からさらにもう一本バスに乗ってホテルエリアに向かいます。

カンクン市内から市外への移動

バスは区間内なら一定料金で12円くらいです。

このバスで有名なカンクンビーチや市内ならどこへでも行けます。基本は方向さえ間違えなければどのバスに乗ってもビーチに行くと思います。帰りも一緒で市内方向へ走るバスに乗れば割とどれに乗っても帰れます。

詳しいカンクンのバス事情はこちらをどうぞ

こちらの記事でも書かれている通り、バスは扉が閉まっていなくても発車するし停車します。しかも割とバスの停留所じゃなくても信号で止まっているバスに乗り込む人もいます。

物価

何といっても物価は安いです。カンクンは超有名なので一等観光地価格というのを差っ引いても安いです。

バス代から食費、有名観光地への日帰りツアーなど全てにおいて安いです。さすがにカンクンビーチのすぐ目の前にあるコンビニみたいな施設やファーストフード屋は日本のランチよりちょい安いくらいです。

下の写真はビーチの目の前にあるショッピング街です。

ぼくがお世話になったCHEDRAUIというスーバーです。ここは安くて品物も豊富で行く価値ありです。

OXXO↓メキシコのコンビニみたいな存在です。ぼくも困ったらここに行ってました。安いかは知りませんがとにかく便利でした

ビーチはめっちゃ綺麗やった

さすがにビーチリゾートというだけあって、めっちゃくちゃ綺麗でした。あんなに青い海と白い砂でフィーバーしたのは初めてでした!!(この翌年にカリブ海のバハマ国に行きましたが、バハマ国と遜色ありませんでした)

我が生まれ故郷の琵琶湖、カヌー部の後輩と行った福井県のビーチ・・・お話になりません(すみません汗)

この時はまだブログ用などという気が無かったので漠然と写真撮ってました、それでもこの美しさです。メキシコは結構蒸し暑いので海で遊ぶのがベストです。

ケイくん曰く「ここら辺のビーチはサメの警戒情報が出たり、普通の川にはアリゲーター?クロコダイル?に警戒する看板もあるから気を付けてね」とのことです。

タコス

メキシコと言えば?

この問いに誰しもが「タコス」と答えると思います。もしくは「マフィア」かな

タコス、めっちゃ美味しかったです。

ぼくは魚介類苦手なので昔からタコスの「タコ」の部分で漠然とぼくには食べれへんものと思ってました。でもタコスって魚介類使わないんですね、知らんかった。

タコスは、焼いたトルティーヤというトウモロコシから作られた生地の上にお肉と野菜の炒め物をのっけてライム(スダチ?)を絞り食べるメキシコの伝統料理です。

実は一番大事なのが「ライムを絞る」事なんです。これがあると無いでは味が全く違います。

メキシコから日本に帰った後、友だちと大阪のタコス屋を三軒ほど周りましたが、本場とは違いどれもそこそこの美味しさでした。へんに日本風にアレンジしてたのがあかんかったんかも

またある時はイタリア人の友達と自家製タコスパーティーをやった事もあります。本場とは違いましたがまあまあ美味しかったです。

治安

メキシコ カンクン ビーチ

メキシコを訪れる人にとって最も心配なのが「治安」だと思います。

ネット情報ではありますが、世界の殺人事件の8割が中南米で起こっているというデータもあり、最近ではアメリカのトランプ大統領がメキシコとの国境を封鎖したなんてニュースもあります。

またホンジュラスでエホバの証人の勧誘をしていた邦人女性が二人殺害されたのもごく最近のニュースでありました。

特に世界一危険な国として一位と二位を争っているのが「ホンジュラス」と「ベネズエラ」らしいですが、中南米はどこもふらーっと旅行するにはかなり危険です・・・

ではカンクンの夜はどうだったのか。

思っていた以上に安全でした!

夜でも警官がぶらぶらしてるし、一人で歩いていても変な声をかけられた事も0でした。

ケイくんとあっくんが筋トレマニアだったので、三人で上裸で真っ暗な公園で懸垂とかの筋トレやってても変な気配すら感じませんでした。

市内をぶらつく分にはあまり問題は無いと思いますが、それでも女性はくれぐれも気を付けてください。

安全とは言っても、やはり女性は夕方以降は不必要に出かけない事!お願いします。

闇の列車、光の旅

最後におまけとしてこの映画をご紹介します。

タイトルは「闇の列車、光の旅」です。これは言わば「中南米のギャングの実態」を映画化したもので、監督自身がホンジュラスやメキシコに訪れて感じた事らしいです。

ぼくはそんなことも知らずに、某ビデオレンタル店で何の気なしに借りました。

へーやっぱり世界中にはこーゆーことが日常的な国も沢山あるんやなー。怖すぎる、気を付けよう・・・」くらいの気持ちでしたが、まさかその三か月後にメキシコ行くとは思ってなかったからです。

さいごに

今回はメキシコのカンクンに訪れた時のお話をしました。

カンクンはビーチリゾートとして有名で、ビーチサイドには見上げるばかりの超高級ホテルが立ち並んでおり世界中のセレブが夏の余暇を使って訪れるまさにリゾートでした。

きっと楽しめると思います!

メキシコ カンクン ビーチ
最新情報をチェックしよう!