【おもしろい豆知識】ピアノは『イタリア語』って知ってました?

「ピアノ」はイタリア語だった!!

ピアノ イタリア語

ピアノ売ってちょうだい~

で有名なCMありますよね。

先日イタリア人彼女が、ピアノの話になった時に

白人女性
イタリア人彼女
ピアノは英語じゃないよ

という衝撃の発言をしました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

いや、ピアノは英語やろ!

なに言ってんの(笑)

そう思いました、正直。

なぜなら中学時代の英語の授業で「ピアノ」という単語が頻出したからです。

ピアノが英語じゃないってんなら、いったい何語なんでしょうか?

実は「ピアノ」はイタリア語だったんです!!

ピアノの他にも↓

・クレッシェンド

・フォルテ

・バス

・アルト

・ソプラノ

という単語も全てイタリア語なんです。

キューバ 歴史
筆者
こういう音楽系の単語にはイタリア語が多いらしいのです!!!

その理由として挙げられる理由が↓

音楽はキリスト教徒の多いヨーロッパで発展し、教会で使われており、キリスト教のトップである教皇はイタリアにいたので、音楽関係の用語はイタリア語が主流だったから

と言われています。

似たようなものにこちらがあります↓

関連記事

「パン」はフランス語だった「パン」って何語?あなたは今まで考えた事がありますか?英語で「パン」はご存知の通り"Bread"で、英語で「パン(pan)」と言えば普通は「フライパン」を指しますよね。筆[…]

パン フランス語
ピアノ イタリア語
最新情報をチェックしよう!