フィーカ スウェーデン

重要なスウェーデン文化『フィーカ』って知ってますか?

はじめに

RYOです

このカテゴリーではちょっと知っていると人に言いたくなるようなあるある知識知るたびに投稿していこうと思っています。

ほんまのあるある知識なのであまり長くはならないと思います。「知るたびに」なので急に連投することもあればぱったり更新されない事もありますが、まあごゆるりとお付き合いください(笑)

日本で言う「お茶の時間」をスウェーデン人は「フィーカ」と呼ぶ!!?

先日「世界ふしぎ発見!」を観ていると、日本でも活躍しているスウェーデン出身の歌手(?)"LiLiCo"がスウェーデンに戻って結婚式を開くというシーンがありました。

LiLiCoがスウェーデンの文化を話している中で

スウェーデンの重要な文化に「フィーカ」というものがあるのよ(^ω^)

的なことを言っており、調べてみました。

ぼくは聞いたこと無かったんですが、「フィーカ」って何か知ってますか?

これは正式な言い方ではないかもしれませんが、日本で言うお茶の時間をスウェーデンでは「フィーカ」と呼びます。

スウェーデン人は世界で最もコーヒーを消費する国ということもあり

フィーカ=コーヒーブレイク+甘いおやつ

とも言えます。フィーカに欠かせないのがコーヒーと甘いおやつです。

しかし、これはただの「お茶の時間」では無いのです。

職場なら外部からの問い合わせ電話も受け付けないくらい、病院なら待合室の患者を放っておくくらいの重要度でございます。

スウェーデン人の友人に訊いたばかりのほやほやのネタです、実は(笑)

フィーカの目的は「団欒」や「コミュニケーション」!!?

別にコーヒーブレイクを取る国はスウェーデンに限りません。しかしスウェーデンでは

フィーカは仲間・同僚とコミュニケーションを取る重要な時間

という位置づけになります。そして国民全員がフィーカという伝統文化を大事にし1日に何回もフィーカを取り、雑談したり今後の遊びや仕事の予定を話し合ったりするようです。

我々が想像する「一休み」とは全くもって異なるものなのです。重要度で言えばスペインの「シエスタ」より普及しているのでは、と思います(;・∀・)

スペインや南米の習慣「シエスタ」という言葉、知ってますか?

「フィーカってスウェーデンでは有名?」

というアホみたいな質問をスウェーデン人の友人にしたところ

Uhm it’s super popular Ofc.(超有名だよ、当然!)

という答えが返ってきたくらいスウェーデン人には欠かせない重要な時間のようです。

友人の話では赤ちゃんから老人まで分け隔てなくみんながフィーカを楽しむらしいです!

フィーカ スウェーデン
最新情報をチェックしよう!