【おもしろいヨーロッパ旅行記】オランダの首都アムステルダム【3/10】

RYOです(”◇”)ゞ

2014年のヨーロッパ旅の復習として、オランダの首都『アムステルダム』での滞在を要約し、思い出の出来事をつらつら綴りました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
初めての独り旅です!!!

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。

» 続きを読む(完全な自己満記事なので無視してもらっても構いません!!!笑)

2014年版は全10回でお届けしたいと思います。

ぼくが初めてヨーロッパを独り旅しようと思ったのは、空手の大会での怪我のおかげなんです。

大会でのケガと休学

2013年4月、ぼくは空手の世界大会に出場するために人生で初めて海外に出ました。

アメリカはコロラド州、州都デンバーでした。

意気揚々と世界大会に出場したものの、準決勝で左脚を負傷し、そのままデンバーで手術&1週間の入院になってしまったのです。

それにより、大学を1年休学することになりました。

全治半年という事で毎日のんびり暮らしていた中、世界ふしぎ発見に出てきた透き通った緑の瞳をもつチェコ人女性に心を奪われ、急速にヨーロッパと欧米人に興味を持ち始めたのです。

これが、ぼくの旅人生の始まりになります。

翌年、大学復帰3か月前にヨーロッパへ独り旅立つことを決めたのです。

» 折りたたむ

「〇〇時に△△行きの電車に乗り・・・」みたいなだらだら長話は避け、単純にその国で見たもの/驚いたことを中心にご紹介していきます。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

アンネの家

アンネの家は、ぼくがずっと行きたかった場所でした。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ここアムステルダムには、かの有名なアンネ・フランクが実際に住んでいた場所「Anne Frank House」があるのです

» 以下、アンネに関する説明↓(飛ばしてもらっても支障ありません)

アンネ・フランクは2年半の間この建物で他7人のユダヤ人と共にひっそりと隠れ住んでいました。

足音すらもたてれないという超ストレス環境でした。

アンネ・フランクとは

アンネ・フランク

アンネ・フランクは、第二次世界大戦中にヒットラー率いるナチス党のユダヤ人殲滅作戦(ホロコースト=大虐殺)の被害者の一人で世界で一番有名なユダヤ人犠牲者とも言われています

将来作家希望だったアンネは、隠れ家で過ごしている間に日記を書いていました。

それが有名なアンネの日記です。

1944年8月1日の日記を最後にナチスに捕らえられ、ドイツのベルゲン・ベルゼン収容所で病気で亡くなったと言われています。

アンネ・フランクが亡くなったベルゲン・ベルゼン収容所

この話はまたいずれします。

ドイツのハノーヴァー、ツェレという町

アンネフランクが実際に亡くなった「ベルゲン・ベルゼン収容所」にて「アンネの墓」。

数ある収容所でもダントツで衛生状態が悪かったらしいです。

» 折りたたむ

さて、アムステルダムの話に戻ります↓

アムステルダム滞在記

アムステルダムは↓

こんな北にあり、とにかく寒いです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
あまり相対的な地図を見ずに行程組みましたが、あんな寒いんならもっと防寒着持って行ったらよかったです(;・∀・)

ちなみに北海道の緯度は地図中南のイタリアのローマより下くらいです(笑)

みんなにオープンな家庭

ヨーロッパの家庭↑は、そこらの町の人にも普通にリビングの様子を見せてくれます。

さすがに夜はカーテンが閉まっていますが、それでも中で人が動いているのが見えるほどです。

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
おっしゃれー

これ、将来やりたいです(笑)

ヨーロッパの主食はやはりパン

ホステルを出て、今晩の食料確保に移ります。

スーパーに入ると、ありますあります。

やはり欧米はパン食文化のようです↓

いかにも体に悪そうなパン達

しかもゴテゴテのクリームのケーキたちもいっぱい💛

ディナーを探しに来たけど、こんな不健康なものを晩ご飯として食べるほど俺は落ちていない。

10分後・・・

結局、予算の都合でフランスパンと水と体に悪そうなホイップクリームパンを購入↓

だってめちゃくちゃ安いんです(笑)

オランダの公用語はオランダ語?

このスーパーのレジで店員のお姉さんと少し話そうと思い(ナンパではありません、英語の練習です)、レジの際に少し話しかけました↓

ブログ アムステルダム

ぼく「は、はろ〜。イッツコールドアウトサイドね?さむ、えーっと、フリージングね?」

店員さん「○×△◇■△○!!!」

しかし全く何言ってるかわからない。

事前にオランダについて少し勉強をしてきたおれは咄嗟に

「あ、ここはオランダやから公用語はオランダ語かドイツ語か・・・」

とわかりました。

しかし英語も世界の公用語のはずなので話せたらラッキーくらいで訊きました。

おれ「Can you speak English?」

するとお姉さんがこう答えました

店員さん「I’m speaking English.」

え?(゜.゜)

これ、死ぬほど恥ずかしかったです(;゚Д゚)

ヨーロッパ ブログ
筆者
この時の僕は、相手が英語話しているかどうかもわかっていなかったんですね

まあ二十歳そこそこのふっつーの若造なので仕方ないのかもしれません(笑)

LINEニュースの誤報

冬のヨーロッパ独り旅、ホステルの部屋もぼく一人・・・

そんな寂しい夜に、LINE五輪ニュース速報の誤報が届き、笑顔で寝ることができました。

これ笑った、思わずスクショしました↓

オランダにいながらも心をホッとさせてくれる出来事でした。

筆者
おれも恋愛してえぇぇぇぇぇ

ヨーロッパの落書きは既にアートっぽい

さて翌朝、宿をチェックアウトしてアムステルダムの中心街に向かって歩いていると、壁の落書きを発見しました↓

アラビアンナイトか知らんけど、絵の才能が全くない俺にとってこの落書き程度ですでにアート!!

ヨーロッパでは切符が無くても電車に乗れる

そうです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ヨーロッパでは改札が無い所も多いので、切符が無くても電車に乗れるんです

え、じゃあタダで乗れるじゃん💡

と思ったそこの君。

あまい!

ヨーロッパあるある

ヨーロッパでは確かに改札が無い街も多く、無賃乗車もし放題。

しかし、たまに車掌が車両を締め切り「切符確認しまーす」と宣言し、一人ずつ有効な切符を持っているか確認してきます。

その時に有効な切符を持っていなければ・・・

罰金です。

金額は都市によって違いますが、スペインでは最大で600ユーロとのことです(日本円で78,000円くらい)

しかし車掌が検札をしない時も多く、無賃乗車はほぼギャンブルなんです。

ヨーロッパ ブログ
筆者

ちなみに僕はドイツ語が分からず、買う切符を間違えて車掌の検札で一度引っかかってしまいました。

14歳以下の割引切符を持っていたんですね。

車掌に注意されながらも本当に悪気無かったので、見逃してもらえました。

関連して以下の記事も興味があったらどうぞ↓(別タブで開きます)

ヨーロッパ流の「詐欺」初体験

アムステルダム中央駅の前で、早速洗礼を食らいました

昼間のアムステルダム中央駅のド真ん前で、身長2m越えのガリガリのきったないおっさんが近寄って来て、手に1€のコインを5枚乗せて

キューバ 歴史
筆者
Exchange, exchange these coins to the bill

と言ってきたのです。

キューバ 歴史
筆者
あ、なるほど。1€コイン5枚を5€札1枚と交換して欲しいのか!全然OK

と財布から5€札を出した瞬間、サッと取り上げられて「サンキューサンキュー」と言われてポンポン肩叩かれて半にやけで去って行きました。

( ゚д゚)

数秒間ポカンとしてから

ヨーロッパ ブログ
Name

え?これが詐欺か?

スリでも恐喝でもなく。

すごい新手の詐欺?

めっちゃ自然やったなー

と半ば感心してしまいました(笑)

ヨーロッパの中華料理は美味しい?

初ヨーロッパ1週間も経たずに、もう既にパンに飽きかけてきました。

パンは口の中の水分を奪っていくので、すぐに口の中がパサパサになるし、ヨーロッパには日本みたいに豊富な種類のパンがあるわけでもないし。

困りました、非常に!

そんな時は、各町に必ず一店舗はある中華料理屋さんに行きましょう!

ヨーロッパにある中華料理はほんまに神!

なんであんなに美味しいんだ?

ヨーロッパの中華料理はめちゃくちゃ美味い!

この説はその後も何度か提唱されます。

ハンバーガーの自動販売機

日本にはラーメンやお雑煮などが自動で出てくる自動販売機があるらしいのですが、ヨーロッパの駅地下にはハンバーガー自販機が存在します↓

↑なんかBurgerKingかMcDonaldのハンバーガーが駅にこんな感じで置いてあるんです。

書いてある値段(1€~2€)入れたら扉が開いて、温かいハンバーガーが食べれます(*’ω’*)

ドイツの都市ドレスデンへ

ドレスデン

そしてアムステルダムを出てドイツ東部のドレスデンへ向かいます。

ドレスデンも経由地として一泊しただけなのであまり観光はしていませんが、まあ色々発見はありました。

関連記事

RYOです(''◇'')ゞ2014年のヨーロッパ旅の復習として、ドイツの古都『ドレスデン』での滞在を要約し、思い出の出来事をつらつら綴りました。筆者初めての独り旅です!!!ぼくが初めてヨーロッパを[…]

ドイツ ドレスデン 旅行記
オランダ アムステルダム 旅行記
最新情報をチェックしよう!